絶滅危惧種も展示「沖縄の貴重な植物展」&「日本の植物の多様性とその保全展」

国立科学博物館と共催

海洋博公園の熱帯ドリームセンターにて、「沖縄の貴重な植物展~春を告げる植物たち~」と「日本の植物の多様性とその保全展」が開催される。

絶滅危惧種の実物展示も!

沖縄県は、日本でも種多様性の高い地域のひとつである、琉球列島に属している。生物多様性のホットスポットと言われるが、多くの動植物が絶滅の危機に瀕しているのも事実だ。

今回開催される「沖縄の貴重な植物展」では、琉球列島に生息する絶滅危惧種の植物を紹介。'沖縄のスミレ'ことオリヅルスミレなど、実物展示が中心となっているので、貴重な植物を目にするチャンスだ。また、同時開催の「日本の植物の多様性とその保全展」では、日本各地の事例を紹介する予定となっている。

「沖縄美ら海水族館」のチケット提示で入館料割引!

「沖縄の貴重な植物展」と「日本の植物の多様性とその保全展」は、2017年3月11日(土)~26日(日)まで開催予定。料金は入館料のみで、大人690円、小人350円となっている。なお、同じ海洋博公園内にある人気観光スポット「沖縄美ら海水族館」のチケット提示で、入館料金が大人340円、小人170円となる割引サービスもあるので、合わせて楽しむのもオススメだ。

また、3月25日(土)・26日(日)には、参加無料のワークショップ「みぢかな植物プランクトンを見てみよう」も実施する予定となっている。

問い合わせは、熱帯ドリームセンター(電話:0980-48-3624)まで。

(画像は海洋博公園ホームページより)

外部リンク

「沖縄の貴重な植物展」&「日本の生物多様性とその保全展」

http://oki-park.jp/kaiyohaku/events/detail/2999

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP