×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

赤穂浪士を讃える砂川市 北海道義士祭12月14日開催

初代住職の強い思いから始まった

北海道砂川市では、2016年12月14日(水)に、北海道義士祭(ほっかいどうぎしさい)を開催する。

北海道義士祭とは、北泉岳寺(きたせんがくじ)で1956年より毎年行われている入魂祭のことである。

同祭りの発起人は、北泉岳寺の初代住職であった。

初代住職は、忠義を貫き仲間の仇討ちを果たした仇討ちを果たした「赤穂浪士(あこうろうし)」たちのファンであったため、どうしても彼ら47人のお墓を北泉岳寺に建立させてほしいとお願いしていた。

しかしいろいろな事情で叶わず、二代目住職もお願いをしてようやくお墓の建立をすることができた。

12月14日に祭りを行うのは、この日が赤穂浪士の討ち入り日であったことからだ。

北海道義士祭

赤穂浪士の素晴らしさを後世にも語り継ぐために

当日は、有志が四十七義士に扮し、砂川市役所やJR砂川駅などの市内各所を訪問する。

会場である北泉岳寺では迫力ある「居合奉納」や「演舞奉納」が予定されている。

奉納の間には、先着で名物当たり矢そばや甘酒、お茶席のふるまいが行われる。

また、よしもと芸人「しろっぷ」によるネタも披露されるので、おそばを食べながらお笑いを楽しむこともできる。

祭りの最後には、僧侶が墓前にて練行(れんこう)を行い、赤穂浪士の魂を讃える。

この時に好評だった「厄払吉祥祈願」も行われるので、参加者は昨年使用した御札などを持参することをおすすめする。

外部リンク

北海道義士祭 公式サイト

http://www.47gishi.com/index.html

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP