ホワイト・ベアーファミリーが運営する
合宿会議・研修旅行・社員旅行の専門サイト「社員旅行革命」

お問い合わせ・ご相談

お電話でのご旅行のご予約・ご質問はこちらまで

東日本発050-3816-6161西日本発06-6371-8048

月~金 10:00~17:00 /土・日・祝 休業

GoToトラベルキャンペーン最新情報(10/1更新)

社員旅行withコロナのすゝめ ~GoToトラベルの活用術まで~

GoToトラベルコンシェルジュ

「頑張った社員や仲の良い同僚と旅行に行きたい、でもコロナが不安・・・」
「社員旅行に行きたいけど今行っていいのだろうか・・・?」
「社員旅行の代わりに、別のイベントを企画した方がいいのかな・・・」
そんな悩みをかかえる中小企業の社長さんや幹事さんはたくさんいると思います。
今回は、そんなコロナ渦で社員旅行を実施するための気をつけるべきポイントや、今流行りの社員旅行をご紹介させて頂きます!

1. まずは知ることが大事 航空会社、宿泊施設の取り組みに関して

「こんな時期に社員旅行なんて!」「行きたいけど飛行機やホテルなどは危ないのでは?」そんな社員旅行に対しての現場からの不安の声もまだまだ多いのではないでしょうか。コロナ禍での旅行の不安を払拭するために、まずは知ることが大事です。ここでは、旅行の際には必ず利用する交通機関や宿泊施設のコロナ対策について紹介させて頂きます。


▶航空会社の感染症対策について

航空会社コロナ感染症対策

旅行と言えば飛行機、でも飛行機は密だから不安という方が多いと思いますが、それは間違いです。例えばANAの機内ですが、病院の手術室と同じ精度の高性能フィルターを全機材に完備していて、3分に一回すべての空気を入れ替えているようです。言われてみれば機内でクラスターが発生したというニュースは聞いたことがないですよね。実は機内はとても清潔なんです。社員旅行である程度人数が多くても、機内ではマスクをし、あまり騒がないようにすれば心配することはないでしょう。

▼主な航空会社の詳しい感染症対策こちら
ANA(全日空) JAL(日本航空)


▶宿泊施設のコロナ・感染症対策について

宿泊施設コロナ感染症対策

旅行する上で一番のポイントは宿泊施設だと思いますが、宿泊施設も様々な人々が行き交うので、コロナ感染の不安を感じますよね。私も個人的に気になったので東京・大阪のホテルを30軒ほど回って見ました。
結果、私が見た全てのホテルで、入館時またはチェックイン時に検温とアルコール消毒を行っていました。37.5度以上熱がある人は当然泊まれません。また20軒ほどのホテルが自動チェックイン機を導入していました。知らない人との接触を避けられるので安心ですね。
さらに、例えば星野リゾートが運営する「星のや」や「界」ではお部屋までスタッフが案内し、室内でチェックイン手続きを行うそうです。コロナ禍でも安心して泊まれるよう各施設が最大限の努力と工夫をされているのが現状です。泊まり先のコロナ感染症対策はきちんと確認した上で、泊まる側も受け入れ側も安心して滞在できることが重要です。

▼宿泊施設の詳しい感染症対策の例はこちら
星野リゾート WBFホテル

2. 今だからお得?社員旅行の行き先選びのポイントや時期

gotoトラベルキャンペーン

コロナで最も被害を受けた観光地や宿泊施設、旅行会社を救済するため、今はかつてない規模の割引やキャンペーンが実施されています。その代表的なキャンペーンが「GoToトラベルキャンペーン」です。
さらにGoToトラベルキャンペーンとは別で、各地方自治体が独自のキャンペーンも並行して行っています。
GoToトラベルキャンペーンは団体ツアーや社員旅行でももちろん利用できます。ここではそのキャンペーンついてご紹介させて頂きますので、旅行先選びの参考にしてください。


▶GoToトラベルキャンペーンとは?社員旅行も適用できるの?

GoToトラベルキャンペーンを一言で言うと、国内旅行の旅費が半額になるキャンペーンです。
半額のうち35%は旅行代金や宿泊代金から割り引き、15%は現地で利用できるクーポン券になります(1泊あたりの最大割引金額設定あり)。2021年1月31日までのキャンペーンなので、正直利用しないと損ですね。
ただ、GoToトラベル対象ツアーを見つけて計算して、追加手配で何がどれだけお得になるかまた確認して...と中々面倒だったりします。計算が早い方は良いですが、時は金なり。旅行慣れしていない方や忙しい方は、旅行会社に希望だけを伝えて丸投げしてしまうのも一つです。

▼GoToトラベルキャンペーンの詳細はこちら
GoToトラベル事務局公式HP

GoToトラベルコンシェルジュ

▶各地方自治体の独自キャンペーンをご紹介

GoToトラベルとは別で、各地方自治体が観光産業復活のために独自のキャンペーンを実施していたりします。
例えば東京都では都民限定にはなりますが、宿泊費を最大5,000円補助するキャンペーンが10月23日からスタートします。GoTo割引との併用も可能で、例えば、1人10,000円の宿泊料金の場合、GoToトラベル35%割引適用で6,500円に、東京都民なら5,000円割引で支払額は1,500円になります。さらに、地域共通クーポン2,000円分が貰えます。(最大10割お得www)
社員旅行の旅行先が決まってない場合は、よりお得に旅行が出来る地域を選ぶのもありですね。

▼各地方自治体のキャンペーンの詳細はこちら
自治体の観光支援策まとめサイト

3. コロナ渦の今、流行っている社員旅行とは!

実際、ではこの'withコロナ'時代の社員旅行はどうなっているのでしょうか。
今までは、大型ホテルにバスツアー、宴会場を借りて・・・というのが定番になっていましたが、人数や目的によって社員旅行も多様化していっています。特に'近場'や'密回避' がキーワードになっているようなプランが人気です。いくつか具体例をあげてみましょう。


▶開放的な場所を選ぶ!バーベキュー&グランピング

パームガーデン舞洲 グランピング

とにかく今はバーベキュー×社員旅行が大人気。外での食事で3密回避が人気の理由です。コロナ前にはなかった冬のバーベキュー需要も増えているみたいですよ。バーベキューは人数が多くても、野外なので安心ですね。皆での作業もあるので、一体感が生まれるところも人気があるポイントでしょう。バーベキュー施設だけだとGoToトラベルの対象にならない場合もあるので、施設登録をしているグランピング施設などのバーベキューを探してみるといいでしょう。

▼バーベキュー×社員旅行で人気の施設はこちら
関東周辺の人気グランピング施設まとめサイト
関西周辺の人気グランピング施設まとめサイト


▶他のグループに気兼ねなく楽しむ!一棟貸し切り

大型ラグジュアリーヴィラ ゼニス

他のお客様との接触をさけるため、一棟貸し切りでの社員旅行も増えているようです。まわりを気にせず過ごせるので、今後の社員旅行の新しいスタイルになりそうですね。最近は少人数から大人数で泊まれるコテージなども増えてますので、のんびり日々の仕事の忙しさを忘れて滞在できて、食事会なども気兼ねなく楽しめるような社員旅行も良いのではないでしょうか。

▼一棟貸し切りの施設の一例
大型ラグジュアリーヴィラ ゼニス(京都)


いかがでしたでしょうか?まだまだ社員旅行や団体旅行は懸念されることも多いと思いますが、時期や時間をずらしたり、今までとは少し違ったスタイルで、慰安旅行や研修旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。
社員旅行を検討されている方々の参考になれば嬉しいです。

GoToトラベルコンシェルジュ

人気モデルコース

お問い合わせ・ご相談は
こちらから!