ホワイト・ベアーファミリーが運営する
合宿会議・研修旅行・社員旅行の専門サイト「社員旅行革命」

お問い合わせ・ご相談

お電話でのご旅行のご予約・ご質問はこちらまで

東京050-3816-6161大阪06-6371-8048

月~金 10:00~17:00 /土・日・祝 休業

【GoToトラベルキャンペーン】10/1より東京都民の方も割引販売スタート!しろくまツアーなら旅行代金の最大50%還付!(一部商品除く) 【withコロナ時代の新旅行スタイルについて

群馬県の有名な温泉地でリフレッシュしながら合宿!

温泉が点在し、観光地がそろう群馬

関東の北西部に位置する群馬県は、たくさんの温泉やスキーリゾートとして人気の観光地です。自然も豊かで年中みどころ満載の群馬県。

ここでは県内の3つの有名温泉地である尾瀬エリア、猿ヶ京エリア、水上エリアでの合宿について取り上げます。合宿しながら温泉に癒される群馬への旅を企画しましょう。

尾瀬 戸倉温泉エリア

尾瀬は群馬県を含む3県にまたがる盆地形状の高原で、2007年に国立公園として指定され、多くの観光客が訪れる人気観光地。ミズバショウをはじめとする貴重な植物や、本州最大をほこる雄大な湿原の風景は見るものをあきさせません。

地域の尾瀬戸倉観光協会がサッカー場、野球場、テニスコートを所有しており、夏には高原の涼しい気候であることから、スポーツ合宿に適しています。3つの温泉宿を紹介します。

肌がすべすべになる尾瀬戸倉温泉をひく尾瀬戸倉マルイ旅館は、独自に体育館を所有しています。体育館の広さは132坪でダンス、バレーボールやバドミントンなどさまざまなスポーツでの利用可能。

食事は旬の食材を中心にして、合宿用にボリュームのあるものを用意してくれるので年齢が若い層を中心とした合宿にはうれしいところ。費用は合宿プランなら1泊2食つき¥6300(税込)~。

次に尾瀬戸倉源泉掛け流しの旅館玉泉。大人数に便利な大広間、29名乗りのマイクロバスを完備。近隣の公営体育館やグラウンドへの送迎が可能です。費用は1泊3食つきにて¥6500(税別)~とリーズナブル。20名で貸切も可能です。

また戸倉旅館も専用体育館を所有。バスケットボール、バレーボール、バドミントンや卓球などが可能です。料理は旬の食材、地元の食材、そして自家菜園で採れた野菜などを堪能できます。

また登山やトレッキングのために早朝出発する方向けに朝食をおにぎりやお弁当にしてくれるサービスも。費用は1泊2食つき¥7200(税込)~。合宿に関する予約フォームがサイト上にあるので参考にしましょう。

尾瀬 戸倉温泉エリアへは東京方面から関越自動車道より沼田I.Cへ。電車の場合は東京駅からJR上越線または北陸新幹線にて。最寄りの沼田駅までが約2時間です。

猿ヶ京温泉エリア

猿ヶ京温泉は温泉につかり、キャンプやカヌー、トレッキングを楽しむ観光客に人気のエリア。ユネスコエコパークに登録されている谷川連峰三国連山の雄大な景観に抱かれる温泉地です。

古くは三国街道を往来する人々の宿場町として栄えました。温泉は無色透明、湯量は豊富。時を超えて旅人を癒す温泉地の宿をご紹介します。

清野旅館は客室21室、収容80名。ゼミ合宿や湯治で猿ヶ京に訪れる方に人気の宿です。各部屋にバスやトイレがありませんが低料金。合宿プランとして1泊2食つき一般¥6700(税別)~。

こちらは40名以上で貸切も可能です。120畳の広い多目的ホールを完備(別途有料)。ホールはダンス、オーケストラなどの練習ホールや研修室、そして会議室などに利用できます。常温と低温の温泉が楽しめます。

スポーツ民宿ふじやは合宿の受け入れに力を入れる宿。客室12室、収容60名で、大広間、洗濯機、製氷機などスポーツ合宿向けの施設です。宿の前には旧三国街道の散歩コースもあり気分転換も可能。

宿に隣接し3つの専用体育館を所有していることにも注目。主にバドミントン、バスケットボールをメインに、ほか吹奏楽などにも対応。一般1泊2食つき¥6800(税別)ですが、合宿団体の場合は費用を問い合わせましょう。

旅籠しんでんは趣ある露天風呂を楽しめる宿。体も心もゆっくりとくつろげます。こだわりの手作り季節料理も好評で、毎日その日の分だけ打つ自家製手打ちそばが自慢です。

団体向けの宴会場や自社体育館、グランドゴルフ・ゲートボールなどができるコートを完備。30名までの会議室は1日¥2000。費用は1泊2食つきで¥8000代~。団体の場合は問い合わせましょう。

猿ヶ京温泉エリアへは東京方面から約2時間。関越自動車道より月夜野I.Cへ向かい、国道17号線を約20分で到着。電車の場合はJR上越線で上野駅より乗り換えありにて後閑駅、その後バスにて約35分。また上越新幹線なら上野駅から70分で上毛高原駅、その後バスにて30分。

水上温泉エリア

上越線の開通により発展を遂げた水上温泉。水上駅までが開通し、それまでは2~3軒の旅館しかなかったが急速に発展していきました。

利根川上流の渓流沿いに大小の宿泊施設が建ち並び、古くからの温泉街の情緒と雄大な渓谷美は旅する人々を魅了します。近年水上温泉を含むみなかみ町を中心に「みなかみユネスコエコパーク」として登録されました。水上温泉近くの2つの宿を紹介します。

泊まれる学校 さる小は、廃校となった小学校を活用して宿泊施設となった宿泊施設です。広々グラウンド、夏はプール、シアタールームとして使用できる視聴覚室、そして自分たちで調理ができる家庭科室などを1日1組にて貸切できます。最大利用人数は120名(寝具:布団100セット、寝袋70セット)。

費用は人数によって1人あたりの金額が異なり、10~19名なら¥4500、50名以上なら¥3300などとなっています。別途料金で食事つきにすることも可能。入浴の際は近隣の温泉施設に行くこともできます。貸切で自由に使える大型施設、いつもと違う合宿に適しています。

次に民宿 関ヶ原をご紹介します。水上高原の大自然に包まれる家庭的な民宿。部屋は和室と洋室両方、部屋にはバス・トイレはありません。食堂は50名以上が一度に座れます。費用は1泊2食つきで平日が¥7000、休み前は¥7500。

自家栽培の野菜や、地元の食材をふんだんに使用した食はボリュームたっぷり。また自家農園では田植え、稲刈り、ジャガイモ掘りなど季節に応じて農業体験も可能です。周辺の温泉を巡り、夜には高原で宿泊して合宿はいかがでしょうか。

水上温泉エリアへは東京から車で約2時間。練馬I.Cから関越自動車道にて90分で月夜野I.Cへ。上越新幹線なら89分で上毛高原駅へ。駅からはバス利用となります。

東京からほど近く、大自然のなかで合宿

群馬は東京からもほど近く、1泊の合宿でも十分楽しめます。連泊でもリーズナブルな宿、またスポーツ系の合宿などにも充実した設備をほこる宿がそろいます。温泉に入りながら気分をかえての合宿を企画してみましょう。

人気モデルコース

お問い合わせ・ご相談は
こちらから!