×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

アイヌ文様のしおりを作る体験イベント

旭川市博物館の体験イベント

12月28日、旭川市博物館でアイヌ文様の美しい装飾を施してしおりを作る体験イベントが行われる。

旭川市博物館は「アイヌの歴史と文化に出会う」をキャッチコピーに、アイヌの歴史や文化を常設展示している。

工夫された展示がわかりやすいと評判になっており、アクセスも良いので、旭川を訪れるなら是非立ち寄って欲しい。

アイヌ文様

アイヌに代々受け継ぐ文様

アイヌ民族は、アイヌ文様と呼ばれる特徴あるデザインの文様を代々受け継いできた。

女性は母親の系譜から、男性は父親の系譜からそれぞれ文様を受け継いだ。年頃になれば好きになった異性へ、女性から男性へは手甲に、男性から女性へは小刀の鞘に、アイヌ文様の装飾を施して贈る風習があったそうだ。

家系や地域により違いはあるが、モレウ(渦巻の文様)、アイウシ(棘の文様)、シキ(目の文様)というのが基本の文様。魔よけの意味がこめられているとされ、組み合わせにより複雑な文様が描かれる。

旭川市博物館へのアクセス、イベント情報

旭川市博物館は、JR旭川駅より徒歩約10分、大雪クリスタルホール内にある。体験イベントの時間帯は13:30~15:00、誰でも参加でき事前申し込みは不要だ。

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP