国指定天然記念物、マングローブって何?

マングローブが作る自然

マングローブとは、熱帯域で見られる植物の総称で、マングローブは自然の生態系に様々な影響を及ぼしています。自然の生き物たちと共存するマングローブの魅力について、詳しくご紹介します。

国指定天然記念物、マングローブって何?

マングローブって一体何?

マングローブの林、を沖縄の観光のときによく耳にするのではないでしょうか。マングローブとは亜熱帯の気候地域に生え、世界で一番北側にあるのは鹿児島県の種子島のマングローブです。沖縄のあちこちの島でもおなじみのマングローブは、いわゆる「汽水域」という海水と淡水が混じり合う場所に生息する植物を、総称した呼び名です。

特徴的なのはその根ですが、種類によって様々な形をしています。この根に様々な生物たちがすみかを作り、さらにそれを捕食する生物たちが集まってきます。マングローブ林には、他の植物には見られない、独自の生態系が発達しています。また海岸沿いに生えるマングローブは、海の高潮から陸地を守る役目も果たしています。そういったことから、国の指定天然記念物としてマングローブの林は大切に守られ、また植林活動も盛んにおこなわれています。

沖縄のマングローブ林のスポットは?

沖縄でマングローブカヤックが楽しめるのは、沖縄本島と石垣島。またすこし遠くなりますが、西表島も自然そのもののマングローブ林を見ることができます。家族で楽しめる沖縄本島のおすすめスポットをご紹介します。

・慶佐次川沖縄本島では、最大規模となるマングローブ林のエリアとなっています。ただし干潮の影響で、カヌーやマングローブカヤックのできる時間が限られています。もちろんシーカヤックだけでなく、干潮の浜で釣りをしたり、カニなどの生物観察を楽しむのもおすすめです。

・億首川マングローブの種類が多く、野鳥が多いことでも有名なエリアです。沖縄市街地からのアクセスが便利なので、気軽に楽しめるのもうれしいですね。こちらも慶佐次川と同じく干潮の影響があるので、参加できるツアーの時間帯には注意が必要です。

・比謝川沖縄本島西海岸のエリアにあり、大きな川なので場所によっては遊歩道が整備されていて、トレッキングなども楽しめる場所です。ただし慶佐次川や億首川のマングローブ林ほどの規模はなく、マングローブ林観察には物足りないかもしれません。しかしサンセットカヤックやナイトカヤックなど、先の2つのエリアと違って、時間を選ばなくてもいいというメリットがあります。

初心者でもマングローブカヤックはできる?

沖縄でのカヤックには、シーカヤックとマングローブカヤックがあり、どちらも最初に簡単な講習がおこなわれますので、初めてでも心配ありません。マングローブカヤックはマングローブ林の中を行くため、直射日光が当たりにくく、年齢を問わず参加しやすいアクティビティです。しかし水面の照り返しもありますので、服装などには注意が必要です。

・服装についてまったく焼けないというわけではないので、長袖の服を着るようにしましょう。また足下が濡れますので、下半身は水着かもしくは短パンなど濡れても大丈夫なものが必要です。

・帽子、サングラス日焼け帽子や照り返し帽子がいいでしょう。

・持ち物飲み物やカメラは濡れても大丈夫なよう、またカヤックは揺れるので落とさないように工夫しましょう。

ツアーによって服装などのアドバイスがされることもありますので、申込時に確認をしておきましょう。

マングローブ林で自然とふれあおう

マングローブカヤックの他、実際に間近でマングローブ林を観察するトレッキングのツアーなどもあります。マングローブ林に生きる小さな生物たちを観察する楽しみがある反面、自然保護のため人数制限などもされていますので、必ずツアーガイドの指示に従って楽しむようにしましょう。

(画像は写真ACより)

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP