我した島に捧ぐ 普久原恒勇作曲活動55周年記念コンサート

交響楽団が演奏する普久原メロディー

12月24日、沖縄市民会館で「我した島に捧ぐ〜交響楽団による普久原メロディー」が開催される。普久原恒勇は沖縄を代表するメロディーの生みの親。「芭蕉布」や「娘ジントーヨー」等、数々のヒット曲を生み出し、沖縄では知らない人はいないという。

普久原恒勇の55年の音楽活動を記念して公演される同コンサートは、普久原メロディーをオーケストラに編曲して演奏される。これにより、今後は世界中のオーケストラで普久原メロディーを演奏することが可能になるという。沖縄音楽ファンはぜひ会場で口ずさんでほしい。

我した島に捧ぐ 普久原恒勇作曲活動55周年記念コンサート

演奏とプログラム

演奏は、琉球フィルハーモニック、琉球交響楽団、沖縄交響楽団。指揮は高宮城徹夫。歌は、伊波智恵子、フォーシスターズ、おから、混声合唱団フォレスト、混声合唱団「くねんぼ」他。

プログラムは、芭蕉布、ゆうなの花、ヘイ!二才達、民族音楽詩曲「響(とよむ)」他。

コンサート開催概要

開催日時は2016年12月24日(土)開場13:30、開演14:00。会場は沖縄市民会館大ホール。入場料は前売り一般3,500円、高校生以下2,000円、当日は500円増。全席自由席。問い合わせは098-865-5200 琉球新報社営業局 事業開発部。

(画像は琉球フィルハーモニックチェンバーオーケストラ「イオ」より)

外部リンク

琉球フィル(普久原恒勇作曲活動55周年記念コンサート 我した島に捧ぐ)

http://ryukyuphil.org/

VICTOR ENTERTAINMENT 普久原恒勇プロフィール

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Profile/A009666.html

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP