旅行前に確認!フィリピンの電気・電圧事情、現地リポート!

フィリピンで使える変圧器C型の写真

海外旅行で不安に思うのが電化製品が使えるかどうか。まず初めに、フィリピンの電気事情は日本と異なります。フィリピンの電圧は220ボルトで、周波数は60ヘルツであり、日本の電圧は100ボルトで、東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツと基本的に電圧が違います。

またコンセントプラグの形状はA、B3、C型と3種類存在しており、Aタイプのプラグでない場合は、日本製の電化製品を使用する際は、変換プラグと変圧器が必要な場合があります。変圧器も220ボルトまで対応している製品でなければ使用することはできません。

電源の供給はよほど田舎へ行かなければどこでも可能ですが、電力インフラが日本ほど整備されていない為、大雨や強風など悪天候下では停電も発生する場合があります。

ここでは、フィリピン滞在中に役立つ電気事情をひとまとめにお届けします!

1.フィリピンの電圧は220ボルト60ヘルツ

フィリピンの電圧の規格は220ボルトの60ヘルツです。日本は100ボルトの西日本が60ヘルツで東日本が50ヘルツです。この様に、電圧の規格が全く違うので各製品ごとに電圧の許容範囲を確認する、もしくは変圧器を購入して対応するなど行う必要があります。

1-1 日本製品は変圧器を使おう

フィリピンの電圧は220ボルトです。従って日本の100ボルトで使用している電化製品には高負荷がかかってしまい壊れる可能性があります。電化製品によっては、220ボルトの電圧に対応していない商品があり、それらはフィリピンで使用することはできません。

ただし最近の日本製の電化製品の中には240ボルトまで対応している製品もありますが、こちらも通常の2倍以上の電圧がかかるなど高負荷な為、壊れる可能性があります。この対応策として、変圧器を購入して対応することができます。

1-2 コンセントの形状

電源プラグ

フィリピンで使用されているコンセントプラグの形状はA、B3、C型と3種類存在してます。日本ではAタイプのプラグのみ使用されているため、もしB3、C型のコンセントプラグしかない場所ですと、日本製の電化製品を使用する際は、変換プラグと変圧器が必要な場合があります。

事前に宿泊先で使用しているコンセントプラグの形状が確認できない場合は、変換プラグを購入して対応することをお勧めします。

1-3 都市・島別の電圧

フィリピンにはたくさんの島がありますが、全て共通の電圧220ボルトと周波数60ヘルツです。フィリピン国内でしたら行先によって電圧および周波数が違うと言うことはありません。

1-4 停電の心配はあるのか

日本人が訪れるたいていのエリアは、災害時を除きそれほど停電が発生することはありません。またリゾートホテルには自家発電機を備えているところが多いので、万が一の停電が発生しても早急に復旧することがあります。

ただし、一部地域で少しの時間だけ、という停電なら珍しくはありません。また台風や強風が発生すると日本より頻繁に停電するので、渡航期間中の気象状況を確認した方がよいです。大雨などが発生すると停電まではしませんが、インターネットの回線が遅くなるといった現象があります。

2.変圧器について

海外に渡航する際に気になるのが日本との電圧の違いです。フィリピンでは220ボルト、日本では100ボルトと基本的に電圧が違います。普段使用している電化製品が対応しているかしていないかによって、必要になってくるのが変圧器だったり変換プラグなどになります。

2-1 日本で買うか、現地で用意するか

変圧器を購入する場合は、日本で購入することをお勧めします。理由としましては、日本の方が断線に品質が高いからです。値段もフィリピンよりは高いですが、価格はそれほど変わらない為、あえてフィリピンで買う必要はありません。購入する場合は、電化製品店もしくは旅行グッズ販売店などで販売しています。

もしフィリピンで購入する場合は、現地にある大手ショッピングモールなどの中に入っている電化製品店にて購入することができます。しかし、フィリピン人は基本的に日本語は話せませんので、英語対応になります。英語に自信がなければ目的としてない商品を故意でないにしろ購入してしまう危険性もあります。

2-2 日本で買うメリット・デメリット

変圧器を日本で購入するメリットは、日本語でしっかり確認して購入できますので、間違えて不要なものを購入することはありません。電化製品店もしくは旅行グッズ販売店などで購入する際に、行先の国を伝えることでそこで使用できる変圧器および変換プラグを購入できます。

変圧器を日本で購入するデメリットは、持ち運びの際に荷物になることです。変圧器の種類にもよりますが、結構な重量があるため、運搬が多少面倒になります。飛行機機内に持ち込むことは可能ですが、基本的に機内で使用することはありませんので、受託手荷物と一緒に入れてもいいかもしれませんが、取扱いが荒く壊れる可能性がありますので、可能であれば手荷物として持ち込む方がよいです。

2-3 現地で用意するメリット・デメリット

変圧器を現地で購入するメリットは、若干ではありますが日本より購入価格が安いことです。為替の状況にもよりますが、日本よりは2割引き程度で電化製品を購入できます。

変圧器を現地で購入するデメリットは、販売している場所を把握できてないので変圧器を見つけるまでに時間がかかってしまいます。大概は大型ショッピングモールの中にテナントとして電化製品店がありますが、極端に広いモールなどでは見つけるまでに一苦労します。

購入する際も、フィリピン人とのやり取りは基本的に英語になりますので、しっかりと意思が伝わらない可能性もあり、不要な商品を購入してしまうことがありますので、ご注意ください。

3.電化製品別情報

フィリピンで電化製品を使用もしくは充電する場合は、日本と違って注意する点がいくつかあります。日本の場合は電圧100ボルト、西日本は60ヘルツ、東日本は50ヘルツですが、フィリピンの場合は、電圧220ボルト、60ヘルツ統一となり異なります。

従って、使用する電化製品の規格を事前に確認しておくことが重要です。具体的に以下の電化製品の場合の注意書きを書いておきます。

3-1 スマートフォン

iPhone

iPhoneの充電に関してですが、Apple社のiPhone商品企画を確認したところ、「Input:100-240V ~50/60Hz 0.15A, Output 5V 1A」という規格がiPhoneのスタンダードになっており240ボルトまで対応可能ですので、iPhoneはフィリピンで充電可能です。これはApple社の製品は、World Wide での販売・使用を前提として設計されているので、フィリピンでも使用可能な設計になっております。

ただし、純正USBアダプタでない電源供給品についてはこの限りではありませんので、各種電源の規格を予め確認する必要があります。

3-2 ドライヤー・ヘアアイロン

ドライヤー

海外で使用する場合に特に注意したいのが、このドライヤーやヘアアイロンです。理由としましては、これら電化製品は高熱を帯びるため電圧規格が異なるとすぐにオーバーヒートして使用できなくなる可能性があるだけでなく、火災の原因ともなえ言えます。

製品を梱包していた箱もしくは説明書に電圧規格が記載されていると思います。まれに旧式のものが110ボルトまでと220ボルトに対応していないものがありますので、海外にて使用される場合は、十分に製品の規格を確認する必要があります。

3-3 デジカメ充電器

p>他電化製品と同じく電源アダプタの規格を事前に確認することが必要です。デジカメ製品などは比較的新しい製品が多いため、電圧対応も240ボルトまで対応しているものが多くあります。こちらも製品を梱包していた箱もしくは説明書に電圧規格が記載されていると思います。

よほど旧式の製品でない限りは大丈夫ですが、充電を懸念される場合は、例えば旅行期間が3日など短期滞在の場合、日本で十分に充電しておき、充電器は持ってこないという方法を取ることで回避することができます。

3-4 パソコン

パソコンの種類も様々ありますので、電源アダプタの規格を事前に確認することが必要です。パソコンの場合は、電源供給アダプタの四角の部分に表記されていると思います。

大概のパソコンは240ボルトまで対応しておりますので、問題ありませんが、長期滞在を検討されている場合は、変圧器があった方がよいです。220ボルトの電圧は電源アダプタに高負荷をかける為、長期的な使用はお勧めできません。渡航前に自身のパソコンを一度確認することが重要です。

海外旅行・海外ツアーのハッピーホリデーのTOP