ディープな沖縄を食べつくす!牧志公設市場

第一牧志公設市場

沖縄のガイドブックを見ると、必ずと言っていいほど紹介されている「那覇市第一牧志公設市場」。那覇の台所とも呼ばれるこの市場は、観光客のみならず地元沖縄の人もよく利用する。

ガイドブックに載っているからと言ってただの観光地だろうと甘く見てはいけない。那覇を代表する市場というだけあって、食材の種類も豊富で鮮度も抜群だ。

牧志公設市場

アジアの雰囲気漂うアーケード街

国際通りから1本横道に入ると、土産物屋が立ち並ぶアーケード街が続く。アジアの商店街といった雰囲気だ。その中ほどに、牧志公設市場がある。

国際通りからの道はどこも似たような道が多く、初めて行く人には分かりにくい場所かもしれないが、迷いながら行くのも旅の楽しみの1つである。

牧志公設市場の歴史

牧志公設市場は戦後の闇市として始まったという歴史がある。最初は小さな店の集まりだった市場だが、衛生面などの問題もあり、那覇市が昭和25年に今の前身となる木造の市場を建てた。そしてその後、昭和47年に建て変えられたのが現在の公設市場である。

まもなく建てられて半世紀という市場は、やはり歴史を感じさせる佇まいだ。しかしそれも気にならないほどの活気がこの市場にはある。市場の中も外も所狭しと店が立ち並び、店の人々も皆忙しそうに立ち働いている。各店舗では試食などもさせてくれるため、色々なものを食べ歩きできるというのも楽しい。

市場には現在、129もの店舗があるそうだ。精肉や鮮魚、野菜に漬物、乾物、沖縄を代表するスイーツであるサーターアンダギー専門店など様々な店が軒を連ねる。

1階は小売店が入り、2階は食堂が入っている。この市場の面白いところは、1階で買った鮮魚を2階の食堂で調理してくれるというところだ。

色鮮やかな鮮魚

1階にはたくさんの鮮魚店があるが、まず驚くのは、置いてある魚の色だ。鮮やかな青や赤の魚が店先に並んでいる。これは本州ではお目にかかれない光景である。

本当に食べることができるのかと疑いたくなるほどの鮮やかなブルーの魚は「イラブチャー」という魚で、沖縄の白身魚だ。もちろん刺身でも食べられるが、おすすめは「マース煮」と呼ばれる煮つけだ。マースとは沖縄で「塩」という意味。塩と泡盛を使って調理するシンプルな味付けである。

1階の鮮魚店で買った魚は3品まで500円の手数料で料理をしてもらえるため、気になる魚を買って調理をお願いしてみてはいかがだろうか。

豚は沖縄のメイン食材

鮮魚の他にも面白い店はある。インパクトがあるのは、精肉店に置かれた豚の頭だ。サングラスをかけた豚の頭と手をバックに写真を撮り、自身のブログにアップしているブロガーたちも多い。

沖縄では、「豚は泣き声以外全部食べる」と言われるほどよく食べられている食材で、ミミガーやテビチなど本州ではあまり食べられないものも置いてあるので是非この機会に試してみて欲しい。

国際通りに行ったならば、少し足を伸ばして牧志公設市場まで行き、ディープな沖縄を感じてみてはいかがだろうか。

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP