旭川の街が冬のワンダーランドに「旭川冬まつり」

第58回旭川冬まつり

旭川市内の複数会場で、冬を楽しむ様々なイベントが同時に行われる「旭川冬まつり」。

第58回となる今年は、旭山動物園50周年のお祝いとともに、2017年2月7日(火)~2月12日(日)の6日間に渡って開催される。動物園もお祭りも、一緒に楽しみたい。

旭川市中心部も、手作りアイスキャンドルやオブジェ、イルミネーションで美しくライトアップされる。この時期、街全体が盛り上がる旭川をぜひ訪れてみよう。

旭川の街が冬のワンダーランドに「旭川冬まつり」

世界最大級の雪像と滑り台

石狩川旭橋河畔会場には、世界最大級の雪像と、約100mの滑り台「ぶんぶんスライダー」が作られる。夜になると、大雪像を彩る音と光のショーがあるのも楽しみだ。

雪あかりの動物園

旭川冬まつりとの同時開催で恒例となっているのが、旭山動物園の「雪あかりの動物園」だ。期間中は、閉園時間が午後8時半まで延長となり、園内はアイスキャンドルでライトアップされる。

雪の中での動物たちの姿を見てみたい。

氷彫刻世界大会

平和通買物公園会場では、日本唯一の氷彫刻の公式国際大会が開催される。2月7日~9日の2日間は製作過程を見ることができ、完成後は毎晩ライトアップされる。

課程も完成形も、どちらも楽しめるのが、この大会の醍醐味だ。

問い合わせは旭川市経済観光部 観光課(TEL0166-25-7168)まで。

外部リンク

旭川市 旭川冬まつり

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/awf/index.html

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP