×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

光の祭典!世界が注目の冬のビッグイベント「台湾ランタンフェスティバル」!

台湾旅行に今だけ使える2,000円OFFクーポン

クーポンコード:Yg4qnS

※対象出発日:2019年01月10日(木)~2019年9月30日(月)出発まで

※台湾ツアー商品

※先着100名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

詳しい条件を確認する

対象予約期間:
2019年01月01日(火)~
※先着100名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

対象出発日:
2019年01月10日(木)~2019年9月30日(月)出発まで

対象ツアー:
台湾ツアー商品

注意事項:
・1回のご予約で1グループ・大人2名様以上のお申込につき2,000円、1クーポンのみご利用いただけます。
・ご旅行代金の総額が50,000万円以上のツアーに適用となります。
・予約後のご利用はできません。予めご了承ください。
・クーポンをお取消料金などに充当することはできません。
・パッケージツアー購入後に変更し、上記対象のツアー以外となった場合はクーポンは無効となります。
・他のクーポン、割引とは併用できません。(※ポイントとの併用のみ可能です)

対象ツアー一覧へGo!!

ランタン名物のバルーン型のオブジェ

ランタンの中でも名物となっているバルーン型のオブジェ。フォトジェニックな写真が撮れます。

はじめに

みなさん、ランタンフェスティバルをご存知でしょうか?

旧暦1月15日の元宵節(ゲンショウセツ)に行われる、1990年から始まった台湾の一大ビッグイベントです。毎年会場が異なるので、普段観光で行かない地域へ行く絶好の機会ともなるこの時期。今まで台北しか訪れたことのない方もこれを機に訪れてみてはいかかでしょうか。

フェスティバルが始まった当初台湾の伝統的なデザインのランタンが多かったそうですが、最近は凝ったフォトジェニックなデザインのものが増え、海外からの来場者も増えているそうです。

今回は2017年の会場だった雲林(ウンリン)をご紹介します。
※夜空にランタンを打ち上げる平渓天燈祭とは別のお祭りになりますが、こちらではランタンで形作られた大迫力のオブジェを堪能できます!

1-1.ランタンフェスティバルの見どころ

雲林駅前と北港(ホッコウ)の2か所が会場でした。
雲林駅前の会場がメインとなっており、規模も大きいようでした。

雲林はランタンの発祥の地ということで、歴史ある場所で見ることができました。ちなみに、バスの時間帯の関係で北港のランタンは見ることができませんでしたが、こちらは伝統的なデザインがメインのようです。

開催日初日にオープニングセレモニーがあり、メインランタンの点灯式や花火が上がり盛り上がるようです。
何千個とランタンが展示されていますが、メインランタンはその年の干支がモチーフになっています。2017年は酉年でしたので鳥がモチーフになっているオブジェでした。

鳥がモチーフのランタン

その他にも日本のアニメのキャラクターやメルヘンなデザイン、川沿いにある並木をLEDで装飾したイルミネーションなどなど・・
インスタ映えしそうなデザインが目白押しで、写真を撮るのが楽しくなること間違いなし!

  • ランタンの門
  • ランタンの女性
  • ランタンのお菓子の家と動物
  • ランタンの舟
  • ランタンの龍をかたどった舟
  • ランタンのキャラクター

思った以上に会場が広く、短時間では周りきれないほど。
しかもこれで入場料無料なんです!

夜市も併設されているので台湾グルメも満喫できます。定番の台湾グルメから地元雲林グルメ、昔懐かしい縁日のコーナーもありました。
寿司は台湾人にも人気だからか、屋台の寿司まで。

夜市

アニマルモチーフの蒸しパン

アニマルモチーフの蒸しパン。どれにしようか迷いました。

屋台版のお寿司屋さん

屋台版のお寿司屋さん。日本人からすると不思議な感じですね。

ランタン会場はテーマごとに展示が分かれているので、会場入り口で配られているマップをもらってから周ったほうが効率的に回れるかもしれません。会場から駅まで距離があるので、私は周っているうちに迷子になりました。帰り道をちゃんと確認しておきましょう。

1-2:開催場所 雲林の魅力

コーヒーやしじみ、ピーナッツ、サツマイモ等の産地として有名な雲林県。雲林県西南方に位置する北港という地域は観光地が多くおすすめ。

雲林から無料のバスが出ていたのでイベント前に観光してきました。

北港の中心部にある朝天宮は媽祖廟(マソビョウ)の総本山として有名です。廟には天土聖母、観音菩薩、千里眼将軍、順風耳将軍等の神像が奉られています。

朝天宮

台湾らしいカラフルなデザインの朝天宮

朝天宮前の通りは食道や屋台、雑貨屋さん、お土産屋さんが並んでおり、とても活気があるスポットです。

中でも上新粉を使った台湾版白玉ぜんざいのお店、北港円仔湯(ベイガンユェンズタン)はおすすめです。かき氷にアズキ・緑豆・ピーナッツ・白玉が入ったほどよい甘さのスープでした。冬は温かいスープで出てくるそう。たくさんの人でにぎわっていたので人気のお店のようでした。

台湾版白玉ぜんざいのお店

北港円仔湯のスイーツ

北港円仔湯のスイーツ。モチっとした白玉とあっさりした甘さのスープは日本人の口にも合います。

朝天宮から20分ほど歩いたところに武徳宮があります。

財運の神様を祀ることで有名で、台湾中からから商売人が集まるそう。
建物がものすごく立派で遠くから見ても迫力のある造りでした。

廟前の金炉(金紙を燃やす炉)は台湾最大だそうです。
廟の近くに台湾初の廟カフェ「楽咖啡」があり、参拝後にここで一息つくのもおすすめ。

武徳宮

豪華絢爛な廟前の金炉。迫力があるデザインで見とれてしまいました。

1-3:会場へのアクセス

雲林は台湾中部に位置し、台中から新幹線で約30分の場所にあります。

台北から一番早く簡単に行ける方法は新幹線です。指定席でしたら930元で90分ほどで雲林へ行けます。雲林直通の新幹線は1時間に1本ほど。
それ以外にも台北から台中乗換えで雲林まで行く方法もあります。

ネットで前もって新幹線の席予約もできますが、当日窓口で切符と交換する必要があります。私は当日券売機で切符を購入できましたので、よほどのことがない限り満席になることはないようです。

バスで行く方法もありますが週末は渋滞することがあるので、早くたどり着きたいなら新幹線がおすすめです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ランタンを楽しむだけでなく、会場地域の観光やグルメも楽しめる楽しいイベントです。季節も蒸し暑くなる前の時期なので観光するのに適しているシーズンといえます。
2018年は台湾南部の嘉義で3月2日から3月11日まで開催予定です。

日本統治時代の建物が多く残り、パワースポットで有名な阿里山へ行く阿里山鉄道もここ嘉義が発着地となっております。

ランタンフェスティバル以外にも見どころがたくさんあるので、泊まりで出かけてもいいかもしれないですね。どこを撮ってもインスタ映えすること間違いなしの台湾ランタンフェスティバルに是非足を運んでみてください!

ランタンフェスティバル特集はこちら

台湾ツアーはこちら!

台湾旅行に今だけ使える2,000円OFFクーポン

クーポンコード:Yg4qnS

※対象出発日:2019年01月10日(木)~2019年9月30日(月)出発まで

※台湾ツアー商品

※先着100名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

詳しい条件を確認する

対象予約期間:
2019年01月01日(火)~
※先着100名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

対象出発日:
2019年01月10日(木)~2019年9月30日(月)出発まで

対象ツアー:
台湾ツアー商品

注意事項:
・1回のご予約で1グループ・大人2名様以上のお申込につき2,000円、1クーポンのみご利用いただけます。
・ご旅行代金の総額が50,000万円以上のツアーに適用となります。
・予約後のご利用はできません。予めご了承ください。
・クーポンをお取消料金などに充当することはできません。
・パッケージツアー購入後に変更し、上記対象のツアー以外となった場合はクーポンは無効となります。
・他のクーポン、割引とは併用できません。(※ポイントとの併用のみ可能です)

対象ツアー一覧へGo!!

最安値からツアーを探す

東京発
関西発
名古屋発
福岡発
札幌発
小松発
沖縄発

エリアからツアーを探す

台北
高雄

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP