世界遺産で舞踊を楽しむ!「中城城ツワブキまつり」

「第7回 中城城ツワブキまつり」開催

沖縄本島の中部地区に位置し、那覇から北東へ16km先にある北中城村(きたなかぐすくむら)にて12月25日(日)、「第6回 中城城ツワブキまつり」が開催される。

会場となる中城城跡(なかぐすくじょうあと)は、ツワブキの花の名所。城内に美しく咲き乱れるツワブキの黄色い花を眺めながら、琉球舞踊や日舞を鑑賞できる。また、三味線、太鼓、三板も体験することのでき、盛りだくさんの内容となっている。

中城城ツワブキまつり

世界遺産「中城城跡」について

世界遺産に登録されている中城城跡は、今からおよそ570年前に成立した琉球時代の山城の跡地であり、中城村と北中城村にまたがって一直線に伸びている。

標高150メートルから170メートルの石灰岩丘陵上の縁辺部に位置し、守りやすく攻めにくいという戦略上の好立地にある。

城壁は琉球石灰岩で造られており、自然の岩石と地形的条件を生かした美しい城となっている。

グスク(領主的豪族が居住と防衛の拠点として築いた城)からは、東側に中城湾と太平洋、西側に宜野湾市と東シナ海、北側に勝連半島と読谷方面、南側に与那原と知念半島を眺めることができ、沖縄有数の絶景スポットとしても有名である。

イベント概要

開催日時は、2016年12月25日(日)の9時30分から16時。イベント会場は入場無料だが、城内の観覧は有料(大人400円、高校生300円、小学生200円)である。会場は中城城跡(沖縄県中頭郡中城村泊1258番地)。

外部リンク

中城城跡公式HP

http://www.nakagusuku-jo.jp/

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP