通販では買えない?!見つけたら即ゲットの沖縄土産

今どきのお土産事情

旅行に行ったら、その土地でしか買えないお土産を買いたいと思いませんか?インターネット通販が当たり前になったこの時代、大抵のものはネット注文で買うことができます。

便利になる一方で、ここでしか買えないという特別感が減っているような気がして、少し寂しい感じもします。時代の流れとともに流通のシステムが変わってしまうのは当然のことですが、できれば旅行先では通販では簡単に手に入らないものを購入したいものです。

観光地である沖縄には、たくさんのお土産屋さんがあり、商品も所狭しと並べられています。中には沖縄限定と書かれた商品もありますが、そのほとんどはインターネット通販でも購入可能なものです。

例えば、沖縄のお土産屋さんでよく見かけるシークワーサー味のハイチュウや黒糖プレッツェル、柿の種の島とうがらし味など、パッケージにはすべて「沖縄限定」の文字が入っていますがどれもネットでの通販が可能です。

見つけたら即ゲットの沖縄土産

幻の泡盛「泡波」

もし波照間島に行く機会があれば、是非おすすめしたいお土産が幻の泡盛「泡波」です。波照間島で造られている泡盛で、少ない本数しか作られていないため、ほとんど世の中に流通していません。

実際に波照間島に行って、運が良ければ買うことができるという「泡波」は、その希少価値から一時期ネットでは定価の何倍かの価格で取り引きされていることもあったようです。定価はそれほど高くないのですが、希少性から高級なイメージがついてしまっているかもしれません。そんな「泡波」を現地で運よく買うことができたなら、最高のお土産になること間違いなしです。

コンビニはお土産の宝庫

意外と知られていませんが沖縄のコンビニは、お土産の宝庫です。沖縄のコンビニでしか買えない商品も多くあり、見たこともない商品についつい手が伸びてしまいます。

おにぎりでいえば、「油みそ」や「ポーク玉子」などがあり、沖縄では定番の人気商品なのですが、観光客の方は商品の名前を聞いただけではどんなものか想像もつかないかもしれません。

「油みそ」というのは、味噌に豚肉や魚などを混ぜて、お砂糖を加えて炒めた甘辛い味噌のことで、沖縄ではこれをごはんにかけたり、野菜炒めの味付けに使ったりと、万能調味調として使用します。おにぎりの具としても定番です。各家庭によって味が違い、食卓に欠かせない油みそは、韓国でいうキムチのような存在かもしれません。

また「ポーク玉子」は、ごはんの間に沖縄食材としてお馴染みのスパムと玉子焼きを挟んだ、元祖おにぎらずのようなものです。定食屋さんなどではポーク玉子はおかずとして提供されており、こちらも沖縄では定番のメニューです。

ただ、お土産におにぎりを買っていくというのは日持ちの観点からも難しいので、パック入りの油みそや、スパム缶をお土産にしてみてはいかがでしょうか。他にも、沖縄のコンビニにはちんすこうアイスや紙パック入りのお茶など沖縄でしか買えない商品も多数あるので、こちらもお土産には不向きですが、是非現地で味わってみてください。

津堅にんじんサイダー

他とはちょっと違うおしゃれなお土産におすすめな商品として、「津堅にんじんサイダー」があります。にんじん栽培が有名で、別名「キャロットアイランド」と呼ばれている離島津堅島で造られているご当地サイダーです。

糖度の高いニンジンピューレにさっぱりとしたシークワーサー果汁を加えることで、甘さと酸味のバランスが絶妙な飲みやすいサイダーに仕上がっています。パッケージも素朴で可愛らしく、気の利いたお土産にぴったりです。

津堅にんじんサイダー 200ml 250円 「海の駅 あやはし館」「平屋敷港ターミナル」「ちゃんぷるー市場」などで購入可能

沖縄の現地でしか買えないお土産をご紹介しました。その他に現地でしか手に入らないものとして、沖縄のフリーペーパーがあります。沖縄にはいくつかフリーペーパーがあり、コンビニや土産物店などでもらえます。リアルな沖縄情報が多数掲載されているフリーペーパー、意外と喜ばれるお土産かもしれません。

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP