沖縄旅行で台風が来た!どうすればいいの?【出発前、滞在中、最終日】

沖縄旅行で台風が来た!どうすればいいの?【出発前、滞在中、最終日】

台風が国内でもとりわけ多く上陸しがちな沖縄ですが、夏季旅行を楽しみにしている人も多いです。天候をかなり前から正確に予測できれば良いですが、そのような技術は現在ありません。

沖縄ツアーの予定日や旅行の出発日に台風が近付くことを知って、どうすれば良いか分からないと慌てずに適正な情報を得ましょう。また台風のコースは一定の予測が出来るとは言え、直前に予想が外れることもあり、一概にキャンセルをすれば後悔することも考えられます。

そこでチェックして置きたいのは、台風の際にツアーを主催する旅行会社や航空会社がどの様な対応を取るかです。


台風でも沖縄旅行を楽しみたい人に、出発から、滞在中の過ごし方、最終日に飛行機が欠航した際の基本的な対処法を紹介します。


沖縄旅行で台風が来た!どうすればいいの?【出発前、滞在中、最終日】

台風などの悪天候がツアー日に重なってしまった場合はまず、あなたがツアーを申し込んだ旅行会社から指示を仰ぎましょう。

台風は一般的に短期間集中した地域に悪天候を及ぼします。ツアーの行き先である沖縄に掛かる台風の影響が、出発前であるのか、旅行中であるのかなどそのつどケースが異なるため、刻一刻と変化する状況に旅行会社は対応を考慮します。

また、旅行会社により悪天候時にまつわるキャンセルポリシーは異なるケースが多いため、早めに問い合わせることも必要です。


一般的には往路の飛行機が台風の影響を受け欠航となった際は、ほとんどの場合ツアーが決行されることはないでしょう

この場合のツアー中止では、事前に旅行会社へ支払いが済ませてあるツアー代は全額に置いて返金されるのが基本です。

また、台風の速度により往路の飛行機が欠航するかの判断が付かない場合もあります。この場合は一端空港へ向かいましょう。

行き先の天候により例外はありますが、往路の飛行機が飛んだ場合ツアーは原則中止とはなりません。'台風の影響を受けるから'との理由や、'台風のせいで沖縄へ行ってもツアーを楽しめそうにないから'などの理由では、往路の飛行機が飛ぶとキャンセル料が発生してしまいます。

'台風だから飛行機が飛ばないと自分で予想した'などでも受け入れられないので、無駄なキャンセル料の支払いを避けるためにも空港へまず足を運びましょう。

この場合に注意したいのが自宅から出発空港までの交通手段と移動に掛かる時間です。

台風は交通アクセスの混乱を起こす可能性が高く、電車やバスのダイヤが乱れたり、高速道路から一般道まで渋滞や通行止めとなるケースも存在します。

海上空港の利用であれば空港までのアクセスがより台風の影響を受け易いでしょう。

交通アクセスの混乱を踏まえて、空港へ向かう際には移動時間が長く掛かることを予測して出かけましょう。

またいつも利用している交通機関の他、空港までのアクセス手段を幾つか事前に調べて把握して置くと、当日に焦らなくて済むためお勧めです。

なお、台風が近付いている時に空港へ向かい、結局往路の飛行機が欠航となった場合のツアー中止では、空港までのアクセスに掛かった交通費は全額自己負担です。

沖縄旅行はコチラをチェック


台風のコースが沖縄に入っていたとしても、楽しみにしていた沖縄旅行だからこそキャンセルはしたくないでしょう。

前述した様に一般的には、行きの飛行機が飛べばツアーは中止にはなりません。

台風が外れることを期待して現地へ向かう人も多い様です。しかし、予想通り台風が沖縄に近付いたせいで見たかった美しい海は大荒れとなり、目的であったマリンスポーツが楽しめない状況も出て来ます。

かと言って、沖縄旅行そのものが台無しになると決まった訳ではありません!!!

沖縄旅行で台風が来た!どうすればいいの?【出発前、滞在中、最終日】

沖縄には台風であっても楽しめる観光地はあります。

悪天候時であるため屋内で楽しむこととなりますが、例えばジンベエザメやナンヨウマンタの迫力ある姿や水中を美しく彩るサンゴ群が有名な'沖縄美ら海水族館'は多くの人が知る人気の観光スポットです。
この様な屋内型施設は、多少の悪天候であれば十分に楽しめます。他には、琉球ガラス作品制作を体験できる'琉球ガラス村'や巨大鍾乳洞の見学や伝統工芸の体験教室が楽しめる'おきなわワールド'も沖縄では人気スポットです。

'琉球ガラス村'での制作体験では予約が必要なものもありますが、女性や子供に人気のジェルキャンドル作りは予約不要で楽しめるので、突然の悪天候時でも思い出作りが出来ます。

ただし台風が直撃した場合は人気スポットへ向かうためのモノレールやバスの運行が中止となるため、各施設も閉館するでしょう。

出かける前に各施設へ問い合わせて、入場可能かを確認することが大切です。また人気スポット以外にも悪天候時に沖縄を楽しむ方法はあります。

例えば、食文化の違いを楽しむことは天候が良くても悪くても多くの人が体験したい事柄です。

台風の際にも個人経営の店舗は営業中であることも多いため、レンタカーを利用して街を走ってみることがお勧めです。特に'沖縄そば'や'ヤギ汁'などは沖縄限定で楽しめるメニューですし、沖縄にしかない食材や、お菓子の地域限定商品などを見たいなら、ショッピングモールやデパートも利用価値が高いです。

大きな商業施設にはゲームセンターなどで時間を使えるメリットもあります。

また台風の状況によって外出が不可能な場合は、宿泊施設のアクティビティーを有効に利用しましょう。
プールの他ジムや温泉、エステなどでも十分に楽しめます。

沖縄旅行はコチラをチェック


沖縄旅行で台風が来た!どうすればいいの?【出発前、滞在中、最終日】

沖縄ツアーや旅行中に台風が近付いた場合は、帰りの飛行機について心配になります。

まず慌てずに、台風がどの様なコースを通るのかを細かく確認して、ツアー最終日に影響があるかをチェックしましょう。

また宿泊施設のスタッフに相談するのも良い手段です。

現地出身のスタッフならば台風の規模などから推測して、交通機関の対応を予測して貰うことや、対処方法に詳しいと考えられます。

しかし、最終日前日(その日の旅行会社営業時間内)迄に欠航が決まれば旅行会社より連絡がありますが、旅行会社の営業時間外となった場合の運行情報は自分で入手する必要があります。

各利用予定がある航空会社のホームページを慌てずにチェックしましょう。(各航空会社ホームページは複数あるので随時チェックしましょう)

搭乗予定の飛行機が欠航するか決まっていなければ、空港へ予定通り向かいましょう。
また、搭乗予定であった飛行機が欠航となった際は、振り替え便を迅速に確保しましょう。

どうしても早めの出立が必要ならば、かなりの素早さで空港に向かい、'空席待ち整理券'を手に入れることが大切です。

'空席待ち整理券'は、悪天候が回復した際に飛行機の運行が再開された時の、飛行機搭乗の順番を示しています。

分かり易く言えば、早い者勝ちで飛行機に乗れると言う意味です。

'空席待ち整理券'は空港のカウンターで発行して貰うものですので、混雑を予想して早めに空港へ向かいましょう

また搭乗予定の飛行機が欠航となる場合は一般的にその前後に当たる便の欠航も考えられます。翌日の運行再開であっても、当然事前から搭乗予定のある人が優先されるため、空席の確保は難しくなるとあらかじめ予想して置きましょう。

'空席待ち整理券'の入手が出来たら、空港で必ず自分の番が来るまで待つ様にします。

空港にいないと番号が呼ばれた際に聞き逃して後回しになるため、早く帰宅したいなら空港から離れないことが重要です。

しかし、台風は予測が付き難い物ですから悪天候が長期化する可能性もあります。

空港で長時間待つストレスを考慮して、早く帰ること自体を諦めてしまうことも一つの手段でしょう。
この場合は、天候が完全に回復すると予測される日取りで振り替え便の手配をして置きます。

沖縄旅行はコチラをチェック

やっぱり安心♥旅行会社での手配がオススメ。

上記で色々と書きましたが、基本的には出来る範囲の事をすべて旅行会社のスタッフがフォローさせていただきます。ただ、どうしても現地にいないと出来ない事もございます。

したがって、必ず携帯を持って連絡がスムーズにとれるようにしておきましょう。

個人手配の場合、すべて自分で手配をしないといけません。特に台風の多い時期は旅行会社で手配して安心も購入される事をオススメします!

備えあれば憂いなし!せっかくの沖縄旅行、心配事は最小限で行きましょう♪

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP