沖縄の変わった⾷べ物って何?

沖縄は、地理的な理由から、日本、中国、東南アジアの文化が融合した独特の文化を育んできました。食文化も例外ではなく、沖縄には本土にはない珍しい食べ物がたくさんあります。

リゾートとして不動の地位を築き、多くの人が訪れるようになった現在では、ゴーヤーチャンプルーをはじめとして、沖縄独特の食べ物も全国的に知られるようになってきました。

しかし、です。沖縄へ行って地元の料理店に入ってみると、驚きの連続。説明してもらえばわかるものもあれば、食材すら未知のものあり、実に奥が深いのです。

ということで、沖縄の変わった食べ物の一端を覗いてみましょう。なお、料理の種類が多すぎるので、肉類、魚介類料理に絞ります。

沖縄の変わった⾷べ物って何

「珍しい食材」編

肉の代表は、山羊に登場していただきましょう。北海道名物のジンギスカンはラム(仔羊肉)ですが、沖縄では山羊(ヒージャーといいます)が普通に食用に使用されています。山羊料理の専門店もあるほどポピュラーなお肉です。

食べ方は主に汁と刺身で、特有の臭みがあるので、ショウガやフーチバー(ヨモギの一種)で臭みを消して食べます。汁の味付けは塩。奄美大島や宮古島などでは味噌を入れることもあるそうです。

魚介の代表はウミヘビです。沖縄ではウミヘビのことをイラブーといいます。生のままではなく、乾燥させたイラブーを手間暇かけて戻し、それを煮込んで汁にします。

黒光りするうろこがついたまま椀に入っており、おまけにテビチー(豚足)も一緒に入っていたりするので、初めて見る人は尻込みするかもしれません。

珍しくもなんでもないですが、沖縄の食材として豚はやはり外せないでしょう。先ほど出てきたテビチーの他に、ラフテー(ばら肉の角煮)、ソーキ(あばら肉の煮込み)あたりは沖縄名物としてすっかり定番。泡盛のお供としてだけでなく、ご飯のおかずにもあいますね。テビチーは沖縄ではおでんの具としても定番です。

珍しい部位の代表は、ミミガー(耳たぶ)(写真)とチラガー(頭の皮)。そして血まで食べてしまいます。固まった血をイリチー(炒め煮)に用いたチーイリチーとして食べます。中身(内臓)はイリチーにする他に、豚肉、コンニャク、しいたけと一緒に汁物にします。

豚を食べ尽くすかのような沖縄料理ですが、ロースやヒレなどの精肉部分は、冷蔵しないと保存がきかないため、庶民的な沖縄料理の食材には使われなかったそうです。

「珍しい作り方」編

豚肉ついでに、作り方が珍しいのを見てみましょう。

スーチカーは、ばら肉ブロックの塩漬け。お肉の味噌づけというのはよく聞きますが、塩漬けは珍しいですね。

アンダンスーは、甘味噌をラードで炒めたもの。油味噌です。さらにおもしろいのはアンダカシーという一品。豚の背脂を熱すると、ご存じラードが取れます。ラードが出尽くすと、残った組織がラードで揚げものにされている状態になります。

アンダは背脂のこと、カシーは「かす」のこと。つまり背脂の残りかすがアンダカシー。塩を振るとこれが、酒の肴にもってこいの一品になります。

沖縄料理の特徴のひとつとして、汁物が大変バラエティーに富んでいるということがあげられます。

「強烈インパクト」編

最後に、強烈なインパクトを与えてくれる沖縄料理を見てみましょう。

強烈インパクト編最初は、「ハブの唐揚げ」。そう、あの毒蛇です。ハブ酒が有名ですが、唐揚げでも食べられるのです。

次は、「山羊の睾丸」。お刺身でいただきます。精のつく食べ物として珍重されているのだそうで、味も絶品といいます。

見た目ではまず、ヤシガニ。沖縄地方全域で食べられているわけではないようですが、その姿はかなりのインパクトです。

強烈インパクトランキングトップは「子豚の丸焼き」。豚の料理はいくつか出てきましたが、インパクト最高まちがいなしはこれ。文句なしにおいしいらしいのですが、心臓の弱い方は、全体の姿は見ない方がよいかもしれません。

まとめ

こうして見てみると、沖縄料理はまるでワンダーランド。海や自然をお目当てにするだけでなく、食の冒険をしに沖縄へ行ってみましょう。

(画像は写真ACより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP