セブ島旅行の両替、どこで・いつする?現地リポート

フィリピン旅行に今だけ使える5,000円OFFクーポン

クーポンコード:Su7UZ8

※対象出発日:2017年5月22日(月)~2017年9月30日(土)出発まで

※フィリピンツアー商品(2名様以上のお申込みに限り)

※先着50名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

詳しい条件を確認する

対象予約期間:
2017年5月22日(月)~
※先着50名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

対象出発日:
2017年5月22日(月)~2017年9月30日(土)出発まで

対象ツアー:
フィリピンツアー商品

注意事項:
・1回のご予約で1グループ・大人2名様以上のお申込につき5,000円、1クーポンのみご利用いただけます。
・予約完了後のご利用はできません。予めご了承ください。
・クーポンをお取消料金などに充当することはできません。
・パッケージツアー購入後に変更し、上記対象のツアー以外となった場合はクーポンは無効となります。

対象ツアー一覧へGo!!

両替所

海外旅行で知っておかなければ損をする内容に、両替の知識があります。

今回はフィリピンで使用されているフィリピンペソと日本円の関係について説明します

最近では急激な円安の影響など外貨との為替が大きく変化するので予め確認してことが重要です。

ちなみに、セブ島のあるフィリピンはフィリピンペソという通貨を使用しています。

そこで今回はセブ島ではどのように両替をすると安心なのか、またお得なのかをお伝えしていきたいと思います。

1.原則としてフィリピンペソがあればOK

atm

セブ島のあるフィリピンでは一般的にフィリピンペソが使用されています。
従って特別な条件でない限りは基本的にフィリピンペソで全て支払いを行います。逆にフィリピンペソ以外では支払いができないと思って頂いてよいと思います。

特別な条件の場合、米ドルで支払い可能などありますが、通常はフィリピンペソのみで、日本円で支払いが可能な場所はまずありません。

現在2015年6月末時点、大幅円安の影響で1万円は約3600ペソ程度でやり取りされています。
ただ、為替レートは近年で大きく変動しています。
2か月前と全く違う為替レートになることもありますので、出発直前にインターネットやニュースなどで事前に為替レートを確認しておくと旅行の予算も比較的に決定しやすいかと思います。

2.どこで両替するか

2-1レートがいいのは現地の両替所

日本円からフィリピンペソへ両替する場所は日本側の銀行や金券ショップや空港、フィリピン側の空港や両替所などで両替ができます。

では、数ある換金方法から一番レートがお得な方法はどれでしょうか?

今回の様に日本円からフィリピンペソへ両替する場合は、フィリピンの現地で両替する方がレートがよくなります。
理由は、通貨の流通において、世界的に日本円の流通の方がフィリピンペソより順位が高く、貨幣としての価値が強いからです。

今回の場合は、フィリピンペソの方が弱い貨幣となりますので、弱い紙幣を取扱うのは換金を行う銀行としては損となりえるので、その分手数料を大きく得るように考える結果、レートを悪くしているのです。ただし、注意して頂きたいのは一概に現地で両替するほうがお得とは限りません。

cebucurrency

2-2 ホテルや空港で両替すると損?

現地で両替する場合は、どこで両替する方がよいのでしょうか?

両替を行う場合は、ホテルや空港ではレートが悪いことがあります。例えばホテルや空港の両替は、レートの良い両替所に比べ200ペソから400ペソ程度の差があります。
このような状態になる理由は、ホテルや空港などレートが悪くても両替をする人が多い場所なので、換金する側も手数料を大目に設定することがある為、必然的に悪いレートになりがちです。

では、どこで換金するのが比較的お得になるのでしょうか?
セブ島のケースでは、大きめのショッピングモールなどに入っている両替所が比較的レートが良いです。

セブ島にはアヤラショッピングモールとエスエムショッピングモールと言う大きなショッピングモールがあります。これらショッピングモール内にある両替所は比較的レートが良いです。ただし、これも一律でレートがよいとは言えないので両替前にレートの確認をしてください。

2-3 両替に関する注意

両替のレートの良い悪いの判断をする方法を説明します。
インターネットのヤフー為替やスマートフォンの為替アプリケーションなどでその日の為替レートを確認することができます。そうすると両替所のレートが良いのか悪いのか判断することができます。

また両替する際に、注意しなければならないのが、為替レートの見方です。

セブ島ではほとんどありませんが、BuyとSaleの2つのレートが表示されている両替所では見間違えに注意する必要があります。
例えで説明するとBuyとは日本円からフィリピンペソへ換金する際に適用されるレートになり、Saleとはフィリピンペソから日本円へ換金する際に適用するレートになります。

また両替する際は大きい紙幣の方がレートが良いことがあります。例をあげると10,000円札を両替するのと1,000円札を両替するのでは、レートが変わってくることがあり、必ず10,000円札の方がレートがお得です。従って両替するのであれば10,000円札で両替するようにしましょう。

ちなみに日本円だけではなく、米ドルやユーロでも同じく大きい単位の紙幣の方がレートが良いです。

両替所

3.旅行客が利用しやすい両替所ガイド

3-1 セブシティ

セブシティ内にはたくさんの両替所があり、大型ショッピングモールに入っているものからチェーン店として個人が営業している両替所があります。
セブシティで旅行者の方が比較的利用しやすい場所にある両替所はアヤラショッピングモールとエスエムショッピングモールがあります。

両方のショッピングモールともセブ島で最大級の大きさがあり、タクシードライバーに伝えれば簡単に到着できます。

どうしてもメーターの使用を拒否するタクシーからは今すぐに降りると言って下車することも一つの手段です。

また為替レートも比較的良い両替所が多いのも利点の一つと言えます。その他にも中級クラスのショッピングモール内には大体両替所が設けられていますが、場所によってレート幅が大きく違うので確認が必要です。

3-2 マクタン島

セブシティに比べると両替所は少ないですが、マクタン島にはたくさんのリゾートホテルがあり、中にはリゾートホテル内でも換金をすることもできます。ただし、リゾートホテルなどでの換金はレートが悪くなってしまうので注意しましょう。

空港内でも同じく換金できますが、こちらもレートが悪いので最小限の換金を行った方がよいです。マクタン島の中で比較的レートがよいとされるのはガイサノグランドモールと言う一番大きなショッピングモールがあり、その通り沿いにいくつか両替所があり、それらがマクタン島の中では比較的レートの良い両替所になります。

4.まとめ

換金する方法は日本とフィリピンの両方で可能ですが、フィリピンのセブ島へ旅行される場合は、日本で換金するより現地のフィリピンで換金するほうが為替レートが良いことが多いです。

また現地で両替する際も、空港やホテルで換金するより、大型のショッピングモールなどで換金するほうがレートが良いことが多いです。

しかし、大量の現金を持ち歩くのは危険を伴うので、換金する際も多くの金額を持ち歩くことは避けた方がよいです。
大量の金銭を持ち歩く際は、極力ホテルの送迎サービスなどを利用して速やかに移動しましょう。

空港から宿泊施設までの送迎サービスがないなど空港到着後すぐに支払いが必要な場合は、セブ島の空港内で換金してタクシーを利用するなどなるべく大金を持って外を歩かない方が危険を回避することができます。

セブ島旅行はこちら

フィリピン旅行に今だけ使える5,000円OFFクーポン

クーポンコード:Su7UZ8

※対象出発日:2017年5月22日(月)~2017年9月30日(土)出発まで

※フィリピンツアー商品(2名様以上のお申込みに限り)

※先着50名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

詳しい条件を確認する

対象予約期間:
2017年5月22日(月)~
※先着50名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

対象出発日:
2017年5月22日(月)~2017年9月30日(土)出発まで

対象ツアー:
フィリピンツアー商品

注意事項:
・1回のご予約で1グループ・大人2名様以上のお申込につき5,000円、1クーポンのみご利用いただけます。
・予約完了後のご利用はできません。予めご了承ください。
・クーポンをお取消料金などに充当することはできません。
・パッケージツアー購入後に変更し、上記対象のツアー以外となった場合はクーポンは無効となります。

対象ツアー一覧へGo!!

海外旅行・海外ツアーのハッピーホリデーのTOP