梅雨時期の沖縄を満喫するために、知っておきたいことは?

沖縄旅行を計画する場合、ゴールデンウィークや夏休み期間中は混雑しがちですが、ゴールデンウィーク以降や6月にかけては、比較的予約しやすく、また、格安で旅行しやすい期間です。しかし、沖縄では、この期間は梅雨にあたります。

せっかく沖縄を観光するなら、梅雨であっても存分に楽しみたいですよね。沖縄の梅雨の期間や梅雨時の服装、また、雨でも楽しめる観光スポットなど、沖縄の梅雨について理解し、沖縄の旅を楽しみましょう。

梅雨時期の沖縄を満喫するために、知っておきたいことは

画像引用元:写真AC

沖縄の梅雨の特徴について 時期や雨の降り方は?

梅雨の時期は、本州などでは6月から7月にかけてとなりますが、沖縄では、いつ頃梅雨入りし、いつまで梅雨の季節が続くのでしょうか。

気象庁の調べによると、沖縄の平年の梅雨入りは5月9日頃、梅雨明けは6月23日頃となっています。本州などと比べると、沖縄の梅雨入りは、1か月程度早いことになります。

沖縄の梅雨入りは、おもにゴールデンウィーク明けとなりますが、年によってはゴールデンウィーク中に梅雨入りすることもあります。

また、梅雨といえばしとしとと雨が降り続くイメージがありますが、沖縄の梅雨は、強い雨が降ることが多い反面、時折晴れ間がのぞくこともあります。また、梅雨明け前の6月中旬から下旬にかけては、特に強い雨が降ることが多いです。

沖縄の梅雨の時期に最適な服装は?

梅雨の時期に沖縄を旅行する場合、どんな服装が最適なのでしょうか。

梅雨の時期の沖縄は、気温が高めで蒸し暑いので、半袖など夏向けの服装が良いでしょう。気象庁の調べによると、5月の最高気温は27度前後、6月の最高気温は30度前後に達します。また、5月の最低気温は22度前後ですが、6月の最低気温は25度前後となり、熱帯夜になる日もあります。

沖縄の梅雨は、雨が降ったかと思えば、晴れ間がのぞき、強い日差しが降り注ぐこともあります。南に位置する沖縄は紫外線も強いので、雨の時も晴れている時も使える「晴れ雨兼用折りたたみ傘」があると良いでしょう。

そのほか、紫外線が気になる方は、長袖のカーディガンやストールなど、羽織るものを一枚用意しておきましょう。

雨でも楽しめる沖縄の観光スポットは?

雨の日でも楽しめる沖縄の観光スポットなら「平和通り」です。那覇の市街地を運行するモノレール「ゆいレール」の牧志駅から歩いて5分ほどのところにあります。

平和通りはアーケード付きの商店街で、雨を気にすることなく買い物を楽しむことができます。商店街に並ぶお店はまさに多種多様で、昔懐かしい雰囲気が残されています。

また、商店街には、沖縄のお菓子や泡盛、果物など、さまざまなものが販売されています。平和通りのお店で、沖縄のお土産選びをするのも楽しいですね。

そのほか、雨でも楽しめる観光スポットは、那覇空港から車で約2時間の「沖縄美ら海水族館」です。

世界最大級の水槽には、ジンベイザメや大型のエイの一種、ナンヨウマンタなど、大型の魚たちが悠々と泳いでいます。さらに、サンゴも多数飼育されており、水槽一面にサンゴが広がっている様子は、まさに圧巻です。

沖縄美ら海水族館では、外の天候を気にすることなく、沖縄の海の生物たちを存分に眺めることができます。

平和通り住所:沖縄県那覇市牧志3丁目アクセス:那覇空港より車で約20分、ゆいレール 牧志駅より徒歩約5分

沖縄美ら海水族館住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424アクセス:那覇空港より車で約2時間

梅雨明け後に吹く「夏至南風(カーチーベー)」

6月下旬になると、沖縄では梅雨が明けますが、沖縄の梅雨明け後に気をつけたいことは、南寄りの強い風を意味する「夏至南風(カーチーベー)」です。地域によっては「カーチーバイ」と呼ぶこともあります。

梅雨は明けているので天気は良いのですが、南からの強い風が吹くため、海は荒れやすくなるので、海水浴の際には注意が必要です。夏至南風が吹く時期は、梅雨明け後の1~2週間ほどが目安で、6月下旬から7月上旬にかけて強い風が吹きます。

また、夏至南風は、夏本番を告げる季節風と言われており、夏至南風が収まると、沖縄ではいよいよ夏本番を迎えます。

本州などより梅雨入り、梅雨明けが早い沖縄ですが、ざっと強い雨が降りやすいこと、また、湿気が多いことが特徴的です。時折、晴れ間ものぞきますが、南国ならではの強い紫外線も降り注ぐので、暑さ対策だけではなく、紫外線対策も万全にしておきましょう。

梅雨の時期であっても、存分に沖縄を満喫したいですね。

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP