直島Naoshima

『 直島はどこにある? 』
Where

直島はどこにある?

瀬戸内海に浮かぶ直島は
世界が注目するアートの聖地。

周囲16km、面積8k㎡、人口は3,100人強。

観光地である島の南半分を車で走るだけなら
20分で廻れる規模の島です。


岡山県側からは
『宇野港』よりフェリーで20分。

香川県側からは
『高松港』よりフェリーで50分、高速艇で25分。

住所は香川県ですが、位置は岡山県に近いため、
船の本数は『宇野港』からが多くなっています。


直島の見どころは大きく3つにわかれています。

フェリーが到着する島の玄関口、
赤かぼちゃのある『宮ノ浦』

小型船の港があり、家プロジェクトや
ANDO MUSEUMがある『本村(ほんむら)』

地中美術館、李禹煥美術館、
ベネッセハウス ミュージアム、南瓜がある
『ベネッセハウス周辺』


直島をめぐる上で注意することは、
Benesse House Museumを除くアート施設は
月曜日が定休日。

それに合わせて多くの飲食店や宿泊施設が、
月曜日にお休みしていますのでお気をつけ下さい。
(月曜日が祝日の場合、翌日に振替)


島全体がアートになっている直島で、
心休まる癒しのひと時をお過ごしください。

『 直島のおすすめツアー 』
TOUR

ベネッセハウス【パーク】泊

『 直島の見どころ 』
Look

『 プロがすすめるモデルコース 』
Model course

  • しろ次郎

  • アートにふれる旅ということで、直島、道後温泉、松山も楽しむ2泊3日のプランのご紹介をしたいと思います。他にも小豆島との2泊3日や高松市内に泊まる1泊3日など多数商品をご用意してますので、ぜひまわりたいところに合わせて自分のツアーを作ってみてください。

アート旅2泊3日
~1日目~
直島

  • 直島に到着したら、コインロッカーに荷物を入れて赤かぼちゃで記念撮影!

  • おうぎやで電動自転車の貸出手続き!事前にWEBで予約をしてると貸出まで手続きスムーズ!

  • 家プロジェクトやANDOU MUSEAUMなど本村エリアを散策。

  • 直島パヴィリオン
    所有者:直島町 設計:藤本壮介建築設計事務所
    明るいときはまた違った雰囲気を撮影。電動自転車を返却。

  • 歩いて、I♡YOUへ。アートな大浴場を鑑賞しながら裏手にあるリトルプラムでお食事!地ビールの直島物語で乾杯♪

  • ロッカーから荷物を取り出し、宿泊先のベネッセハウスまで送迎。

  • ミュージアムを鑑賞したら、地中美術館や黄かぼちゃでの写真撮影など自由に散策♪写真は、海の家つつじ荘で食べられるかぼちゃアイスです。

アート旅2泊3日
~2日目~
直島&道後

  • 送迎バスで宮浦港までもどり、ミカヅキショウテンでオリジナルコーヒーを購入してまったりすごすもよし!

  • 海の駅なおしまには、直島のお土産が買えるので出発の最後に購入。フェリーの時間までゆっくりお過ごしください。

  • フェリー

    14:20-15:20発のフェリーに乗って15:50発坊ちゃんエクスプレスに乗車。

  • 道後温泉駅

    道後温泉駅
    大街道からいよ鉄に乗って道後温泉へ。宿泊先に向い、夕食をご堪能ください。

  • 道後温泉本館

    道後温泉本館
    このプランでは「神の湯 階下」がお楽しみいただけます。無料で漱石ゆかりの「坊ちゃんの間」と展示室の見学が可能です。

  • 道後麦酒館 (ドウゴバクシュカン)

    道後麦酒館 (ドウゴバクシュカン)
    道後温泉本館からすぐ!出来たての地ビールはもちろんのこと、蔵元直送の蔵酒を味わえます。

アート旅2泊3日
~3日目~
道後&松山

  • からくり時計

    からくり時計
    道後温泉本館百周年を記念して作られたカラクリ時計。午前8時から午後10時まで、1時間ごとに小説「坊っちゃん」のキャラクターが登場します。

  • 道後ぎやまんガラス美術館

    道後ぎやまんガラス美術館
    赤と黒を基調にしたモダンな造りで、江戸時代のぎやまんやびいどろなど、和ガラス作品を展示する美術館です

  • いよ鉄

    いよ鉄
    愛媛県松山市を中心に走る私鉄です。観光地や空港など特典のALL IYOTETSU 1Day Passをご利用下さい。

  • 松山城

    松山城
    天守までロープウェイをご利用して頂き、絶景をたのしみながらお城を散策していただけます。

  • 坂の上の雲ミュージアム

    坂の上の雲ミュージアム
    司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』正岡子規、秋山好古、真之の松山出身の三人の主人公を取り上げながら過去から現在、未来に至る時の流れについて感じられる美術館です。

『 直島のおすすめツアー 』
TOUR

ベネッセハウス【パーク】泊

『 直島のお役立ち情報 』
Information

  • 電動自転車
    インフォメーション1
    電動自転車
    循環バスは定期的に運行していますがやっぱり自由に好きな時間でまわりたい方におススメ!自転車だと坂道が多いので電動だとアシスト付で楽々まわれます。その日に見たい施設の予定を詰め込んでいるならぜひお考え下さい。

    問い合わせ先:090-3189-0471
    受付時間:09:00~18:00
  • コインロッカー
    インフォメーション2
    コインロッカー

    到着したフェリーのすぐ近く海の駅なおしまの外に小さいものから大きなコインロッカーがあります。チェックイン前や日帰りで散策される方はぜひこちらをご利用ください。

『 施設紹介 』
FACILITY

おうぎやレンタサイクル

現代アートの聖地と呼ばれ、世界中から人々が集まる直島。
海風を感じながら自転車を走らせるのもよし、 ステキな車やMTBを使って、家族や仲間と思い出の時間を作るもよし、 動く楽しみ方はたくさんあります。
スタッフ一同、お客様の思い出作りの手助けになることを心より願っています。

  • 住所
    香川県香川郡直島町宮浦2249-40
    問い合わせ
    090-3189-0471
    営業時間
    09:00~18:00
    定休日
    無休
    レンタル料金
    電動自転車:1台 1,000円/日
    自転車(ママチャリ):1台 300円/日
    マウンテンバイク:1台 2,000円/日+保証料3,000円
    電動バイク:1台 1,500円/日

日本語版 草間彌生「赤かぼちゃ」2006年 直島・宮浦港緑地
日本語版 写真/青地 大輔

赤かぼちゃ

フェリーが直島の宮浦港に近づくと、真っ先に目に入るアート作品。
草間自身はこの作品について「太陽の『赤い光』を宇宙の果てまで探してきて、 それは直島の海の中で赤カボチャに変身してしまった」と語る。
ベネッセハウス周辺の黄色い《南瓜》と見比べたい。

  • 住所
    香川県香川郡直島町宮浦2249−49
    営業時間
    常時(屋外展示作品)
    定休日
    無休

海辺の民宿波へい

春は小鳥のさえずり、夏はセミの鳴き声でおめざめ!
当宿の目の前は海で、波止場の海風を感じながらの宿泊はなかなかのものです。寝室の窓からは星空が見えることも・・・。
朝早くお着きの場合、お電話くださればお荷物をお預かりし、ご希望があれば地中美術館へお送りします。
また、当宿泊者専用のレンタル自転車(無料)もございます。予約していただければ先着順(6台あり)でお貸しします。
直島銭湯「I ?湯」やお帰りの際の港までの送迎等、皆様のご要望にお答えしております。どうぞお申し付け下さい。 皆様の楽しいご旅行のお手伝いを致します!

  • 住所
    香川郡直島町積浦39-10
    問い合わせ
    090-1006-8237
    チェックイン
    12:00
    チェックアウト
    10:00

ベネッセハウス

「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、1992年に美術館とホテルが一体となった施設「ミュージアム」を開館しました。
以降、「オーバル」(1995年)、「パーク」「ビーチ」(いずれも2006年)の宿泊棟4棟と、 一般の方もご利用いただけるレストランやカフェ、スパ・ショップを併設しました。
施設内外には至る所に現代アートを設置しています。作品と対峙し、客室で反芻する。そしてまた作品を見て思いをはせる。
ベネッセハウスはアートと自然、建築、自分自身を多層的に、そして反復して考えを巡らすことができる場所です。
経年とともに瀬戸内海国立公園の環境と溶け込むように構成された建築はすべて安藤忠雄の設計によるものです。
長いスロープや階段、通路による移動、切り取られた開口部から注ぎ込む外光を通じて、身体全体で感じられる鑑賞体験に誘います。

  • 住所
    香川県香川郡直島町琴弾地
    問い合わせ
    087-892-2030
    営業時間
    8:00~21:00
    定休日
    会期中無休

I♡湯

アーティスト・大竹伸朗が手がける実際に入浴できる美術施設。
直島島民の活力源として、また国内外から訪れるお客様と直島島民との交流の場としてつくられたこの銭湯は、 外観・内装はもちろん、浴槽、風呂絵、モザイク画、トイレの陶器にいたるまで大竹伸朗の世界が反映されています。
また地域との協働として、施設の運営はNPO法人直島町観光協会が行っています。 浴槽につかり、全身でアートを体験してみてはいかがでしょうか?

  • 住所
    香川県香川郡直島町2252-2
    問い合わせ
    087-892-2626
    営業時間
    平日…14:00~21:00(最終受付20:30)
    土日祝…10:00~21:00(最終受付20:30)
    定休日
    月曜日
    ※ただし、祝日の場合開館、翌日休館
    鑑賞料金
    510円
    ※15歳以下210円(3歳未満は無料)

地中美術館

地中美術館は「自然と人間を考える場所」として、2004年に設立されました。
瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、 館内には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。
地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日を通して、また四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わります。
アーティストと建築家とが互いに構想をぶつけ合いながらつくり上げたこの美術館は、 建物全体が巨大なサイトスペシフィック・ワークといえるでしょう。

  • 住所
    香川県香川郡直島町3449-1
    問い合わせ
    087-892-3755
    営業時間
    3月1日~9月30日…10:00~18:00(最終入館17:00)
    10月1日~2月末日…10:00~17:00(最終入館16:00)
    定休日
    月曜日
    ※ただし、祝日の場合開館、翌日休館
    鑑賞料金
    2,060円
    ※15歳以下無料

『 直島のおすすめツアー 』
TOUR

ベネッセハウス【パーク】泊

PAGETOP