すべり台付き大雪像が圧巻「美唄雪んこまつり」開催!

第64回美唄雪んこまつり開催

北海道空知地方の中央部に位置する美唄市(びばいし)で、2017年2月4日(土)から 2月5日(日)の2日間にわたって、毎年恒例の「美唄雪んこまつり」が開催される。

美唄雪んこまつりは、昭和28年から始まった美唄市の伝統行事だ。陸上自衛隊美唄駐屯地の隊員が製作する「すべり台付き大雪像」は、子どもたちが実際に遊ぶことのできる、イベントのシンボルとなっている。

この他にも、美唄市内の子どもたちが作った「ころころキャンドル」の点灯や、アトラクション、ご当地ヒーローショーなど、子どもから大人まで楽しめるイベントが満載である。

美唄雪んこまつり

すべり台の開放は、4日(土)11時から15時と、5日(日)10時から15時。

美唄市について

北海道の中でも屈指の積雪量を誇る、豪雪地帯の美唄市。一面真っ白な雪におおわれた、美しい田園風景が見られる町である。温泉宿泊施設「ピパの湯 ゆ~りん館」にある、「洞窟露天風呂」から眺める白銀の世界は圧巻だ。

春から秋にかけて真雁や白鳥が多く飛来する、ラムサール条約登録湿地でもある「宮島沼」や、森山直太郎さんがテレビのロケで「さくら」を唄ったお花見の名所「東明公園」など、観光スポットも多い。

また、美唄市はアスパラやハスカップ、クルミ、米の産地としても有名である。

イベント詳細

美唄市へは電車で札幌駅から37分、旭川駅から51分。第64回美唄雪んこまつりの会場所在地は、美唄市西3条南1丁目。問い合わせは、美唄観光物産協会(0126-63-0103)まで。

(画像は美唄観光イベント情報サイトより)

外部リンク

美唄観光イベント情報サイト

http://bibai-kanko.com/index.html

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP