企画展「北海道のアンモナイト サントニアン~マーストリヒチアン編」開催中

三笠市立博物館にて5月14日(日)まで開催

三笠市立博物館にて、企画展「北海道のアンモナイト サントニアン~マーストリヒチアン編」が3月22日(水)から5月14日(日)まで開催中だ。

北海道のアンモナイト サントニアン

約300点のアンモナイトの化石を展示

今回開催されている企画展「北海道のアンモナイト サントニアン~マーストリヒチアン編」は、「三笠市立博物館ボランティアの会」会員の出品によるアンモナイトの化石が展示されている。

これまでに三笠市立博物館では、ボランティアの会との共催により北海道産のアンモナイトの化石を展示する企画展を4回開催しており、今回は5回目となる企画展で、「サントニアン期」「カンパニアン期」「マーストリヒチアン期」のアンモナイトの化石が展示されている。

展示数は約300点で、開催場所は「三笠市立博物館 多目的ホール」、料金は入館料のみで見ることができ、入館料は高校生以上450円、小中学生150円で、小学生未満は無料だ。

会場:北海道三笠市幾春別錦町1-212-1「三笠市立博物館」開館時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)休館日:毎週月曜日

(画像は三笠市立博物館ホームページより)

外部リンク

三笠市立博物館 イベント情報ページ

http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP