米軍保養施設でのお祭り! オクマビーチフェス2017

ビーチ、ライブ、キャンプなど楽しさ満載

オクマビーチは、米空軍の嘉手納基地が管理する保養施設であり、通常は関係者以外は利用できないが、年に1度、「オクマビーチフェス」と銘打った、一般人も入場可能なお祭りが開催される。

ビーチの利用はもちろん、キャンプ場の利用も可能、さらにライブミュージックや屋台もあり、仲間や家族と楽しく過ごすのに最適な環境が用意されている。

遅くまでパーティーをしたい人と、ゆっくり休みたい家族がお互いに邪魔にならないよう、キャンプ場を2ヶ所に分け、異なる門限を設定するなどの配慮もあり、皆が楽しめることを目指したフェスティバルとなっている。

オクマビーチフェス

イベント基本情報

開催期間は2017年4月29日~30日、一般人に対しては、正午にゲートが開放される。

米軍施設であるので、入場する大人全員に、身分証明書の提示が求められるなど、セキュリティーチェックは厳格であることに注意が必要である。特に気をつけたいのが、「ペット入場不可」と「ガラスびんの持ち込み禁止」である。また、花火も禁止である。

その他、キャンプ場の場所取りは、先着順となっているので、早めに場所を確保することが薦められている。

会場アクセス情報

会場住所は、沖縄県国頭郡国頭村奥間で、JALプライベートリゾートオクマから近い。那覇空港からは、車で100分程度の距離にある。タクシーなら、高速道路料金と合わせ、22,000円以上となる。

公共交通機関を利用する場合は、那覇空港より路線高速バス111番系統で終点「名護バスターミナル」まで、そこで67番系統辺土名線に乗り換え「奥間ビーチ入り口」バス停下車、そこから徒歩20分程度となる。所要時間は約3時間半が目安となっている。

(画像はKadenaFSSホームページより)

外部リンク

Okuma Beach Fest 2017

https://www.kadenafss.com/2017/03/16/okuma-beach-fest/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP