沖縄観光を楽しくする方言って?

うちなーぐちも変化している?

沖縄ことばとして広く知られる「うちなーぐち」。実は沖縄本島でも地域ごとに微妙に言い方が違ったり、同じ言葉でも離島では別の言い方をしたり、と沖縄方言はかなり多様な言語とされてきました。

しかし観光で多くの人が訪れるようになり、うちなーぐちにも簡略化など色々な変化が起きています。こちらから話しかけるときにももちろん、聞くときにもうちなーぐちが少しでも分かる方がいいですよね。今回は旅のときによく使う言葉を、沖縄方言で言うとどんな言葉になるのか、旅の前におさえておきたいうちなーぐちに絞ってご紹介します。

沖縄観光を楽しくする方言って

旅の基本はまずあいさつから

まず一番に覚えておきたいのが沖縄でのあいさつ。出会った人にうちなぐーちで声をかけることができたら、ぐっと距離が縮まります。

・はいさい、はいたい沖縄で「やあ!」と声かけをするときに使うあいさつ言葉。「こんにちは」の意味です。ちなみに男性は「はいさい」、女性は「はいたい」なので間違えないように注意しましょう。

・にふぇーでーびるお礼を言うときに忘れてはいけない「ありがとう」です。

食事のときに使う言葉

旅で食事をするときによく聞くことば、言う言葉を集めました。

・くわっちーさびら「いただきます」の言葉です。くわっさーはごちそうのことで、さびらは丁寧に言うときにつける言葉。ちなみにごちそうさまは、過去形で「くわっちーさびたん」となりますので一緒に覚えておきたいですね。

・まーさん、いっぺーまさん「美味しいです」を伝えるときにはこの言葉を使いましょう。とっても美味しい、が「いっぺーまーさん」です。全部美味しいには「むる まーさん」と言います。

それどう言う意味?不思議な言い回し

旅行中、よくかけられる言葉なのですが「ええ?」と聞き返してしまいそうな言い回しがあります。

・もらう手にしていた物をさしだして「これ、もらう」と笑顔で言われて「もらう?」となってしまいそうですが、「あげる」の意味。

・いつ帰るの?こう言われると「早く帰れってことなのかな...」と心配になってしまいますが、これは「いつまでいられるの?」という意味。

・今から来るよ!「え、誰が?」と聞き返してしまいそうになりますが、これは「今から行くよ!」の意味。

うちなー方言は相手目線に立った言い回しをすることが多いので、聞いていて「あれ?」となってしまうことが多いのです。

沖縄でのおめでとうは、縁起の良い言葉

沖縄のリゾートで結婚式を挙げる人も増えてきています。また出会った相手が誕生日だった...!「おめでとう!」を言いたい...!

そんなときにはどう言えばいいのでしょうか。沖縄では「かりゆし」と言う言葉が「おめでたいこと」を表します。結婚は「にーびち」と言いますので、「にーびちおめでとう」でもいいのですが、「にーびち ぐすーじさびら」と言うと丁寧な言い回しになります。お誕生日おめでとうは「うまりびー かりゆし やいびーん」となります。かりゆしは琉球時代からある、航海の安全を祈る言葉でもあります。ぜひ使ってみてくださいね。

好きな人に伝える言葉

好き、愛していると言うときに使う言葉は「かなさん」と言います。愛おしい、に近い意味で使われます。愛さん、と変換してみるとしっくりくるかもしれませんね。この言葉もよく使われます。

困ったときにはどうする?

観光ガイドとしてうちなーぐちの日常会話が載っている本などもありますし、ネットにも沖縄方言辞典をまとめているサイトが多くあります。最近ではスマホのアプリにもうちなーぐちが登場するなど、身近な存在となりつつあるうちなーぐち。

さすがに離島の方言まで全部網羅するのは大変ですが、あいさつやお礼はすぐ言えるように、事前に調べておいて、しっかり覚えておきましょう。

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP