「八重瀬の旬」プロジェクトがスタート

沖縄県八重瀬町の特産品を紹介

沖縄県八重瀬町は、八重瀬町内で生産された農産物、畜産物、水産物の'旬'に注目した「八重瀬の旬」プロジェクトをスタートさせた。この事業は、平成28年度「八重瀬ブランド販路構築支援業務」の一環として行われる。八重瀬町の特産物から重点8品目を選び、特に力を入れて紹介してゆく。

「八重瀬の旬」プロジェクト

特産品重点8品目

「八重瀬の旬」で重点品目に選ばれたのは、水産物では港川漁港で獲れ、町魚でもあるトビウオとマグロ。農産物では大きく甘味が多いといわれる「ぐしちゃんピーマン」、紅芋、紅芋の葉である「ぐしちゃんいい菜(カンダバー)」、マンゴーとグアバ。畜産物ではアグー豚が選ばれた。

コラボレーション企画

「八重瀬の旬」は地域企業とともに、旬素材を使った特産品開発事業を行ってゆくが、その他のコラボ事業として、八重瀬町外、沖縄県外の飲食店などとの連携も予定されている。八重瀬町観光振興課は「秋以降には八重瀬のアグー豚を使ったコラボメニューのほか、セレクトショップでの工芸品販売、イベントを通じてPRを行います」としている。

問い合わせは、「八重瀬の旬」プロジェクト事務局のエスビージャパン株式会社まで。電話は、098-998-1874。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

八重瀬町観光振興課

https://www.town.yaese.lg.jp/docs/2016090100016/

「八重瀬の旬」プロジェクト事務局

http://www.sb-ja.jp/

PR Times プレスリリース

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000015697.html

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP