×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

「世界自然遺産号」ゆいレールで奄美・琉球の登録をPR

車両に希少生物の写真

沖縄都市モノレール・ゆいレールでは12月8日、「世界自然遺産号」がお目見えした。これは、沖縄県環境部自然保護課が、やんばるや西表島などの世界自然遺産登録の推進をPRすることを目的として導入したものである。

フルラッピングされた車両には、ヤンバルクイナやカンムリワシ、リュウキュウヤマガメなど地域固有の生物の写真とともに、「さぁ、世界へ」の合い言葉が躍っている。

「世界自然遺産号」ゆいレールで奄美・琉球の登録をPR

運行は来年3月末まで

那覇空港駅であった出発式で、環境部環境企画統括監の棚原憲実氏は、「貴重な自然環境を世界の宝として大切にしてほしい。遺産への登録を実現したい」と語った。

「世界自然遺産号」は、モノレール14編成のうち1編成しかない特別号で、各駅の到着時間は定まっていない。「世界自然遺産号」は2017年3月末まで運行する。

世界遺産登録スケジュール

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録に向け、現在、課題解消のため様々な取組が行われている。

今後のスケジュールとして、2017年1月にユネスコ世界遺産センターへ推薦書の提出、同年夏ごろにIUCN(国際保護連合)による現地調査、翌年6月から7月に世界遺産委員会の審査がある。最短では、この委員会終了後に世界遺産リストへ記載されることになる。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

沖縄都市モノレール「ゆいレール」

http://www.yui-rail.co.jp/

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP