沖縄県民のソウルフード「沖縄そば」の魅力

沖縄そばの魅力

沖縄のグルメを代表するものの1つに「沖縄そば」がある。沖縄旅行の際には食べたいと思っている人も多いだろう。

今でこそ全国的にメジャーになった沖縄そばだが、少し前まではあまり知られていなかった。しかし沖縄ではソウルフードとして非常によく食べられている。そのため、沖縄そばを提供する店はとても多い。

「そば」とは言うものの、「蕎麦」ではなく、蕎麦粉は一切使われていない。麺は小麦からできており、どちらかと言うとラーメンの太麺に近い。だしは、豚骨とかつおだしが一般的だが、店によって様々だ。

沖縄県民のソウルフード「沖縄そば」

沖縄そばランキング

沖縄インターネット放送局では、「沖縄そばランキング」が発表されており、一般客のインターネット投票でランキングが決まっている。

沖縄そばの店が多すぎてどこへ行けばいいか分からないという方は、最初はこのランキングを参考に店を選んでみるのもいいのではないだろうか。一見シンプルな沖縄そばだが、店ごとにレシピや作り方、乗っている具材も違うため、旅行中にいくつかの店を回ってみるのも面白い。

沖縄そばの具材

沖縄そばの上に乗っている具材は主に、沖縄では「三枚肉」と呼ばれる豚のバラ肉と、かまぼこ、ねぎ、紅ショウガというのが一般的だ。「ソーキそば」になると、三枚肉がソーキ(スペアリブ)に変わる。トロトロに煮込まれたソーキは簡単に骨がはずせるほど柔らかくジューシーだ。

意外と高いカロリー

女子には気になるカロリーだが、沖縄そばのカロリーは意外と高い。というのも、甘辛く味付けられた三枚肉が高カロリーなのに加え、だしには豚骨も使われており、ラーメンとほぼ同じ材料の麺を使用しているため、高カロリーと敬遠されがちなラーメンと同等のカロリーとなっている。

沖縄そばの名店「いしぐふー」

沖縄県内に無数に存在する沖縄そば屋だが、中でも有名店は那覇市に集中している。第1回沖縄そば王決定戦で見事1位に輝いた「いしぐふー」は、食材から器まですべてにこだわり、そのため毎日約100食しか作ることができないと言う。他店ではあまり見かけない玉子焼きのトッピングもいしぐふーの特徴だ。

沖縄そば店には、通販をしているところも多く、沖縄で気に入ったそばが見つかったなら、次回からは通販を利用するというのもいいだろう。とはいえ、今では沖縄人気の高まりに合わせて、沖縄料理の店も県外に多くある。東京でもおいしい沖縄そばを食べられるようになったのはうれしい限りだ。

沖縄県民のソウルフード

沖縄そばは値段も手ごろでボリュームもある。そのため、沖縄県民にとってはなくてはならないものだ。県内の弁当屋などでは100円そばというのも珍しくない。

スチロールカップに入ったスープの延長のようなものだが、コストパフォーマンスは素晴らしい。沖縄には他にも名物はあるが、旅行に来た際には本場の沖縄そばを是非1度味わってみて欲しい。

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP