期間限定の特別公開! 国宝「玉冠」(たまのおかんむり)

国内に唯一残る琉球国王の「玉冠」

17世紀に制作されたとされる琉球国王の「玉冠」が、期間限定で特別公開される。国宝であり、より良い状態で保存するため、公開期間は2週間弱となっている。

玉冠は、冊封(国王の即位儀礼)や正月儀式など国の重要な儀式の際に、中国皇帝から贈られた衣装とともに国王の正装として用いられたもの。表面には黒縮緬、そして金や銀、珊瑚、水晶など7種288個の玉がとめられた金糸の帯で装飾されている。付属の簪には、王の象徴である龍の文様が施されている。

国宝「玉冠」

イベント基本情報

公開期間は2017年4月28日(金)から5月10日(水)まで。会場の開館時間は午前10時から午後7時まで。展示会場は那覇市歴史博物館の特別展示室となっている。なお、木曜日は休館日である。

入館料は、個人の場合、一般350円、大学生以下(各種専門学校等含む)は市内、市外(県内外)を問わず無料となっている。ただし、証明書の提示が必要となるので注意すること。

会場アクセス情報

会場住所は、沖縄県那覇市久茂地1丁目1番1号パレットくもじ4階である。

公共交通機関を利用する場合は、モノレール「県庁前」駅下車し、徒歩でパレットくもじ敷地内を通って、中央エレベーターで4階に上がればよい。那覇空港からなら、モノレールの乗車時間は約13分となる。

車の場合は、周辺駐車場から徒歩で、パレットくもじへ向かうことになる。那覇空港からの会場周辺までの所要時間目安は、約10分である。

(画像は那覇市歴史博物館ホームページより)

外部リンク

国宝「玉冠」特別公開

http://www.rekishi-archive.city.naha.okinawa.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP