はたらくクルマ大集合!トミカ博 in SAPPORO年始に開催

トミカは発売から45年以上たつ人気玩具!

北海道札幌市のアクセスサッポロでは、2017年1月6日~2017年1月15日までの期間(1月12日、13日は休館日)、「トミカ博 in SAPPORPO」を開催する。

トミカ博は「親子で楽しめる参加型ミュージアム」として全国で開催されており、札幌では毎年冬休みに開催されている。

過去に通算70万人以上の家族が来場しており、子供のみならず親子3世代で楽しめる屋内型ファミリーイベントである。

トミカ博

今年のテーマは「はたらくクルマだいしゅうごう!」

過去13回、毎回テーマを変えているが、14回目の今年のテーマは、「ダンプカーやショベルカーにクレーン車、バスやタンクローリー、そしてパトカーや消防車など子供たちの大好きなはたらくクルマだいしゅうごう!!」である。

「はたらくクルマ」にスポットをあて、約2400台のトミカを展示する。

今回は北海道初めての試みとして展示だけでなく、トミカやプラレールが走る、約12畳の大迫力の巨大ジオラマに、全長12mのコースを約120台のトミカが一斉にすべりおちる「ビッグダンプスライダー」を用意している。

親子3世代で同イベントを楽しんでもらう工夫も凝らしており、屋内のバリアフリー対応、ベビールームが完備されている。

展示物やジオラマで見るだけでなく、実際に遊びながら学んで体験するイベントを用意しており、大人も楽しめるクオリティになっているので、この冬休みに北海道を訪れる観光客にはぜひ参加してほしい。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

トミカ博 in SAPPORO ウェブサイト

http://www.stv.jp/event/tomica/index.html

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP