ホワイト・ベアーファミリーが運営する
合宿会議・研修旅行・社員旅行の専門サイト「社員旅行革命」

お問い合わせ・ご相談

お電話でのご旅行のご予約・ご質問はこちらまで

東京050-3816-6161大阪06-6371-8048

月~金 10:00~17:00 /土・日・祝 休業

【GoToトラベルキャンペーン】10/1より東京都民の方も割引販売スタート!しろくまツアーなら旅行代金の最大50%還付!(一部商品除く) 【withコロナ時代の新旅行スタイルについて

幹事必見!宴会での挨拶はこんなにある!

GoToトラベルコンシェルジュ

社員旅行の宴会の幹事に指名され、大事な宴会を取り仕切ることになりました。宴会での挨拶は何があるのでしょうか。ここでは、一般的な社員旅行の宴会の挨拶について述べてみます。会社ごとに、少しずつ違ってきますので、経験者に確認を取りながら進めてください。

主な挨拶の順番

どの宴会でも基本的な流れは同じです。主な挨拶は、次の5回あります。

1、開宴の言葉2、はじめの挨拶3、乾杯の音頭4、締めの挨拶5、閉宴の言葉

これらの挨拶のうち、1と5は幹事が行います。他の挨拶は、事前に誰かにお願いしておかなくてはなりません。

挨拶を依頼する

挨拶を誰かに頼めば良いのかは、ある程度決まっています。

はじめの言葉は、一番役職が上の方にお願いします。

乾杯の音頭は、3番目に役職が上の方にお願いします。または、元気な若手社員に任せても面白いです。元気良くやる気に満ちた乾杯になり、会を盛り上げてくれます。

締めの言葉は、2番目に役職が上の方にお願いします。

いずれも、何日か前にはお願いして了解を取っておきましょう。当日の宴会をはじめるときか、挨拶をする直前に、再度お願いに行きます。

挨拶の例文

では、宴会の流れに沿って、幹事が言う挨拶の例文を見ていきましょう。

1、開会の言葉開宴の言葉と簡単な自己紹介をします。社員旅行に合わせた前振りを言うと良いでしょう。

「本日はお忙しい所○○社員旅行にご参加くださりありがとうございます。極上の温泉に浸かって、リラックスできたかと思います。これよりお待ちかねの宴会をはじめさせていただきます。本日の司会は、○○の○○が務めさせていただきます。不慣れな所もあるかと思いますが、最後まで皆で盛り上げていきましょう。ご協力のほど、よろしくお願いします。」

2、はじめの挨拶はじめの挨拶をお願いした方を紹介します。かなり上の役職の方になりますが、挨拶が長い方なら事前に3分以内にとお願いしておいた方が良いでしょう。

「それでは、○○の○○様にはじめの挨拶を頂戴したいと思います。○○様よろしくお願いします。」

幹事は、はじめの挨拶が終わったときにお礼を言います。挨拶中の印象的な言葉を入れると、気の利いたお礼になります。

ご芳志の紹介会費以外の志を頂いていれば、紹介します。複数頂いているときは、役職が上の人から順に読み上げます。

「ここで、○○様よりご芳志を頂いておりますので、ご紹介致します。」

3、乾杯の音頭乾杯の音頭をお願いした人を紹介し、グラスにお酒が注がれるのを確認したら、爽やかにスピード感をもって、乾杯の音頭をお願いした人に引き継ぎます。

「それでは、○○様に乾杯の音頭を頂戴したいと思います。皆様お手元のグラスに飲み物をご用意ください。」

「グラスの用意が調ったようですので、乾杯に移りたいと思います。○○様、乾杯のご発声をよろしくお願い致します。」

乾杯が終わったら、しばらくは会食と歓談の時間になります。

「それでは目の前のお料理を頂きながら、しばらくご歓談ください。後ほど、余興やビンゴ大会など用意しております。声をおかけしますので、大いに盛り上がりましょう。」

会食の間、幹事は暇にはなりません。積極的に皆の中を回り、接待をします。お酌をしたり、飲み物の注文を取ったり、料理を取り分けたりしましょう。

4、締めの挨拶会場は盛り上がってざわついていますが、拍手をしてもらったり、大きな声で話したり、皆の視線を集めてから、締めの挨拶をお願いした方の紹介をします。

「皆様、残念なことにお時間が迫ってきました。ここで、締めの挨拶を○○様にお願いしたいと思います。○○様よろしくお願いします。」

最後に、手締めをします。誰かが音頭を取るのかは、事前にお願いしておきましょう。この人でなければという方が必ずいるはずです。

あるいは、締めの挨拶と同じ人にお願いしておくと、流れがスムーズになります。1本締めか3本締めかなど、手締めのやり方は慣例に倣います。

5、閉会の言葉宴会が終わりになったことをはっきりと知らせ、滞りなく宴会が終わったことに感謝して、閉会の言葉を言います。忘れ物が無いか、具合の悪い人はいないか全体を見ながら、確認することも大切です。

「これで○○会を閉めさせていただきます。皆様ご参加いただきありがとうございました。」

「ここで一旦○○会をお開きとさせていただきます。皆様、どうもありがとうございました。お忘れ物などありませんようにお願い致します。」

最後に、2次会の案内をしておきましょう。次のお店の名前や集合場所などを知らせます。幹事の中に道案内役を決めておくと、混乱しません。

「まだ楽しみたい方のために、2次会を○○で予約してあります。ぜひご参加ください。集合場所は、○○です。幹事の○○がご案内します。」

以上が宴会でする幹事の主な挨拶です。幹事になったら、挨拶文を作り暗記しましょう。余裕ができ、自信をもって宴会の進行に専念できます。トラブルが発生しても落ち着いて対処できるでしょう。

(画像は写真ACより)

人気モデルコース

お問い合わせ・ご相談は
こちらから!