×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

マレーシア 旅行旅の基本情報・滞在情報

概要・祝祭日

概要

国名
和名:マレーシア 英名:Malaysia
面積
約33万km²
(日本の約0.9倍)
人口
約3,200万人
首都
クアラルンプール
言語
マレー語、中国語、タミール語、英語
時差
年間を通じて日本マイナス1時間
通貨
マレーシア・リンギット(RM)

祝祭日

  • 2019年
  • 10月27日ディパパリ(ヒンドゥー灯明祭)
  • 11月9日ムハンマド生誕祭
  • 12月25日クリスマス
  • 2020年
  • 1月1日新年
  • 1月25日~26日中国暦新年
  • 2月1日連邦区記念日 (クアラルンプールのみ)
  • 2月8日タイプーサム
  • 5月1日メーデー
  • 5月7日ウェサックデイ
  • 5月24日~26日ハリラヤ・プアサ(断食明け大祭)
  • 7月31日ハリラヤ・ハジ(犠牲祭)
  • 8月20日イスラム暦新年
  • 8月31日国家記念日
  • 9月9日国王誕生日
  • 9月16日マレーシア・デイ
  • 10月29日ムハンマド生誕祭
  • 11月14日ディパパリ(ヒンドゥー灯明祭)
  • 12月25日クリスマス
  • ※ ※年によって日にちが変わる休日もございます。

気候・服装

気候について

年間を通して常夏の気候です。
平均最高気温は31℃~33℃、平均最低気温は22℃~24℃となります。
雨季はエリアによって異なります。

マレー半島・西海岸
雨季5月~9月 (クアラルンプール、ランカウイ島・ペナン島・パンコール島など)

マレー半島・東海岸&東マレーシア
雨季11月~3月 (コタキナバル、レダン島、ティオマン島など)
レダン島/ティオマン島以外の場所は、一日中降り続くことは無あまりないので年中観光客が訪れる場所となっています。夕方にスコールが降る可能性が高いので折り畳み傘を持ち歩きましょう。
レダン島/ティオマン島は雨季に海が荒れ、ホテルがクローズするので注意が必要です。

通貨・両替ほかお金に
関する情報

両替 現地のショッピングモールなどにある両替所のレートが良いです。その他日本の空港、現地空港、銀行、ホテルなどでも両替が可能。ただし空港やホテルはやや割高、ホテルはランクによって取扱いがないところもございます。
チップ 基本的にチップは不要ですが、良いサービスを受けた際にRM2~3ほど渡すのが観光地で習慣になりつつあります。ホテルのレストランなどでサービスチャージ10%が含まれている場合は不要です。
クレジットカード ショッピングセンターやレストランなどほとんどのお店で使えますが、ローカルレストランなどでは使えないこともあります。
税金 GSTと呼ばれる消費税が導入されていましたが、2018年6月より完全撤廃されました。(2018年7月現在)
事後免税制度

マレーシア内での買い物に対して、外国人旅行者は付加価値税の支払い義務が免除され、所定の手続きにより払い戻しが受けられます。

【観光税】
2017年9月1日よりマレーシア国内の全ての宿泊につき、外国人旅行者に対し観光税(Tourism Tax)の徴収が開始されました。

税額は1部屋1泊あたり10マレーシアリンギット(日本円で約280円/2018年7月時点)。ホテルのチェックイン時・またはチェックアウト時にお支払いいただく形になります。また、ペナン島のホテルではさらにヘリテージタックスという観光税、ランカウイ島のホテルでは観光振興税(宿泊税)が別途徴収されます。(1部屋1泊あたり1リンギット~5リンギットほど/ホテルのランクにより異なります。)

電話・電圧・プラグ

電話

公衆電話はコインまたはテレホンカードで利用可能。国際電話がかけられない公衆電話もあります。携帯電話の普及で公衆電話の数が減っています。

日本からマレーシアに電話をかける方法

XXX※1 国際電話会社の番号

010 国際電話識別番号

60 国番号

XXX※2 市外局番

XXXX-XXXX 相手の電話番号

※1 KDDI:001/NTTコミュニケーションズ:0033/ソフトバンクテレコム:0061

※2 市外局番や携帯電話番号は最初の0を取る

マレーシアから日本に電話をかける方法

001または002 国際電話会社の番号

81 日本の国番号

XXX 市外局番・携帯電話番号

XXXX-XXXX 相手の電話番号

電圧・プラグ

電圧は240ボルト、50ヘルツコンセントは3つ穴のBFタイプが多く、100-240ボルト対応ではない日本の電化製品を使用する際は変圧器と変換プラグが必要となります。変圧器・変換プラグはホテルのフロントで貸し出しがある場合もございますが、数に限りがあるため、事前にご用意いただくことをお勧めいたします。

マレーシアで使えるプラグイン図

水・トイレ事情・アメニティ

飲料水 水道水を飲むことは避け、ミネラルウォーターの購入をお勧めいたします。
トイレ 洋式がほとんどですが、和式の場合もあります。また、マレーシアの公衆トイレにはトイレットペーパーが備え付けられていないことが多いです。(マレーシア人は基本的に備え付けの水道ホースからの水で洗うのでティッシュがいらないのです。) また、マレーシアのトイレはティッシュを大量に使うとすぐに詰まってしまうので、ティッシュを使う際はなるべく少量にしましょう!
アメニティ マレーシアのスタンダード(3ツ星)クラス以上のホテルに関しては、基本的なアメニティは揃っており、お部屋には飲料水、ポット、お茶・コーヒーなどは用意されていることがほとんどです。ただし、シャンプーのみでリンスがない、パジャマなどがない場合がございますので、ご持参いただくことをお勧め致します。

交通事情・治安
・トラブル関連

治安 東南アジアの中では治安は良い方と言われているマレーシアですが、夜道は街灯がない場所も多いので危険。特に女性は夜道を一人で歩くことは避けましょう。
喫煙 ほかの国に比べ喫煙については寛容なイメージですが、近年禁煙化が進んできており、全館禁煙のホテルが増えたり、指定エリアでは路上喫煙が禁止されていたりします。喫煙を発見された場合は罰金が科せられる場合があるので注意が必要。
交通 クアラルンプールではモノレールや高架鉄道(LRT)、地下鉄(MRT)などの電車が充実しています。
タクシーでの移動も安くて便利ですが、クアラルンプール市内中心部は渋滞が起こりやすいので余裕をもって行動することをお勧めいたします。 また、クアラルンプールから郊外のイポー、マラッカなどへはマレー鉄道や長距離バスでの移動が便利です。
ペナン島・ランカウイ島・コタキナバルではタクシーでの移動が主流になっています。
よくあるトラブル 流しのタクシーはメーターを使わず料金交渉される場合がほとんどです。通常より高くても日本円に換算すると安いので値切りすぎてトラブルになることは避けましょう。配車サービスのGrabアプリを使えば料金が固定されているので、流しのタクシーを捕まえるよりもオススメです。万が一トラブルに巻き込まれた際に警察へ提示できるよう、パスポートコピーを持ち歩くことをお勧めします。
また、盗難や紛失に遭った場合は、現地ガイドがいるツアーの場合はガイドにご相談ください。

持ち物チェックリスト

必須の持ち物

パスポート 必要な残存期間は渡航される国により異なります
お早めにご確認くださいますよう、お願い致します
現金 計画的にご用意ください
Eチケット控え 事前にメールまたは郵送にてお送りいたします。
日程表 事前に予約内容、行程を確認の上お持ちください

任意(推奨)

クレジットカード ホテルのチェックイン時にデポジット(保証金)として提示を求められるため1枚はお持ちいただくことをお勧めします
旅行傷害保険証券 お守り代わりに事前ご加入をお勧めします

もっていると便利

洗面道具 歯磨きセット、シャンプー、カミソリなどはお持ちください
ティッシュペーパー 公衆トイレに備え付けがない場合もございます
ウエットティッシュ 飲食店や屋台ではおしぼりが無く、持参すると便利です
パジャマ ほとんどのホテルに用意がありません
衣類、着替え ショッピングモールなどの室内は冷房が利いているので、上着をお持ちいただくことをお勧めします。
変圧器、アダプタ 事前にご用意いただくことをお勧めします
折りたたみ傘 雨季・乾季に関係なく突然雨が降ってくることが多いので折り畳み傘を持っていると安心です

※ 上記以外にもご自身で必要と思われるものは忘れずにお持ちください

事前に余裕を持って情報収集や荷物の準備を行っていただき、ご旅行に備えてください。

ハッピーメモリーを皆様の心の中に。

マレーシア ツアーが満載!

マレーシア 旅行はホワイト・ベアーファミリーにお任せください!

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP