オリックス自動車、「沖縄県読谷村の海に"サンゴ178本"を移植」とキャンペーンの結果報告

レンタカー利用料金の一部でサンゴの保全活動

株式会社パム(以下パム)とオリックス自動車株式会社(以下オリックス自動車)は、2016年7月1日から9月30日まで、売上の一部をサンゴの保全活動へ寄付する「レンタカーに乗って、サンゴを増やそう」キャンペーンを実施、キャンペーンの寄付で養殖サンゴ178本の移植が決定したと発表した。

沖縄県読谷村の海に

環境負荷低減のためハイブリッドカーの利用料金の一部を充当

今回のキャンペーンは期間中にパムが運営する沖縄旅行の予約サイト「たびらい沖縄」を通じて「オリックスレンタカー」のハイブリッドカーの利用料金の一部を、サンゴ移植活動の寄付金として提供、「沖縄サンゴ礁再生プロジェクト「SANGO ORIX」」を通じて、有限会社海の種(沖縄県読谷村)により実施される。

沖縄にサンゴの森を広げるために

キャンペーンは今年で4回目となる。今回の寄付金額は621,434円で2017年2月10日(金)に寄付された。用途は沖縄県読谷村海域における養殖サンゴ178本の移植活動に充てられる。

オリックスグループは、サンゴ礁が持つ高い生物多様性の保持能力を守り、美しい海を次の世代へ残すため、'国際サンゴ礁年'の2008年に「沖縄サンゴ礁再生プロジェクト「SANGO ORIX」」を開始、プロジェクト開始以降サンゴ9600本を移植、現在も沖縄県の読谷村海域などでサンゴの移植活動を行っている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

オリックス自動車株式会社のプレスリリース

http://www.orix.co.jp/auto/press/pdf/release_170214.pdf

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP