観光ガイドブック2016「沖縄市GO」で沖縄市にゴー!

沖縄市をまるごと紹介

今月9日、沖縄市観光ガイド2016「沖縄市GO(ゴー)」が完成し、県内の観光施設などで無料配布されている。発行数は、完全版3万冊とダイジェスト版1万冊の計4万冊。

観光ガイドブック2016「沖縄市GO」で沖縄市にゴー!催

沖縄市観光振興課によって発刊されたこの本のタイトル「沖縄市GO」には、「沖縄市に来てほしい」「沖縄市に行こう」という市担当者達の強い熱意が込められており、市内のありとあらゆる情報が詳細に亘って掲載されている。

沖縄市について

沖縄本島中部に位置するコザ市、美里村の2つの自治体が1974年に合併し現在の沖縄市となった。人口は130万人、那覇市に次いで沖縄県第2の都市である。

土地柄としては古来より音楽などの文化に親しみ深く、地元の伝統芸能エイサーは県内で最も盛んな地域である。

また、嘉手納基地など多くの米軍基地を抱えていることもあり、国際色豊かで、他の地域とは違う独特な雰囲気をもつ。

この一冊で沖縄市が100倍楽しくなる。

本ガイドブックでは、地元出身の腹話術師いっこく堂さんが、「ちゃんぷるー沖縄市大使」としてガイド役を務め、市内の名所旧跡を始め、年中のイベントやスポーツ行事、120店舗以上におよぶ飲食店、宿泊施設、土産物店やナイトスポットまで、実にわかりやすく紹介されている。

「地元の人しか知らない沖縄市が詰まっている1冊。大変ユニークな内容となっているので、多くの人が手にとってほしい」(沖縄タイムスプラスより)

とは、観光振興課長天願亮氏の言葉。

初めて沖縄を訪れる旅行者だけでなく、リピーターや地元の人達にとっても、側に置いておきたい一冊である。

■配布先
沖縄市役所総合案内、県内ホテル、主要観光施設、掲載店舗、空港、レンタカー会社、ゆいレール各駅等
■掲載内容
・特集1:昼コザ・夜コザ(沖縄市の魅力をいっこく堂氏が紹介)
・リピーター続出:まちまーい
・特集2:「沖縄市の人々が紹介する ココでしかできない69(ROCK)のこと」
・沖縄市早わかり(沖縄市HPより)

(画像はプレスリリースより)

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP