沖縄料理の定番、チャンプルーって?

郷土料理のひとつに過ぎなかった沖縄料理も、沖縄の人気上昇に伴って全国に広く知られるようになりました。なかでもゴーヤーチャンプルーは最も有名な料理といえるのではないでしょうか。

でも、ゴーヤーは「にがうり」のことだと知っていても、チャンプルーって何?と聞かれて、はて何だっけ、という人もまだ多いのではないでしょうか。

ということで、チャンプルーのことを少々復習してみましょう。併せて、その魅力やおすすめも紹介します。

沖縄料理の定番、チャンプルーって

(画像はイメージです)

チャンプルーとは

チャンプルーとは、沖縄地方で「混ぜこぜにしたもの」の意味で用いられる言葉なのだとか。今では、いろいろな食材を炒めた料理の総称として用いられるようになりました。

「ゴーヤーチャンプルー」、「タマナーチャンプルー」のように、メインとなる食材の名をあたまにつけて呼ばれています。

チャンプルーの語源には諸説あるようで、「ちゃんぽん」の沖縄方言読みだという説、インドネシア語・マレー語のcampur(チャンプールまたはチャンポール)に由来するという説などがよくいわれます。少なくとも英語ではないようです。

さらに、沖縄出身の歴史学者、東恩納寛惇(ひがしおんな かんじゅん)は、中国の「炒腐児(チャオ・フー・アル)」という豆腐を炒めた料理が語源だと唱えました。ただし、この名称の料理が中国に存在した記録は確認されていないのだそうです。

チャンプルーの種類と魅力

さて、料理としてのチャンプルーです。「いろいろな食材を混ぜこぜにして炒めた料理」というからには無限の組み合わせがありそうですし、「野菜炒め」とどこが違うの、という素朴な疑問もわいてきます。

まず、「野菜炒め」との違いから。一般的には、材料のひとつとして沖縄特産の島豆腐を用いた炒め物がチャンプルーであるといわれます。

しかし、このあたりの決まりはユルいようで、沖縄でも、豆腐入りの野菜炒めあり、豆腐なしのチャンプルーあり、というのが実情のようです。

さて、無限の組み合わせがありそうなチャンプルーですが、代表的なチャンプルーを見てみましょう。名前とメインとなる食材を紹介します。

ゴーヤーチャンプルー。説明は不要ですね。メインはゴーヤー(にがうり)です。タマナーチャンプルー。タマナー(玉菜)とはキャベツのことです。マーミナーチャンプルー。マーミナー(豆菜)はモヤシ。

チキナーチャンプルー。チキナー(漬菜)とは塩漬けのシマナー(島菜=カラシナ)のこと。ナーベーラーチャンプルー。ナーベーラーとはヘチマのこと。パパヤーチャンプルー。完熟前の青いパパイヤを使います。豆腐は入れないことが多い。

めずらしいところでは、フーチャンプルーとソーミンチャンプルーがあります。フーチャンプルーは、フー(麩)を、ソーミンチャンプルーはソーミン(素麺)を用いたチャンプルーです。

チャンプルーは、全国各地で手に入る食材で作ることができますが、沖縄のチャンプルーの魅力といえばなんといっても沖縄特有の食材です。

先に出てきた島豆腐やゴーヤー、チキナー(漬菜)など沖縄特有の食材が沖縄でしか味わえないチャンプルーを生み出しています。

チャンプルーのレシピ

新鮮な沖縄の食材が手に入るのが、沖縄市登川にある「JAおきなわ 中部ファーマーズマーケット ちゃんぷる~市場」。所狭しと並べられた朝採り野菜が目を楽しませてくれます。

旅行の帰りに立ち寄って沖縄ならではの食材を買い込み、本格チャンプルーを作ってみましょう。詳しい作り方はクッキングサイトに譲るとして、大まかなところは以下の通りです。

材料は基本的にありあわせの野菜、豆腐、豚肉、卵、麩など。沖縄で手に入れてきた食材があればベストですね。

野菜は、ゴーヤー(にがうり)、キャベツ、モヤシ、タマネギ、ニンジンなど。肉類は、豚肉の他にポークランチョンミート、コンビーフやツナでもOK。

豆腐は、島豆腐が理想的ですが、ない場合は、しっかり水切りをした木綿豆腐を使います。絹ごし豆腐はぐちゃぐちゃになるのでやめておいた方がよいですね。

作り方は、基本的に野菜炒めと同じ。フライパンか中華鍋にラードを溶かし、材料を順に炒めていきます。味付けは、塩、醤油、胡椒、鰹だしか化学調味料。好みで砂糖ピーナッツバターを用い、溶き卵を加える場合は、最後に投入。

JAおきなわ 中部ファーマーズマーケット ちゃんぷる~市場

住所:沖縄市登川2697-2

アクセス:ゆいレール旭橋駅から沖縄自動車道 経由で約29.5km、約40分。

まとめ

沖縄はその歴史的経緯から、東南アジア、琉球、中国、日本そしてアメリカの文化、風物が入り交じっています。このことから沖縄県の文化のことを「チャンプルー文化」と呼ぶこともあるそうです。

いろいろな文化のよいところを取り入れたのが沖縄の文化、そしていろいろな食材をまぜこぜにしてよいところを味わい尽くすのがチャンプルーだといえそうです。

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP