大活躍した、懐かしい「相生線」を紹介する展覧会

相生線でGO!

2017年3月25日(土)から7月2日(日)までの期間、美幌博物館(北海道網走郡美幌町字美禽253-4)は、美幌町郷土史研究会と協力、2階特別展示室で企画展「相生線でGO!」を開催する。

懐かしい「相生線」を紹介する展覧会

「相生線でGO!」では、美幌駅(美幌町)から北見相生駅(津別町)までの区間を以前、走っていた相生線の展覧会を実施するほか、制服や信号機、飛び出す写真などを展示(企画展のみの観覧は無料)。

記念撮影コーナー」では、国鉄マンの気分が味わいながら、記念撮影ができる。また、ダンボールを使用した電車ゴッコが楽しめる体験会も用意。

美幌博物館

美幌博物館の開館時間は午前9時30分から午後5時まで、休館日は毎週月曜日、祝祭日の翌日(祝日の翌日が土曜日、日曜日の場合は開館)、年末年始(12月30日から1月6日まで)。このほか、都合により臨時休館する場合があり、ホームページの「お知らせ」で確認できる。

相生線

昭和60年3月31日、60年にも及ぶ、その歴史に幕を閉じるまで、相生線は人と物資の流通において、美幌駅(美幌町)から北見相生駅(津別町)までの区間で大活躍。特に木材輸送においては大いに貢献しました。

(画像は美幌博物館のホームページより)

外部リンク

美幌博物館

http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP