×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

行列必須の沖縄スイーツ店7選

沖縄に行ったら外せない人気スイーツ店

沖縄の伝統菓子サーターアンダギーや、沖縄ならではのトロピカルフルーツを使ったフレッシュなスイーツ、特産品である紅芋を使ったお菓子など、沖縄は絶品スイーツの宝庫です。

そんな沖縄にある豊富な絶品スイーツ専門店の中から、ここでは特に口コミ高評価の人気店を7店舗、ご紹介します。

行列必須の沖縄スイーツ店7選

1.「369 farm cafe(369ファーム カフェ)」

369 farm cafe(みるくふぁーむカフェ)は、農園で採れた旬のフルーツを使った、かき氷やぜんざい、焼きプリンパイ、などを味わえるカフェ。

マンゴーやタンカンなど、沖縄特産物をふんだんに使用した、自家製シロップがかけられたかき氷が人気です。

住所は沖縄県名護市中山894-2。第2中山バス停から、本部町向けに徒歩10分のところにあります。

2.「千日(せんにち)」

やわらかい甘さが特徴の、沖縄ぜんざいの専門店。雪のようにふわっと口に溶けるかき氷で有名です。「沖縄ぜんざいならここ」、とウワサされるほど知名度が高いお店です。

最初見た時には誰もが驚くという、ボリューム満点のふわふわかき氷の下には、程よい甘さのぜんざいが入っています。一度食べると忘れられない味という評判。

住所は沖縄県那覇市久米1-7-14。ゆいレール旭橋駅から「バス」で西武門下車、徒歩2分(93m)。

3.「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス イオンモール沖縄ライカム店」

アツアツの焼きたてメロンパンに、ひんやりととろけるアイスをサンドした、メロンパンアイスの専門店。サクサクのメロンパンと、滑らかな口当たりのアイスクリームを同時に味わえる新触感スイーツの店です。

住所は沖縄県中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業区域内4街区 イオンモール沖縄ライカム 4F。琉球バス交通 新都心具志川線 プラザハウス前 徒歩6分(470m)

4.「琉冰(りゅうぴん)おんなの駅」

トロピカルフルーツを山のように盛りつけた、カラフルで華やかなかき氷が自慢のお店。一番人気のかき氷である「アイスマウンテントロピカルフルーツ」は、氷の上にアイスクリームや季節の旬のフルーツを、彩りよくトッピングしてもらえます。

カキ氷やジュースには、すべて沖縄県産の新鮮フルーツを贅沢に使用。特産品の黒糖や紅芋、田芋を使ったぜんざいも好評です。

住所は沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9 おんなの駅内。沖縄自動車道、石川ICより車で10分(3.8km)

5.「カルビープラス 沖縄国際通り店」

沖縄限定、紅芋を使用した、揚げたて「スイートポテりこ」が人気のカルビー商品のアンテナショップです。揚げたてのほくほくした、「ポテりこ」が一番人気。このほかにも、「ひとくち芋もち」や、「カルビーポテトコロッケ」も話題になっています。

住所は沖縄県那覇市牧志3-2-2。ゆいレール・牧志駅より徒歩6分。(400m)

6.「歩(あゆみ)」

沖縄一のサーターアンダギーが食べられると、長年話題になっている名店です。揚げたてのサーターアンダギーが店頭に並ぶと、わずか10分で売れ切れる程の人気ぶり。

小麦粉、砂糖、牛乳、卵黄を練り上げた生地をまるめて揚げたサーターアンダギーは、外側のカリッとした食感と、中のしっとりとしてふわふわの口当たりを味わえます。

住所は沖縄県那覇市牧志3-11-1 2階。ゆいレール牧志駅から「バス」で三越前下車、徒歩3分。

7.「Le patissier Jyo-gi(ルパティシエジョーギ)」

那覇でも特に名の知られたケーキ店。ジュエリーのように美しく並べられたケーキは、訪れた人は誰もが感激するという評判です。中でも新都心ロールが人気。隣接する居心地のよい上品なカフェで、くつろぎながらスイーツを楽しむこともできます。

住所は沖縄県那覇市安謝2-3-10 ロータスビル 1F。ゆいレール古島駅からバスに乗り換え、安謝一丁目下車徒歩5分(390m)。

(画像は写真ACより)

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP