台湾土産の代名詞!地元の方おすすめパイナップルケーキ7選!

台湾のお土産といえば、多くの人がパイナップルケーキをまず思い浮かべるでしょう。お土産屋さんや空港の免税店はもちろん、台湾ではスーパーや夜市でも買うことができ、庶民に愛されているお菓子のひとつです。

台湾国内のパイナップルケーキを販売しているお菓子メーカーは非常に多く、また種類も豊富なためお土産を買う際に迷ってしまうことがあるかと思います。そこで今回は地元の方がおすすめするパイナップルケーキを紹介したいと思います。

1、パイナップルケーキとは?

パイナップルケーキ

中国語で「鳳梨酥(フォンリースゥー)」と言い、パイナップル餡を小麦粉やバターなどでつくった皮で包み焼き上げれたものがそれを指します。

1970年代、パイナップルの輸出世界第二位を誇っていた台湾で、お菓子職人さんが何かパイナップルをつかったお菓子ができないかと考えた末に生まれました。そして、各メーカーが試行錯誤をして様々な商品が発売され、ここ40年間で台湾を代表するお菓子にまで登りつめました!

2、厳選!おすすめパイナップルケーキ7選

その1 郭元益食品(グォエンイーシーピン)

郭元益食品(グォエンイーシーピン)

全国にいくつも分店を持つ老舗のお菓子メーカーの郭元益食品。台南産のパイナップルのみを使用した餡はとても深い味わいで、パイナップルケーキには珍しい正方形の形をしています。また2010年と2013年の台湾パイナップルケーキフェスティバルで金賞を受賞しています!士林本店では事前予約をすればパイナップルケーキの手作り体験(300元)もできます!

郭元益食品(本店)
住所:台北市士林区文林路546号(MRT士林駅下車)
営業時間:9:30-21:30(定休日毎月第一、三月曜日)
E-mail:pr@kuos.com.tw(予約は日本語でできます)

その2 佳德糕餅(ジャーダーガォビン)

佳德糕餅(ジャーダーガォビン)

こちらの佳德糕餅も歴史が長く、数多くの賞を受賞しています。おすすめはこちらのクランベリーケーキで、餡はクランベリーと冬瓜のミックスで二層になっているのがわかると思います。中の餡は甘酸っぱく外の皮はサクッとしていて香ばしい香りがします。さっぱりとした味が好きな方はこちらのクランベリーケーキを試してみてください。

佳德糕餅(本店)
住所:台北市南京東路5段88号(MRT南京三民駅下車)
営業時間:7:30-21:30(年末年始以外営業)

その3 秒鮮旺(ミャオシェンワン)

佳德糕餅(ジャーダーガォビン)

赤い箱が目立つこのパイナップルケーキは、2012年台湾パイナップルケーキ選手権で1位を獲得したもので、台湾国内でも手土産として喜ばれています。餡はパイナップルのみを使用したもので、果肉がぎっしり詰まっています。

また、阿里山緑茶を生地に練りこんだ緑色のパイナップルケーキもこちらの人気商品です!普通のパイナップルケーキでは飽きたという方におすすめです。

秒鮮旺(本店)
住所:台北市松山区復興北路361-6(MRT中山国中駅下車)
営業時間:9:30-19:30(定休日なし)
(台北漢中店)
住所:台北市万華区漢中街24号(MRT西門駅下車)
営業時間:10:30-22:30(定休日なし)

その4 喜之坊 Lucky Gift

喜之坊 Lucky Gift

香料、防腐剤一切なし!完全手作りのパイナップルケーキです。形は丸形で、餡はパイナップルと冬瓜のミックスとなっており、一口食べれば果肉がたくさん入っているのがわかります!元台北市長や多くの著名人もよくこのお店のパイナップルケーキをよく買っているそうです。

また、お店の名前にもある「喜」という字は縁起がよく、このお土産がいい運をもたらしてくれるかもしれません!

喜之坊 Lucky Gift
住所:台北市大安区光復南路422号1階(MRT国父記念館駅、MRT台北101世貿駅下車)
営業時間:7:30-22:00(年末年始、国民休日以外営業)

その5 微熱山丘 Sunny Hills

喜之坊 Lucky Gift

東京南青山にも分店がある『微熱山丘 Sunny Hills』、知っている方も多いかと思います。日本のみならず、上海、香港、シンガポールにも出店しており、今や台湾を代表するパイナップルのブランドとなりました。

南投産のパイナップルのみを使用し、すべての原料にこだわったパイナップルケーキは添加物一切入っていません。パッケージもオシャレでお土産で喜ばれること間違いなしです!またお店に入ると、すぐに試食とお茶を用意してくれるサービスの良さにも定評があります。

微熱山丘 Sunny Hills (台北店)
住所:台北市松山区民生東路5-36-1(MRT松山空港駅、MRT台北小巨蛋駅下車)
営業時間:10:00-20:00(定休なし)

その6 維格餅家(ウェィガーービンジャー)

台北市パイナップルケーキフェスティバルで人気賞を受賞したパイナップルケーキは、伝統的な製法でつくられており、添加物や保存料は一切入っていません。また普通の味に加え、皮の生地と餡に竹炭が入っている真っ黒の竹炭パイナップルケーキも有名です。

桃園空港にお店を出店しているだけでなく、台北市内には日本人観光客が買い物しやすいように「維格餅家 日本館」も建てられました。

維格餅家
(承徳本店)
住所:台北市承徳路三段27号(MRT中山国小駅下車)
営業時間:8:00-22:00(定休日なし)
(日本館)
住所:台北市承徳路三段37号(本店のすぐ隣にあります)
営業時間:8:00-19:00(定休日なし)

その7 老新台菜(ラォシンタイサイ)

老新台菜(ラォシンタイサイ)

今まで台北市内のお店を紹介しましたが、最後は台湾第二の大都市「高雄市」で買える絶品パイナップルケーキを紹介したいと思います。
『老新台菜』はお菓子メーカーではなく、高雄駅の近くにある台湾伝統料理のレストランです。こちらで売られているパイナップルケーキは、高雄産のパイナップルを使用し、バターと砂糖は控えめでつくられていてとてもヘルシーです。

元々レストランで食事をしたお客さんの手土産として売り出された商品であるため、個数はそんなに多くはありません。買いたい方は早めにお店に行くことをおすすめします。

老新台菜
住所:高雄市三民区九如二路227号(MRT高雄駅、高雄火車駅下車)
営業時間:11:30-14:00,17:30-22:00(定休日なし)

3、おわりに

飛行機イラスト

台湾国内では、手土産として昔からパイナップルケーキが人気でしたが、それが今や国を代表するお土産となりました。その背景には、やはり台湾では高品質のパイナップルが多く生産されていることが関係していると思います。

パイナップルケーキの種類が多すぎてどれを買えば分からない方はぜひこの記事を参考にして、自分の味の好みに合うパイナップルケーキを見つけてみてください!

台湾旅行を探すならこちら

海外旅行・海外ツアーのハッピーホリデーのTOP