神秘的な「平和の光の柱」 平和祈念公園で慰霊の日に

恒久の平和を願い、戦没者の霊を慰める「慰霊の日」に

「慰霊の日」である6月23日にあわせ、沖縄の平和祈念公園では、サーチライトが上空に向けて照らされ、天と地を結ぶ、5本の神秘的な「平和の光の柱」が現れる。これは若者へ慰霊・平和を継承させ、戦争体験風化の防止に努めることを目的として行われているものである。

なお、「慰霊の日」は、第2次大戦において多くの尊い生命、財産、文化的遺産を失ったことを厳粛に受けとめ、戦争による惨禍が再び起こることのないよう、恒久の平和を願い、そして戦没者の霊を慰める日として、沖縄県により1974年に制定された。

平和の光の柱

イベント基本情報

開催日時は、2017年6月22日(木)~23日(金)である。会場は平和祈念公園となる。このイベントは平和記念財団が主催している。参加対象は、すべての希望者となっており、参加費も無料、誰でも気軽に参加できるイベントである。

なお、日程が変更になることがあるため、主催者HPのイベント開催告知で事前に確認するよう、主催者が注意を呼びかけている。

会場アクセス情報

会場の住所は、沖縄県糸満市字摩文仁444番地である。車・タクシー利用の場合は、那覇市内から約22kmとなり、タクシー料金の目安は3,500円~4,500円程度とされている。

公共交通機関の場合は、那覇バスターミナルから、89番、33番、46番系統バスにて、約45分乗車し、糸満バスターミナルまで。そこから82番系統バス(玉泉洞線)に乗り換え、約30分乗車、平和祈念堂入口バス停で下車となる。ただし、玉泉洞線の便数は、1時間1便程度であり、注意が必要である。

(画像は公益財団法人 沖縄県平和祈念財団HPより)

外部リンク

平成29年度 平和祈念財団主催の主なイベント(PDF)

http://heiwa-irei-okinawa.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP