×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

久しぶりに行ってきました!北海道旅行のプロがおすすめする『道東の旅』!

【旅で北海道を元気にしよう!】
弊社はお客様に安心してご旅行にご参加いただく為に、緊急事態宣言等によるキャンセルの場合の取消料全額免除や、状況に応じた柔軟な変更などを心掛けております。また、弊社ツアーで利用する航空会社・各宿泊施設は感染対策を徹底しておりますが、不安な点・ご不明点などございましたら何なりとお申し付け下さいませ。引き続きお客様に安心してご旅行にご参加いただく為の情報提供をしてまいります。

  • 新型コロナウイルス感染に伴う取消料免除に関して

  • 北海道と言えば札幌がやはり有名ですが、今回は温泉などで有名な道東に行ってきました。
    アイヌで有名な土地「阿寒」や、自然であふれている「知床」、また、冬には流氷を見るためにお客様でにぎわう「網走」。
    これらの土地を実際に行って肌で感じましたので、魅力と見どころをたっぷりご紹介したいと思います。

    1. 道東ってどんなところ?

    道東って北海道のどこのエリアかご存知でしょうか。
    道東とは【網走・十勝・釧路・根室】を指します。

    では、道東って実際にはどうやってまわったらいいのか。その疑問を解決するため効率よく回る方法をご紹介します。


    2. 道東の交通手段とモデルコース

    2-1. モデルコース

    今回私が実際に回ったモデルコースに沿ってご紹介いたします。
    2泊3日定番コースで行ってきました。

    モデルコースはこちらです。

    羽田空港⇒帯広空港⇒釧路⇒阿寒(宿泊)⇒網走(宿泊)⇒知床⇒女満別空港⇒羽田空港

    北海道道東周遊のコースで一番定番のコースとなります。

    今回は出発する日程に釧路空港が手配出来ず帯広空港から入りました。レンタカーがあれば帯広空港から約2時間の所要時間にて釧路市内まで到着します。釧路空港の飛行機が満席の場合は女満別空港→帯広空港の順番に考えると良いと思います。

    コースとしては最終日のお帰り女満別空港最終便利用で帰着するコースが定番&人気です。最終日の、お帰りの飛行機までの空き時間に観光出来る箇所も今回の記事の随所でご紹介していますのでお楽しみ下さい。

    2-2. レンタカー

    私達も利用した『レンタカー利用』の場合の道東の巡り方をご紹介します。

    今回8月に行ってきたこともありレンタカーで安心安全でした。
    北海道初心者なら特に、雪が降る前までの時期をオススメします。
    野生動物を見ることも出来ますし、レンタカーでないと行くことが出来ない所なども行くことが出来ます。

    ですが1つ注意が有ります。『野生動物とびだし注意!』です。

    現地の方のお話では道路で鹿とぶつかって車側大事故になる事もあるとのことでした。
    運転には注意して回りましょう!

    レンタカー付のプランはこちらから

    2-3. バス

    冬の北海道・道東は積雪に加え道路も凍っておりレンタカーよりもバス利用の方が圧倒的に多いです。
    そのバスとは例年、冬期限定で運行する、道東各地を結ぶバス「ひがし北海道エクスプレスバス」です。

    エクスプレスバスの停留所はこんな感じです!
    是非冬は、エクスプレスバスを活用して冬のオホーツク海の流氷を見てみてください
    ひがし北海道エクスプレスバスの詳細は下記URLをチェック!様々なコースが出ています。

    エクスプレスバスの詳細はこちら

    予約サイトはこちらから


    3. 各エリアのおすすめ観光地・ホテル紹介

    3-1. 釧路・阿寒温泉エリア

    阿寒は自然に囲まれた場所です。
    未来に引き継ぐべき大自然として1934年に国内で2番目に国立公園に指定されました。
    釧路市にある阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖を含む範囲になります。
    阿寒では特別天然記念物に指定されており、阿寒のお土産屋さんには至るところに『まりも』が発売されています。おうちで飼う事も出来るそうですよ。

    湖畔には日本最大のアイヌコタン(集落)があります。
    阿寒エリアを訪れる際には事前に『アイヌ文化』について触れて予習してからいかれるとより堪能できると思います。

    主な観光

    ★カムイルミナ

    2019年7月5日よりOPENしました。日没30分後より始まります。
    阿寒摩周国立公園内で開催されるナイトウォーク体験型のアクティビティです。
    アイヌの神を目指す体験をすることが出来ます。
    また、晴れている日には満点の星空をご覧いただけます。
    詳しくは下記記事よりご覧ください。

    • カムイルミナ
    • カムイルミナ

    カムイルミナの詳細はこちらから

    体験談:カムイルミナに参加した翌日の朝国立公園を散歩しましたが雰囲気が違い堪能です。是非ご参加ください。

    • カムイルミナ
    • カムイルミナ

    ★ロストカムイ

    古式舞踊×現在舞踊×デジタルアートが融合した作品です。
    『アイヌとエゾオオカミとの共生』をテーマとした物語です。

    釧路プリンス

    詳しくは下記記事よりご確認下さい。

    ロストカムイの詳細はこちらから

    ★釧路湿原

    釧路湿原国立公園は、北海道東部を流れる釧路川。日本最大級の湿原になります。
    今回私が見た実際の写真イメージ

    釧路湿原

    • 釧路湿原
    • 釧路湿原

    春~秋と冬で見える景色が違うので是非2回行ってみてください。

    おすすめのホテルはこちら

    釧路プリンス

    夏の暑い時期には避暑地として1か月程滞在をするお客様がいらっしゃるこちらのホテル。
    リゾートホテルなのでホテルの中だけで完結出来てしまいます。
    お部屋のイメージとお部屋からの景観のイメージ

    • 釧路プリンス
    • 釧路プリンス
    • 釧路プリンス

    すごくきれいですよね。お部屋によっては河が見えることもあります。
    外国船等も就航することがあるみたいなので船マニアの方にもおすすめです。
    また、お部屋にはご宿泊する人数に合わせて折鶴が置かれています。
    おくつろぎくださいと言ういみをこめてとのことでした。
    真心を感じることが出来ますね。

    釧路プリンス

    朝食会場の様子はこちらです。
    すごく広いのでゆっくり朝食の時間を過ごせます。

    • 釧路プリンス
    • 釧路プリンス

    釧路プリンスホテル宿泊ツアー

    ホテルWBF釧路

    釧路市の中心部繁華街に隣接し、JR釧路駅からも徒歩圏内です。
    ホテルのロビーは洋風な雰囲気です。
    なんと『バスソルト』が置いてあります。
    世界のバスソルトとのことでした。

    ホテルWBF釧路

    お部屋でのくつろぎの時間に最高ですよね!
    また、本棚もあり小説・漫画・雑誌等が有りました。
    共有スペースで読書するもよし、お部屋に持って行って読むもよしです。

    • ホテルWBF釧路
    • ホテルWBF釧路

    ホテルWBF釧路

    気になるお部屋ですがイメージ

    ホテルWBF釧路

    ホテルWBF釧路

    2019年5月に全面改装リニューアルされておりお部屋もすごくきれいです。
    釧路方面での観光をメインに考えている方は是非利用してみてください

    ホテルWBF釧路宿泊ツアー

    あかん遊久の里鶴雅

    今回は私はこちらに宿泊しました。
    1日目の旅の休み処に優雅なひと時をお過ごしいただけます。
    また、こちらにご宿泊すると先程ご紹介した『カムイルミナ』にも徒歩で行ける距離にあります。
    歩いて15分くらいの距離です。

    こちらの宿のおすすめポイントの1つ『温泉・スパ』です!
    7種類のお風呂と露天風呂、家族風呂が有ります。
    お風呂は男女入れ替え制です。
    旅の癒しもなる温泉。大事な素材ですよね。沢山の種類が合って回りきれないほどです。
    家族風呂は予約制にはなりますが、家族・ご友人・カップルでゆっくりくつろぎたい方は是非。

    気になるお部屋のイメージ

    • あかん遊久の里鶴雅
    • あかん遊久の里鶴雅

    夕食会場
    和・洋・中の食べ放題のビュッフェです!

    あかん遊久の里鶴雅

    • あかん遊久の里鶴雅
    • あかん遊久の里鶴雅

    すごくおいしい海鮮を食べることが出来ます。是非現地に行って堪能して下さい。

    3-2. 網走エリア

    世界自然遺産にも登録されている知床や阿寒摩周、大雪山の3つの国立公園に囲まれた、網走国定公園の中心に位置しています。
    北海道道東のメイン箇所といっても過言ではありません。
    冬にはオホーツク海の流氷をキレイにみることが出来るエリアとして有名です。
    冬の流氷が見られる時期には大変混雑します。
    お早目にご予約することをお勧めします。

    あかん遊久の里鶴雅宿泊ツアー

    釧路・阿寒ツアーはこちらから

    主な観光

    オホーツク流氷館

    オホーツク流氷館の詳細はこちら

    流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設です。
    流氷の天使『クリオネ』を間近に観たり、-15度の流氷を実際に肌で感じることができます。

    展望台では一面に広がるオホーツク海、網走湖、能取湖等知床連山を見ることができますし、展示物があるお部屋ではガイドさんがいらっしゃるので流氷の成り立ちなどの詳しいお話を聞くことが出来ます。
    また、オホーツク流氷館ではこんなアイスを食べることが出来ます!
    どーん!!

    オホーツク流氷館

    流氷の塩が降りかかっておりすごくおいしいです。
    是非お立ち寄りください!

    • オホーツク流氷館
    • オホーツク流氷館

    オホーツク流氷館

    網走監獄

    網走監獄の詳細はこちら

    網走監獄

    博物館網走監獄は、北海道道東のメイン網走市と深く関わりを持っていた網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館です。
    これが実際に利用されていた、監獄です。
    圧倒されました。刑務所での生活体験ができる貴重な場所です。
    とっておき情報としては、『ゴールデンカムイ』と言う漫画を読んでから行くとより面白いです。
    しろくまツアーでご旅行お申込みいただきますとオプションで参加可能です。

    網走に訪れた際には是非参加してみてはいかがでしょうか。

    網走オーロラ号

    網走オーロラ号の詳細はこちら

    網走は、北緯44度に有り、オホーツク海岸は海が凍る南限です。
    極寒のアムール河より、おりてきて流氷となります。
    こちらを流氷観光砕氷船『おーろら』にのって堪能します。
    まだこちらは行ったことないですが、2月3月の流氷の時期には是非行ってみたいです。
    ちなみに乗船場所はこの雰囲気です。

    網走オーロラ号

    近くには、観光案内所もありこのようなパンフレットも置いてあったりお土産屋さんが立ち並んでいます。

    網走オーロラ号

    おすすめのホテルはこちら

    本陣網走湖

    JR網走駅よりタクシーで7分のところにあります。
    網走湖を見ることが出来展望台浴場からの景色を温泉に入りながらお楽しみいただけます。
    客室はこのような感じです。

    • 本陣網走湖
    • 本陣網走湖

    ご家族連れに最適な和室が多数ございます。
    レンタカー利用だとより便利ですが、坂が多いので冬の運転心配な方はタクシー利用をおすすめします。

    網走観光ホテル

    今回私が、宿泊したホテルはこちらです。
    お部屋からは、網走湖が一望できます。
    頂いたご夕食のイメージです。
    どーん!

    • 網走観光ホテル
    • 網走観光ホテル

    コース料理のようなメニューとアルコール・ソフトドリンク飲み放題が付いています。
    お米とお味噌汁はセルフサービスです。
    北海道の美味しいとろろ昆布も食べることが出来ます。
    朝ごはんは、海鮮盛り放題です!
    是非網走に行った際にはご宿泊してみてください。

    網走観光ホテル宿泊ツアー

    3-3. 知床エリア

    知床半島は、雪が道東でもっとも多い場所として知られています。
    また、2005年には世界自然遺産にも選ばれています。大自然を一気に体感できるスポットとしても有名です。
    いろんなレジャースポットがあるので是非訪れてみてください。

    主な観光

    知床観光船おーろら号(カワイワッカの滝航路)

    https://www.ms-aurora.com/shiretoko/

    こちらは、流氷のおーろら号と同じ船に乗船します。

    網走観光ホテル

    春~秋の限定です!レアキャラ!
    コースは2つです。

    カムイワッカの滝航路(90分コース)、秘境知床岬航路(3時間45分コース)です。
    今回私はカムイワッカの滝航路に乗船しました。
    あいにくの天気だったので、波が高いとのことで90分コースが45分になってしまいました。残念です。
    こんな岩を見ることが出来ます。

    • 知床観光船おーろら号
    • 知床観光船おーろら号

    私は、カムイワッカの滝まで辿りつくことが出来ませんでしたが、次は絶対見たいです。

    おすすめのホテル

    下記でご紹介する北こぶし、KIKI知床、夕日のあたる家は『北こぶしグループ』になります。
    シャトルバスが巡回しています。

    このシャトルバスに乗車して各ホテルの食事処で食べることが可能です。
    それでは順番にご紹介します。

    北こぶし知床ホテル&リゾート

    この写真を見てください。

    北こぶし知床ホテル&リゾート

    ホテルのどこだと思いますか?
    正解はトイレです!
    初めてこんなにきれいなトイレをみました!
    ロビーには、『森の散歩道』があります。

    北こぶし知床ホテル&リゾート

    こちらで観光のオプションに申し込むことが出来ます。
    また、足湯が有ります。ゆっくりしたいですね。

    北こぶし知床ホテル&リゾート宿泊ツアー

    KIKI知床ナチュラルリゾート

    ロビーはこのようなイメージです。

    KIKI知床ナチュラルリゾート

    すごくきれいですよね。
    ロビーの各所にはこのようにくつろぎスペースもあり大変好評とのことです。
    私が行った際には、寝ているお客様もいらっしゃいました。それほどくつろげます。
    また、アロマもたかれてます。
    特別に大浴場も見せて頂きました。
    中のお風呂と、露天風呂があります。

    • KIKI知床ナチュラルリゾート
    • KIKI知床ナチュラルリゾート

    KIKI知床ナチュラルリゾート宿泊ツアー

    夕陽のあたる家

    https://www.yuuhinoataruie.com/

    北こぶしグループのゲストハウスとしてオープンした宿泊施設です。
    こちらの特徴は、知床の8大名所の1つである『夕日台』に隣接しています。
    ロビーの様子はこちら↓

    夕陽のあたる家

    全て宿泊者限定利用です。
    また、お部屋はこちらです。
    和洋室が特に人気という事で、見せて頂きました。
    ご家族に大変人気です。
    大浴場はこちらです。

    • 夕陽のあたる家
    • 夕陽のあたる家

    個人的に『北こぶしグループ』かなりおしゃれでインスタ映えするホテルだと思います!
    是非道東知床に訪問の際にはご宿泊を!

    知床第一ホテル

    知床1!ご家族に人気のリゾートホテルです。
    温泉、大浴場も豊富、またプールもありチェックインの前に利用も可能なのでお子様連れにもカップルにもお勧めです。

    人気のお部屋のイメージ

    知床第一ホテル

    この奥には畳もあるのでお子様連れのかたも安心してご利用頂けます。

    こちらのホテルなんと、道内ではCMも流れる程の有名なところが有ります。
    『レストラン』です!
    知床の食材を十分につかったお食事です。

    レストラン会場

    • 知床第一ホテル
    • 知床第一ホテル

    是非リゾートホテルが好き!という方は利用してみてください。

     

    知床第一ホテル宿泊ツアー

    知床ツアーはこちらから


    4. おまけ

    知床エリアから女満別空港の間で行くことが出来る観光スポットをご紹介します。

    オシンコシンの滝

    チャラセイナ川の河口付近にある滝です。

    場所はこちら

    『日本の滝100選』にも選ばれました。

    オシンコシンの滝

    また、途中、水流が2つに分かれている事から別名『双美の滝』とも呼ばれています。
    今回私は、下からのみ滝を見ましたが、実際には滝の上に展望台があり『オホーツク海』と『知床連山』を遠望することが出来ます。
    冬の流氷の季節には白い海原が見れるとのことなので是非皆さんも行ってみてください!

    能取岬

    まずは場所から確認しましょう!↓

    レンタカーがないといけない場所です。
    レンタカーを借りて旅行に行かれる方は是非行ってみてください。
    こちらも帰りの女満別空港に向かう途中に立ち寄れるポイントです。
    ここでは運が良ければ向かう途中野生の動物たちにもめぐりあうことが出来ます!
    ちなみに嵐のCMの撮影でも有名です!嵐ファンのみなさん!必見ですよ!
    オホーツク海に突き出た岬で突端には灯台がありますので天気が良ければかなりの絶景を拝めるはずです!

    で・す・が・・・・今回はあいにくの天気だった為こんな感じでした↓泣

    能取岬

    う~~~残念だ泣
    次回もっと天気がいい時に行ってみたいと思います。

    知床 天に続く道

    約18キロの直線ルート(国道334号・244号泉/斜里国道)道の先が【天】につながっているようにみえることから、この愛称が付けられています。
    今はやりの『インスタ映え』スポットです。

    天に続く道

    夕陽が沈む頃狙うとキレイに取れます。

    知床から、女満別に向かう帰路にて車で通る事が出来ます。

    いかがでしたしょうか。
    是非皆さんも道東へ出かけてみませんか?

    北海道旅行はこちら

    国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP