×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

沖縄・除夜の鐘と初詣スポットを紹介

首里観音堂

那覇市の首里観音堂(しゅりかんのんどう)は、琉球王朝時代から沖縄を見守り続けてきた首里12カ所の一つだ。沖縄随一の観音信仰の聖地で千手観音菩薩がご本尊。

沖縄・除夜の鐘と初詣スポットを紹介

大晦日には除夜法要が行われ、参拝者が除夜の鐘を無料でつくことが出来る。12月31日、23時30分より翌1時で終了。

初詣も参拝客で賑わう。学業成就、旅行安全、無病息災を祈る。仏前で合掌をするチワワ犬のコナンがいる事で人気だ。

アクセスは沖縄モノレール・首里駅から徒歩20分。駐車場は50台分あるが混雑するため公共交通機関の利用がお勧めだ。

普天満山神宮寺

宜野湾市の普天満山神宮寺(ふてんまんざんじんぐうじ)は、琉球王国が住民の祈願所として建立。

除夜の鐘つきは法要をした人から順に整理券が配布される(22時10分頃~0時まで)。鐘つきは22時半より。

アクセスは那覇空港から車で40分、駐車場は100台分。バス利用の場合は「普天間バス停」下車、徒歩5分。

波上宮

那覇市の波上宮(なみのうえぐう)は那覇港を望む崖の上に位置し「なんみんさん」として親しまれ、沖縄県1位の初詣スポットだ。

アクセスは那覇空港よりモノレールで旭橋駅から徒歩約15分。駐車場は20台分有り、参拝時間は10時から17時まで。

(画像は首里観音堂、公式サイトより)

外部リンク

首里観音堂

http://www.shuri-kannondo.or.jp/

普天満山神宮寺

http://futenma-jinguji.com/

波上宮

http://naminouegu.jp/

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP