寒い時期こそ実は狙い目!冬の沖縄を満喫しよう

沖縄を旅行するなら、春から夏にかけての季節がベストシーズンといえますが、ベストシーズンであるがために、混雑しがちな点がネックとなります。

そこで、沖縄を旅行するなら冬をねらってみましょう。混雑度が低いために、移動などで余裕を持ちやすくなるほか、シュノーケリングツアーやダイビングツアーは冬でも行われているため、冬に海で泳ぐこともできるのです。冬の沖縄を満喫しよう

画像引用元:写真AC

沖縄の冬の気候は?

冬場に沖縄の旅行を計画している場合、気候が気になるところです。沖縄の冬の気候について見ていきましょう。

12月の前半は比較的暖かい日も多いですが、冬至を境に気温が低めになり、また、曇りがちの日が多くなります。大陸からの寒気が北から吹き付ける時、海水が蒸発して雲を作るからです。そのため、場合によっては雨が降ることもあります。

太平洋側の方ほど、「冬は晴れるもの」というイメージを持っていますが、沖縄の冬は日差しが少なめとなります。

沖縄の冬の気温について見ていくと、平均気温は17度から18度となっています。また、最高気温は20度前後、最低気温は15度前後です。

本土と比べると沖縄の冬は温暖ですが、北寄りの風が吹くこと、また、気温が低めで日差しが少ないために、やや肌寒く感じられます。

また、沖縄の冬場の海水温は、12月は23度前後、1月から2月にかけては21度前後となります。

冬に泳ぐならシュノーケリングツアーへ

冬場は、気温や海水温が低めとなりますが、保護スーツで寒さから身を守れば、海で泳ぐことも可能となります。そのため、冬もシュノーケリングツアーを行っている場合があります。

1月から2月にかけては、水温は20度を超える程度ですので、厚手のドライスーツを利用すると良いでしょう。

なお、北寄りの風が吹くことが多いため、海から上がった時、寒いと感じることがあります。事前に厚手のバスタオルなどを用意しておき、寒さ対策を万全にしておきましょう。

冬場の海は、夏場と違って混雑していないこと、しかも、透き通っていることがメリットです。また、冬場だけのお得な料金でシュノーケリングツアーを楽しめることもあります。

ダイビングは冬こそ楽しめる!

沖縄では、冬でもダイビングが楽しめます。沖縄のダイビングスポットは宮古島や与那国島など、主に離島が中心となっています。

宮古島の近くには「下地島」という島がありますが、下地島のダイビングスポットは、秋から翌年春にかけての時期が最適です。

下地島には「魔王の宮殿」と呼ばれるダイビングスポットがあり、海底に空いた穴の中をダイビングします。海底の穴の中はまさに宮殿のようで、神秘性が感じられます。

また、与那国島では、海底遺跡のダイビングを行うことができます。海底遺跡がある場所は、与那国島の南側に位置していることから、風が当たりにくい冬場ほど、ダイビングに最適なのです。

海底遺跡は、一般的には遺跡として認識されてはいませんが、城門のようなものや階段状のようなものも見られ、遺跡のような雰囲気が感じられます。遺跡であるにしろないにしろ、海底遺跡の地形を眺めながら思いをはせてみるのも良いでしょう。

屋内プールで存分に楽しむことも!

沖縄で泳いでみたいけれど、冬の寒さが苦手で、海で泳ぐことをためらうかもしれません。そのような場合は、沖縄のホテルにある屋内プールで存分に泳ぐこともできます。

那覇空港から車で約15分のところにある「ロワジールホテル那覇」には、室内クアプールがあり、年間を通してプールで泳ぐことができます。しかも、温泉水を利用したプールなので、寒さを感じることなく泳ぐことができます。

また、那覇空港から車で約40分、宜野湾市のラグナガーデンホテルでも屋内プールが楽しめます。プールで泳ぐのはもちろん、ウォータースライダーなどもあるので、子供たちも存分に楽しむことができます。

ロワジールホテル那覇

住所:沖縄県那覇市西3丁目2-1

アクセス:那覇空港より車で約15分

ラグナガーデンホテル

住所:沖縄県宜野湾市真志喜4丁目1-1

アクセス:那覇空港より車で約40分

沖縄の冬は、本土と比べると比較的暖かいですが、日差しが少なく曇りがちの日が多くなること、また、北寄りの風が吹くことからやや寒く感じられることがあります。海で泳ぐ場合は、保護スーツの着用が必須です。

また、ホテル内の屋内プールを利用すれば、冬でも存分に泳ぎが楽しめます。混雑していない冬の時期をねらって、沖縄を楽しんでみてはいかがでしょうか。

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP