×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

【体験記】世界遺産「ハロン湾」1泊2日クルーズに参加してきました!

ハロン湾クルーズトップ

ハノイ旅行で超有名な観光地、世界遺産の「ハロン湾」。今回ハロン湾に1泊2日で滞在するクルーズ「パラダイス・エレガンス号」クルーズに参加してきました!ハロン湾に沈む美しい夕日や、船の上でのコース料理など日帰りでは楽しめない魅力をお伝えします!

はじめに

ハノイに観光目的で訪れる人の半数以上が観光するという世界遺産「ハロン湾」。

ハロン湾を訪れる人の多くは日帰りクルーズを利用しますが、正直日帰りだけでは勿体ない!なぜなら、ハノイ市内からハロン湾までは片道約3時間~3時間半、往復だと6時間~7時間程が移動時間に費やされ、日帰りクルーズだと長くても5時間の滞在となり実際観光出来る時間は想像以上に短いのです。

そこでおすすめしたいのがハロン湾に1泊する船上泊クルーズプラン。
ハロン湾に沈む夕日から船から楽しむ満天の星空、そして朝日と美しい風景を堪能することが出来るのです。

さらにこのクルーズ、滞在中のお食事やアクティビティ(一部除く)がすべて宿泊料金に含まれているという大満足の内容!
まだまだ日本人の方にはなじみのない船上泊クルーズを、今回実際に船に泊まって体験してきましたのでその様子を細かくお伝えします!

ハロン湾宿泊特集はこちら

1、初めて体験!ハロン湾クルーズ1泊2日ツアーへ!
移動→下船まで ~船での流れをご紹介~

今回私が実際に宿泊した行程の乗船から下船までの流れをご紹介していきます!

通常、ハロン湾クルーズへの参加は旅行会社でツアーと一緒に申し込むか、自分でオプショナルツアーサイトで申し込む方法が一般的です。
また、今回泊まった「パラダイス・エレガンス」号はハロン湾に多数あるクルーズ船の中ではハイグレードな船にカテゴリーされています。
もっと予算を抑えたい人には3つ星ランク相当の船も運行がありますので、予算と行程にマッチした船を選べます♪

1-1:ハロン湾へはどうやって?ハノイ市内~乗船まで
  移動→チェックイン

それでは、早速ハロン湾までの移動と船での滞在の詳細をご紹介♪

ハロン湾クルーズ発着地の船着場までは車での移動です。
朝7:30頃ハノイ市内の集合場所を出発して片道約3時間半かけてハロン湾を目指します。
途中お土産店への立ち寄り休憩は挟みますが、それ以外はずっと車での移動、結構長いので疲れました。
1時間半ほど車で走ったところでショッピングも兼ねて休憩に立ち寄ります。

お土産店

ベトナム民芸雑貨やスナック菓子などが売られています。

11:00頃にやっと念願のハロン湾に到着!船への乗船手続きの為まずはカウンターに立ち寄ります。
係員にパスポートを提示すると、荷物の引き換えタグとエレガンス号利用者であることがわかる黒いバンド、客室のカードキーが貰えます。

チェックイン

これを腕に付けると、テンションも上がってきます!

今回私が船上泊クルーズを体験したのが「パラダイス・エレガンス」号。

ハロン湾クルーズではいくつかの船会社が催行していて、それぞれのクルーズ船により立ち寄るスポットや参加出来るアクティビティ、お食事の内容は異なっています。

船の予約時、自分の予算や希望の体験内容をしっかり伝えてイメージに合った船を選ぶことも大切ですね。ちなみに私たちは食事の評判が良かったので、この船を選びました♪

船外観

12:00頃いよいよ待ちにまった乗船開始!

乗船後、まずはみんなでレストランに集合。
船長さんの挨拶から始まりスタッフの紹介、今回のクルーズの航路や行程の確認を行います。行程説明は全て英語。聞き取れなくてもお部屋に行程表があるのでご安心を。

説明受けている間にだんだんと船は船着場を離れ、クルーズが開始されます。
スタッフ紹介の後は歓迎のダンス?を女の子のスタッフさんたちが踊ってくれます。説明も英語ですが'楽しんで!'という気持ちが伝わってくるようでテンションがあがってきました!

紹介中

紹介と行程説明の後は、一度解散して自分たちのお部屋へ。ここで初めて今回1泊2日お世話になる船室とご対面!

今回私たちが宿泊したのが「キャプテンビューテラススイート」というカテゴリーの船室。パラダイス・エレガンス号のなかでも1番高価なお部屋とのことでした♪

  • 船室写真
  • 船室写真2

ちなみに1番お手頃価格の船室は「デラックスバルコニーキャビン」。

ただ、一番お手頃といいながらも船室は25平米の広さがあり、すこし手狭にはなりますがエキストラベッドを入れてトリプルで利用することもでき、1泊2日のクルーズには十分の広さだと思います。

ベッドは「ハリウッドツイン」仕様ですので、希望に合わせてダブルベッド仕様・ツインベッド仕様に変更が可能です。
ご希望のベッドタイプを指定されたい方はあらかじめ予約の際にリクエストをしてみてくださいね。
ベッドの高さがかなり高く、寝相が普段悪い人や小さなお子様は落ちないよう注意が必要です!

客室の詳細は
2-1. 船室の紹介 で詳しくご紹介していきます♪

1-2: いよいよクルーズ船「パダライス・エレガンス号」へ!満喫の1泊2日体験記
  船上でのアクティビテイ+お食事

ここで今回乗船している「パラダイス・エレガンス」クルーズの2日間の行程をご紹介。

スケジュール表

このスケジュールに沿って進み、アクティビティは基本的に自由参加型、一部有料のツアーがあります。
時間ごとに様々なアクティビティがあり、クルーズ旅行初心者の方にありがちな「船の上で一体なにをして過ごせばいいの?」と手持ちぶさたにはなりませんのでご安心ください。
アクティビティ開始前には船内にアナウンスが流れますので、参加を逃すこともありません!

それでは、今回私たちが実際に参加したアクティビティの様子も含めて、スケジュールに沿いながら滞在中の流れを早速ご紹介していきます!

【1日目】

・まずはお昼ご飯♪

13:00過ぎから3Fレストラン「MRAIN LESTAURANT」にてランチタイムが始まります♪

滞在中の食事は全てツアー代金に含まれていますのでお金の心配もなく安心です(※ドリンク類は基本的に有料)。

ランチはインターナショナルブッフェ。ベトナム料理から中華料理にイタリアン料理(なんとお寿司もありました!)まで幅広くメニューがそろいます。
人気のデザートやフルーツはけっこう早いタイミングで売り切れてしまっていました。

昼食写真

・最初のアクティビティ パール工場見学&カヤック体験

昼食後、14:30頃参加希望者は船のメインエントランス付近に集合。小型ボートに乗り換えて海上にある「パール(真珠)工場」へ。

パール工場

パール工場見学のみであれば、参加費無料のアクティビティです。ここでパールの購入も可能なので、購入希望者はお金をお忘れなく!

また、希望者は有料(1人20$)でカヤック体験も可能です。

カヤック体験をする人は、濡れても大丈夫なよう水着を中に着てカヤックを楽しんでいました。
約30分くらい自由にカヤックを楽しめます。カヤック体験に参加するなら、水着と日焼け止めは必須ですよ!
(私たちは、照りつける日差しへの恐怖とカヤックは未体験であること、また女子2人ということもありパール工場見学後は工場2階の休憩スペースでゆったりと風を感じながら休憩タイムを楽しみました。)

カヤック

すべてのアクティビティは参加・不参加が自由ですのでアクティビティに参加せず船や最上階のサンデッキなどでゆっくりするものもちろんOKです。

・鍾乳洞見学

次のアクティビティは鍾乳洞見学。

16:00頃再びエントランスに集まって、スンソット洞窟へ!

洞窟1

滑りやすいところを歩きますので、スニーカーなどの歩きやすい靴での参加がオススメです!

洞窟2

中はかなり広く、まるで異世界に来たかのような不思議な空間が広がります。アップダウンもあるものの、鍾乳洞内部は涼しいので快適に散策することができました。

洞窟

たまに上から水滴が落ちてきますので、足元はかなりすべり易くなっています。
鍾乳洞を登って行くと、ハロン湾のビューポイントに到着!

洞窟ビュー

まさにハロン湾!高台から見る風景は、遠くまで続くハロン湾の奇岩群を見渡すことができなんだかとっても気持ちの良い場所でした♪ちょっと頑張ってでも見る価値ありです★

鍾乳洞内部はかなりすべりやすいので、足元に自信のない方は無理せず楽しんでくださいね。

・サンデッキでのクッキングクラス

鍾乳洞探索終了後、また小型ボートに乗り替え母船であるエレガンス号へもどります。

その後、私たちは鍾乳洞探索でかいた汗を船室内シャワーで軽く流した後、お待ちかねのサンセットを楽しむため屋上のサンデッキへのぼりました。

サンデッキ

サンデッキからの眺めはまさに絶景!あたり一面を奇岩に囲まれた風景は本当に美しく、幻想的な雰囲気です。
写真を撮ったりしてハロン湾の美しさを堪能していると、次のアクティビティ「クッキングデモンストレーション」の参加者たちが続々と集まってきました。

こちらは、参加者たちの前でスタッフが揚げ春巻きの作り方を説明し、説明後実際に参加者の前でライスペーパーに具を包み、それをシェフに揚げてもらうというもの。
コンペティションになっているとのことなので、私もエントリーさせて頂きました!

春巻き作り

春巻きを巻き終わって出来上がりを待つ間に、カクテルを一杯注文♪

サンデッキ

極上の景色の中で飲むお酒ほど贅沢なものはないのではないでしょうか!

アルコール類はすべて有料なのですが、価格もビールだと日本円で約300円程度とお手軽なのも嬉しいところです。
ちなみに、支払いはすべてチェックアウト時なので船上滞在中はお支払の必要はありません。
そうこうしているうちに、いよいよ日が落ち始めてきました!

サンセット

今回はお天気にも恵まれ、ハロン湾の奇岩のなかに沈んでいく太陽を最後まで見届けることができました。
沈む瞬間のなんともいえない幻想的な雰囲気は、宿泊しなければ味わうことの出来ない貴重な一瞬です。

・お待ちかね!ディナータイム

さて、いよいよお待ちかねのディナータイム♪今回乗船しているパラダイス・エレガンス号は食事が美味しいことでも有名なので何が食べられるかとわくわくでレストランへ向かいます。

ディナータイムは18:00頃から30分ごとに希望の開始時間を指定でき、私たちは19:30~開始にしました。レストランに着くと、昼間の席と同じ席に案内されます。

アジアンテイストコースと西欧テイストコースの2種類があり、好きなコースから好きな前菜・スープ・メイン・デザートを選択することができます。
つまり、前菜はアジアンテイスト、メインは西欧テイスト、といった組み合わせもあり!
前菜・メイン・デザートはそれぞれのコースからもさらにいくつか選択が可能、どれも魅力的なメニューばかりで何を食べるかかなり悩んでしまいました。

私たちは実は辛いものが苦手だったので、つたない英語でそのことを伝えると、笑顔で「辛くないようにしてあげるよ」と言ってくれました!また、食事中も「大丈夫?オーケー?」と声を掛けてきてくれるなど、スタッフさんはとても親切でした。

  • 前菜
  • スープ
  • メイン
  • デザート

メインやスープなどは今回西欧風からセレクトしたのですが、どれもこってりしすぎずとっても美味しかったです♪一緒に行った友人は魚料理を選んでいたのですが、こちらも臭みなども全くなくベトナム風の味付けがGOODでした!最後、デザートを食べる頃には2人ともお腹がパンパンになってしましました(笑)

食後はお部屋に戻ってゆったり。私たちのクルーズは終日天候にも恵まれていて、夜はデッキから満点の星空を楽しむことが出来ました。周辺には他のクルーズ船もいて、そのクルーズ船の明かりもちらつき、心地良い風が吹いてくる・・・。
このゆったりとした時間を楽しむことこそハロン湾船上泊クルーズの醍醐味ではないかと思います。

レストラン横には「ピアノバー」というバーもあり、ここで音楽を聞きながらお酒を楽しんでいる参加者も見かけました。

ピアノバー

思い思いの時間をゆったりとした雰囲気で過ごせるのは1泊クルーズならではのポイントです。

【2日目】

・朝、サンライズ観賞からの太極拳体験

私たちが参加した時期の日の出は05:15頃ということで、その時間に眠たい目をこすりながら起床し、デッキから朝日観賞を楽しみました。

ハロン湾の奇岩の間から顔をだんだんとのぞかせてくる太陽は本当に神々しく、見とれてしまいました。

サンライズ

その後、06:30~サンデッキにて太極拳体験。

太極拳

先生を見様見真似で人生初・太極拳体験。この日の参加者は5人ほどでした。
かなり日差しは強いので、日焼け止めは必須です!先生と同じポーズをとるのが難しく、ふらふらヨタヨタしてしまいました・・・。
それでも早朝から体を動かすのは非常に気持ちよかったです!

太極拳の後、船内のバースペースにて軽食とコーヒーまたは紅茶のドリンクサービスがあります。

軽食

数種類のデニッシュやクッキーのサービス。朝食まではまだ少し時間がありますので、ここでかるーく栄養補給♪
運動の後の甘いものはいつもよりさらに美味しさUPしている気がします・・・!(笑)

・ティートップアイランドへ上陸

軽食後は部屋に戻って一度着替え、最後のアクティビティ「ティートップアイランド」へ上陸。
この島には白砂のビーチがあり、希望者は海へ入って泳ぐこともできます!ご希望の際には水着の着用をお忘れなく。

この「ティートップアイランド」はハロン湾の絶景がより高いところから楽しめると人気の島です。
いざ、私たちも階段を上ってハロン湾のビュースポットへと向かいます!

階段

この階段がかなりハードでした・・・。

普段あまり運動していないこともあり、ビューポイントに着くころには足がパンパンになってしまいました。

ビュー

お天気もよく、美しいハロン湾を見渡すことが出来ました!

1日目にいった洞窟のビューポイントよりさらに上にのぼりますので歩いている時は本当にしんどかったのですが、THE ハロン湾!という、絶景サイトなどで見たことあるような美しい風景を生で楽しむことが出来ました!

・朝食

アクティビティ後はレストランにて朝食タイム。

朝食はビュッフェ形式のメニュー+アラカルトで卵料理やフォーを好みでオーダーするシステムでした。

  • 朝食ブッフェ
  • 朝食

インターナショナルメニューがそろっています。

アラカルトメニュー

アラカルトメニューはここから好きなものをオーダーするシステムです。

ここで食べたフォーがスープの味が濃すぎず薄すぎず、私の中では今回のベトナム旅行中第一位の美味しさでした!
ちなみにオムレツもオーダーしたのですが、こちらはちょっと甘い味?で私はあんまり好みの味ではありませんでした・・・(笑)。

・名残惜しみながらチェックアウトへ・・・

朝食後、船はいよいよ港へ近づいていきます。荷物の整理をして、各自エントランスに集合して清算を行います。
もちろんクレジットカードもご利用頂けますのでご安心を♪

これで、ハロン湾の1泊2日のクルーズが終了です。帰りも行きと同様に車に乗って、市内へと帰ります。

2、もっと知りたい!「パダライス・エレガンス号」を徹底解剖!
船室の様子~パダライス・エレガンスの船室をご紹介~

全31室、4つのお部屋カテゴリーを要する「パラダイス・エレガンス」号。船の上での宿泊といいながらも移動中には揺れも感じず船酔いになることもなくかなり快適でした。

今回はアクティビティにたくさん参加したので利用しなかったのですが、実はスパや簡易ジムなどの施設もそろっているんです!

2-1. 「パダライス・エレガンス号」客室アメニティ・設備編

・船室紹介

パラダイス・エレガンスの一番ベーシックな船室は「デラックスバルコニーキャビン」。

客室は25㎡と船上での宿泊にしては広めの造り、また全室小さ目ながらもバルコニーが付いているのがこの船のオススメポイントです♪

  • DLXルーム
  • バスルーム

シャワーも可動式で使いやすさ抜群。

船の上ということもあり、シャワーの水圧を心配していたのですが、温度も水圧も申し分ないものでした。

アメニティ

歯ブラシや石鹸など基本的なアメニティも一通りそろっています。

唯一、コンディショナーはなかったので特に女性の方などで髪のパサつきが気になる方はご自身でお持ち頂くことをおすすめします!

今回宿泊した「キャプテンスイート」は、船の2階、1番端に位置していて、バルコニーの広さが魅力の客室です!
バルコニーが付いていると、ハロン湾の雄大な景色をお部屋にいながら楽しむことが出来ます♪
ちなみに、今回乗船したパラダイス・エレガンスは全ての客室にバルコニーが付いています!

2-2. 「パダライス・エレガンス号」船内施設編
 

・船内施設

◆スパ施設

船上スパ施設「LE PARFUM SPA」

スパ

全身マッサージ60分で約8,000円~。

ベトナム物価で考えれば高価ではあるものの、それでも日本で受けるよりはお安く施術が出来ます♪

◆ジム

日本人はあまり使わないかもしれませんが、一応船内にはジム施設もあり、ランニングマシンも設置されています。

◆レストラン

レストラン

船内でのお食事はすべてこのレストランにて提供されます。

窓がたくさんあり、お食事を楽しみながらハロン湾の眺めを楽しむことが出来ます♪

おわりに

今回、私は初めてのハロン湾、そして初めての船上クルーズ体験でしたが、また訪れたい!と思うぐらいには充実の1泊2日でした!

今回、私たちがクルーズを最初から最後まで満喫できたのは、船上でのお食事のクオリティーが高かった事が大きなポイントだったなと思います。やっぱり食事って大事ですよね。

クルーズ船は、3つ星ランクのお手頃価格のものから、今回ご紹介した「パラダイス・エレガンス」のような5つ星までいくつかランクがありますが、是非、ハロン湾の1泊2日クルーズの際には、船はケチらずちょっと豪勢な気分を楽しめる船にすることをおすすめします!
旅行会社に手配を頼む際は、そのあたりも相談するなどして、満足行くハロン湾クルーズ旅行を楽しんでください!

ハロン湾船上泊ツアーはこちらから

ハロン湾宿泊特集はこちら

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP