×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記-2日目->

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

協力:沖縄県・沖縄観光コンベンションビューロー

1日目からの続き...

初日の行程は結構ハードスケジュールでしたが、2日目も盛りだくさんのスケジュールです!

宿泊はJALプライベートリゾートオクマでした。頑張って朝から展望大浴場に行って朝食を食べてお散歩して...と考えておりましたが結構ギリギリに起きてしまった為、大浴場は残念ながら利用することが出来ませんでした。

朝食はしっかりといただき、残りわずかのオクマを満喫し、荷物をまとめていざ、出発!!

沖縄旅行体験記-1日目-はこちらでチェック

2日目-1行程目 大石林山

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

1つめの観光地は'大石林山'でした。大石林山は、沖縄最北端の辺戸岬からほど近く、昨日宿泊したJALプライベートリゾートオクマからでも30分ほど車で北上になります。

ずーと海沿いの一本道をひたすら北上。運転が苦手な方でも全然大丈夫だと思います!(とは言っても、道も広くないので気を付けてください!)

大石林山は個人的にとても沖縄の中でも好きな観光地です。とても遠いのは正直デメリットだとは思いますが、それでもまた行きたい!!!と思う不思議な力があるような気がします。(沖縄随一のパワースポットでも有名です。)

以前お伺いしたときは夕方で、野生のヤンバルクイナ(国の天然記念物の鳥です)が見えたほど大自然です!

2016年9月15日、大石林山を含めたやんばる地区が国立公園に指定されました。世界遺産登録に向けて、さらに今後お客様も増えていくかと思いますので今が行き時のパワースポットです!

大石林山には様々な伝説があります。
御嶽(沖縄の礼拝所みたいな場所)が多数あり、今でも定期的に手を合わせに来られるうちな~んちゅも多いとか。さらに不思議な力があるみたいで、例えば、お参りしたら子供ができた!とか、ガンが治った!!など、様々な不思議体験をされる方も多く日本全国からお礼参りされることもあるとか。ザクッとしか説明ができていないので、実際に現地に行ったお客様の声を参照してください。(http://www.sekirinzan.com/voice/)

今回もガイドさんと一緒に散策させていただきました!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●駐車場からは専用車で移動!
駐車場がきれいになっていてびっくりしました。
このプレハブ小屋が事務所になります。ここで入山料を支払ったりするんです。ちなみに大石林山はほぼネットがつながらないです。(現場の人も仕事ではADSLを利用しているみたいです...インフラ整備も大変ですからね...)

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●いよいよ入山!
券売所から精気小屋までは専用バスで約5分!砂利道をどんどん山に向けて進んでいくので少し車酔いをする人はしっかりと捕まって前を進行方向を向いて乗車することをお勧めします!でも運が良ければ野生のヤンバルクイナが見えるかも!!(私はこの時発見しました!)

  • 大石林山
    聖地アシムイ
    入山して、精気小屋からスタートして最初にそびえたつ大きな山。これこそパワースポットのアシムイです。観音様が横向きにいらっしゃるようなフォルムもそうですが、琉球王国時代には王家の繁栄、五穀豊穣、航海安全をこの地で祈り今も四十箇所以上も御願所(拝所)があるみたいです。元旦にはここから初日の出を拝むことが可能で毎年信仰されている方々はご来光を見にわざわざ来られるみたいです。聞くだけで縁起がよさそうですよね♪
あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●ユーミンの丘
様々なコースがある中で私たちが選んだのはハードだけど絶景の見えるコースでした。しばらく歩いて山の頂上近くになると一気に開けた場所があります。ここであのユーミンこと、松任谷由実さんがCDのジャケットを撮影した絶景スポットがあります。

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●御願所(拝所)
入山中は様々な場所に拝所があります。地元の人達が真剣にお参りしているときには絶対に邪魔になるような行為は控えなければなりません。私たちもそっと近くで手を合わせさせていただきました!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●巨大ガジュマル
最初は車で精気小屋まで移動しましたが、この間も様々な植物を見学することが可能なので帰りは歩いて帰りました。その途中にとっても巨大なガジュマルが!思わずみんなで集合写真を撮ってもらいました♪

大石林山アクセス

大石林山
〒905-1422 沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241 0980-41-8117




【営業時間】年中無休
 4月~9月 9:00〜17:00(18:00閉園)
 10月~3月 9:00〜16:00(17:30閉園)

【入園料】
 大人...820円 小人...520円

沖縄旅行はこちら

2日目-2行程目 古宇利オーシャンタワーへ

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

古宇利オーシャンでランチと体験をするために移動!すでに若干予定より遅れていますがなんくるないさ!です(なんくるないさ~とは、沖縄方言で『どうにかなるさぁ~』です笑)♪大石林山~古宇利島まで、約1時間ほどの移動時間を見ていましたが、思いのほか遠く、1時間半弱かかりました。

古宇利島は、近年'恋の島'という触れ込みでとてもフィーチャーされており、特に女性には恋愛のパワースポットという事で大人気です。その恋の島こと、古宇利島に新たな観光名所として2013年にオープンしたのが【古宇利オーシャンタワー】です。

古宇利オーシャンタワーは古宇利大橋を渡り切って少し上を見上げると出てくるシンボル的存在で貝殻の形をした白亜の建物です。

古宇利オーシャンタワー

古宇利オーシャンタワー

●到着後、カートで移動!
駐車場に車を停めて、入場券を購入したら、入り口かではカートで移動!古宇利島の伝説や恋の島の由来など、ガイダンスが流れています。ゆっくり外の景色を見ながら上昇していきます。
せっかちな私にとって、カートの速度はちょっとゆっくりな気もしましたが、そこは沖縄タイム♪その時間も楽しみましょう♪

古宇利オーシャンタワー

●館内に入ると貝の展示館が!
古宇利オーシャンタワーは貝の形をしているだけあり、入場したらすぐに1万点以上あるという貝の展示館があります。
とっても大きな貝殻からミクロサイズの貝殻まで!カワイイものからグロテスクな貝、さらに超高額の貝もあるそうです。

古宇利オーシャンタワー

●貝殻のライトアップ
貝殻の展示は様々な工夫がされています。同じ種類を背の順で並べて見たり、ライトアップしてみたり。見ていて飽きない作りに感動です!同行者と好きな貝殻を見つけて、後で言い合いっこするのも楽しいですよ★

  • 古宇利オーシャンタワー
    さぁさぁ、お腹がすきました!!

    貝殻見学も終わり、ここでブレイク。ランチの時間です。

    古宇利オーシャンタワー自慢の絶景レストラン。ここからは古宇利大橋を見下ろせるという事もあり全面ガラス張りです。晴れた日はとってもキレイに本部半島を一望することが可能なのです!
  • 古宇利オーシャンタワー
    なんということでしょう...♥♥♥
    メニューは沖縄県産食材をメインに使ったピッツァやタイ風グリーンカレーなど多国籍料理をいただく事が可能です!中でも島豚のローストはとても美味でした。

    そしてそして、何といってもこのタワーロールケーキ!!

    クリームがモリモリなカンジのタワー感を予想していたのですが、全く違いました(笑)いい意味で予想を裏切られたカンジです。なんと 、古宇利島名産のカボチャのロールケーキに沖縄に関するイラストをお皿に書いてくれてるのです!!!

    しかも、同じ柄ではなく、それぞれ違う絵柄にしてくれていて...食べるのがもったいないです(キレイに頂きましたが笑)

    話を聞くと、人によって描ける柄も変わるらしく、一期一会のスイーツとのことでした。古宇利オーシャンタワーに行った際は是非とも食べて欲しいです。(SNS投稿必至です!!)
あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●さぁ、ここで体験を1つ!!
お腹も満たされたのでここで体験を1つ!【アロマ石けん作り】です。なぜアロマ石けん???と思ったのですが、まぁ、そこはご愛敬!自分の好きなアロマを石けんの元に混ぜて、カワイイ海の生物の形の方に液体を流し入れて固めていきます。
私はカモミールやラベンダーなど好きなアロマを欲張って入れ過ぎて訳が分からない匂いのものを作り上げてしまいました...皆さま、欲に負けず、定量を入れてくださいね!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

で・き・あ・が・り!!
お土産を見たり展望デッキに登ったりしているうちにキレイに包装してくれます!それぞれメンバーによってシンプルに仕上げたり色をたくさん使ったり...個性の出る愛くるしいアロマ石けんが完成しました!無添加なのでさっそく家に帰って使いました♪匂いは多少気になりますが、それは自分の欲望のせいなので...ご愛敬です笑

古宇利オーシャンタワーアクセス

古宇利オーシャンタワー
〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538 0980-56-1616




【営業時間】年中無休
 9:00~18:00

【入園料】
 大人...800円 中人(中・高校生)...600円 小人...300円 小学生未満...無料

沖縄旅行はこちら

2日目-3行程目 OKINAWAフルーツランドで童心クイズ&スムージーつくり体験!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

古宇利島をスタートして、OKINAWAフルーツランドまでは車で約30分程です。名護市街を抜けて、本部の方に行く山の中にある有名な観光地です。OKINAWAフルーツランドの周りには名護パイナップルパークや森のガラス館など、しろくまツアー10大ポイントに入っている施設がこのあたりに集中しています!

OKINAWAフルーツランドは数年前に大幅リニューアルをしています。正直、昔行ってもう別にいいやぁ~...とスルーしていた方々!本当に別物と思ってもらってもいいくらいに内容が変わっているので是非行って貰いたいです。

OKINAWAフルーツランドは「施設体験型・オリジナル絵本」という形でクイズをしながらスタンプラリーをやりながら館内を進んでいきます。見て・触って・学習しながら沖縄の果物や生物を知って行ってもらうのです!

さぁ、いざトロピカル王国物語へ出発~~!!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●トロピカルアドベンチャー、いざ出発!
設置は、トロピカル王国の王様がさらわれてしまう所からスタートとなります。
王様の愛がなければトロピカル王国のフルーツたちが枯れてしまう!という事から、王様を探す旅がスタートです!ここからフルーツに関するクイズなどを解きながら王様を探す手がかりを集めていきます。うまく探せるかドキドキです!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

きゃ~~~~~(>_<)!!
クイズを解きながら先に進んでいくと、植物園のような所に到着しました。ここには様々な蝶々や鳥さんたちがいます。鳥の餌という液体を購入し、手にした瞬間...
「きゃ~~~~~!!!!!!!!!」
鳥さんに囲まれてしまいました!!すごい勢いで来るので、苦手な方は注意しましょう(笑)

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●ここは面白かった!!
順調に進んでいると、【巨人が残した予言の石碑】というものがあります。ここは、とても面白かったです!
(ネタばれしたら面白くないので内容は全部は言いません!!)
1ケタの数字を強く思い浮かべて体験していきます。最後には恐らく絶対に「すごーーーーーい!!!」という答えが待っています!これは子供よりももしかしたら大人の方が喜ぶかも?!少し計算とかするので頭も使えます!本当に純粋に面白いと思いましたので是非皆さんも体験してほしいです!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●王様を探す手がかりを全て手に入れました!
こ1時間程クイズを解きながら進んで、19個のフルーツの謎を解き、魔法を覚え、魔法陣を完成させました!(スタンプラリーが完了です。)

魔法陣が完成したら写真のように魔法陣が光り輝きます。多少の時間をかけて進んできたのでとても達成感が出て最後の最後まで面白かったです。

是非OKINAWAフルーツランドにお越しの際にはこのアトラクションを体験してほしいので時間に余裕を持って施設にお越しください!童心に戻って楽しんで頂けると思います。

  • あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>
    体験したら喉もカラカラ!!さぁ、フルーツでスムージーを作りましょう!!

    お土産屋さんの一角で生の南国フルーツでスムージーつくり体験!を行いました。

    凍ったマンゴーやバナナ・パイナップル・イチゴなどなど...好きなフルーツをカップに入れてジューサーで撹拌(かくはん)します。

    本当に普段からこの場所で体験するのかは少し謎でしたが、、フルーツがタッパーで出てきた事、場所が暗めな場所だったのが少し残念でした。

    せっかく先ほどまでジャングルのような植物園を歩いてきたので、もう少し自然の中で体験出来たらなおGOODかなと思いました。でも味はモチロン最高でした!!

OKINAWAフルーツランドアクセス

OKINAWAフルーツランド
〒905-0005 沖縄県名護市為又1220-71 0980-52-1568




【営業時間】年中無休 9:00~18:00

【入園料】 大人(高校生以上)...1,000円 小人(4歳以上)...500円

沖縄旅行はこちら

2日目-4行程目 話題の新スポット!ウミカジテラスを歩こう!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

さぁ、本日最後の体験をしに那覇方面に戻ります。
名護からは車で約1時間半。許田ICから西原ICまでは沖縄自動車道を走っての移動です。

夕方の時間帯は本当に名護市内も那覇市内も込み合います。もし今日の便で帰省するという人達は本当に時間に余裕を持って移動することをオススメします。

この日も案の定市街地の渋滞がひどく、当初の予定から大幅に遅くなってしまいました。(瀬長島の入口・出口辺りもかなり混雑するのでここも注意してください!)

瀬長島ウミカジテラスは那覇空港から1番近い、車で行ける島です。

瀬長島は無人島ですが、琉球温泉瀬長島ホテルをはじめ、ここ数年で一機に知名度を上げているエリアなんです!(ちなみに、琉球温泉瀬長島ホテルは㈱ホワイト・ベアーファミリーのグループ会社が運営しているんですよ♪)

ウミカジテラスは瀬長島の中でもシンボル的存在として2015年にオープンしました。沖縄ならではの果物・野菜、地産メニューを中心にしたグルメ・スイーツショップ、Made in OKINAWAのジュエリーやクラフトショップが絶好のロケーションと融合する、沖縄の新しい観光・ショッピングスポットです!

ここで、ウミカジテラスにあるテナント・施設の中で、私のオススメをご紹介します!!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●足湯
ウミカジテラスの生誕と切っては切れないこの足湯。足湯からこのウミカジテラスは誕生しました。温泉は、琉球温泉 瀬長島ホテルの大人気温泉【龍神の湯】の泉質と全く同じ。疲れた身体に足湯がしみわたります~~。余り公表していませんが、タオルも無料で貸し出しがあるのでお気軽に入ってください!色は黄金色ですが、源泉かけ流しなので清潔です♪

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●TESHIGOTO
TESHIGOTOは革や帆布を使った小物やバッグの専門店で全てその場所で作っている完全ハンドメイド。メイドインオキナワなのです!革や帆布もとても上質の素材を利用しているにも関わらず本当にリーズナブル。デザインもほぼ一点ものばかり。だから悩んで次来た時には売切れという事もしばしば。一期一会なのでビビっと来たら即購入をオススメします!(私も数点購入しました♪)

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●旭川ラーメン 梅光軒
北海道は旭川より沖縄初出店!私は旭川の梅光軒にも行ったことがあったので、嬉しくて入店しました!沖縄で味噌ラーメンって少し変なカンジもしますが、味はもちろんお墨付き♪間違いないです。沖縄そばに飽きたらたまに気分転換で食べる地元人が多いカンジです。お昼時にはかなり混雑する場合もあります!ご注意ください!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●クイックリー瀬長島本店
タピオカドリンク専門店。プラスチック製のパッケージを見たら「見たことある!」と思う人も多いかも!常時50種類以上のメニューを用意しているみたいなのでその時に気分に応じて買うのはもちろん、何人かで行ったなら、色々頼んでシェアするのも◎!タピオカがモチッモチなので小腹が空いた時などにオススメです!

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

●瀬長島47STORE
沖縄初!全国47都道府県から1,200種類をこえる選りすぐりの'うまいもの'を集め、47坪にぎゅっと凝縮した食のセレクトショップ!特に海外のお客様は、日本の有名なお土産がここに行けば購入出来るという事でとても人気を博しています!
営業時間:10:00〜22:00

瀬長島ウミカジテラス アクセス

瀬長島ウミカジテラス
〒901-0233 沖縄県豊見城市瀬長174-6 098-851-7446




【営業時間】年中無休 10:00~21:00(※店舗により異なります。)

那覇市内からの無料シャトルバスあり。 無料バスのご案内>>

沖縄旅行はこちら


2日目-最後 今日のお宿へ

あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>

ホテル ロコア ナハ

ホテルロコアナハは、那覇市内でも1番人気の観光スポット【国際通り】の入り口に立地し、観光の拠点に最適です。

またトリップアドバイザーの≪朝食が美味しいホテル2016≫にて2年連続沖縄県1位に選ばれました。

その朝食をどうしても食べて見たい...という思いでこのホテルを予約しました。

その中でもとりわけ美味しいなぁと思ったメニューです!

  • あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>
    蒸し野菜
    県産で新鮮な野菜がゴロゴロと蒸されています。紅芋・カボチャ・ニンジンなど...新鮮な野菜や栄養価も高いといわれるので是非とも食べたい食材ですね♪
    またサラダと合わせて温野菜サラダみたいな感じで食べても美味しかったです。
  • あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>
    海ぶどうサラダ
    他のホテルだったら、海ブドウはチョロチョロっとしか入っていない場合もあるけれど、ロコア ナハの海ぶどうサラダはたっぷりと新鮮な海ぶどうが入っていました。ドレッシングもオリジナルのものでしたがとても食材にあっており完璧なサラダでした!
  • あのころの私にショートトリップ。大人の修学旅行<沖縄旅行体験記>
    ラフテー
    朝から大鍋でコトコトを煮込まれて、見るからにトロットロのラフテー。朝から脂っこいかなぁ...なんて一瞬思うのですが、そんな事はお構いなしです!こちらも期待を裏切らずトロトロで絶品!美味しゅうございました♪

お部屋自体は、可もなく不可もなく...那覇市内にある同等クラスのシティホテルと同じカンジで快適に過ごすことが出来ました。

フロントでは女性限定のアメニティを貰え、今回メイク落としを忘れて行っていた自分にとってたとてもありがたいサービスだと思いました。

また、ホテルの客室はどうしても乾燥が気になる...と思ったら加湿機空気清浄機が標準設置されているではありませんか!! これは有難いサービスです!

駐車場はホテルからすぐ裏にある立体駐車場へ。運転が得意じゃなくても、入ってすぐのところで管理人さんが回してくれるので安心です!出し入れは自由ですが、その都度出してもらわないと行けないので少し申し訳ないカンジになります。でも那覇市内だから仕方ないか!!

ホテルロコアナハ アクセス

ホテルロコアナハ
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1-1-2 098-868-6578




【チェックイン/アウト】
 チェックイン: 14:00 チェックアウト: 11:00
【駐車場】有料 ,000/泊

沖縄旅行はこちら

沖縄旅行体験記-1日目-はこちらでチェック

沖縄旅行体験記-最終日-はこちらでチェック

初めての沖縄旅行でおすすめ!絶対行きたい沖縄らしいスポット15選

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP