波照間島Hateruma Island

『 波照間島はどこにある? 』
Where

波照間島はどこにある?

波照間島は八重山諸島の最南端に位置し、高速船で約60分~70分ほどのところにあります。 船会社は安永観光さんを利用して頂く形となります。(片道3,090円/往復5,870円 ※2017年8月現在)

波照間島に行くには沖に出ていく為船はかなり揺れる場合があり、船にあまり慣れていない方ならチョット気分が悪くなる場合があります。 (一応、船の中にはエチケット袋がセットされていますが、乗り物酔いをする、という方は事前に薬を飲む事をオススメします。)
波照間島に行く際、八重山諸島の島々を通り過ぎていく為、船内アナウンスで近隣の島の説明などもしてくれます。 (船酔いしている時には気が紛れて有難いです。)

日本最南端の波照間島は島自体がほぼ手つかずの大自然。もちろん星空も衝撃的な美しさ。星史上、最も美しいと呼ばれる「南十字星」をはじめ 全部で88ある星座のうち、84種類が観測出来る他、もちろん天の川(沖縄弁で「ティンガーラ」)も観測することが可能です。
日本最南端の碑のあたりに行けば晴れていれば台湾も見る事が出来、本当に日本の最南端だなぁと感じる事が出来、感動間違いなしです。
ただし、波照間島は沖縄本島や石垣島よりもさらに南に位置する為とてつもなく暑いです。
私自信も、初夏に半日いただけでヤケドのような感覚になり大変な思いをしました(もちろん、日焼けケアをしていてです!!) 内地から来たらどうしてもテンションが上がって薄着になるかもしれませんが紫外線も気温も他の島より高い可能性があるので十分注意しましょう。

島自体はとても素朴て素敵な島です。1度行けばトリコになる事間違いなし!!

『 波照間島の見どころ 』
Look

『 プロがすすめるモデルコース 』
Model course

  • 大田

    沖縄現地スタッフ:メグ

  • くよーなーら(八重山方言で「こんにちは!」)

    波照間島は行くのは大変ですが(波が高く船酔いする為…(笑))、行く価値のある島です。何故なら八重山諸島の中でも1番星空がキレイだと思うからです。(あ、だから泊まって欲しいんですけどね!)

    南十字星は正直他の島でも見えるのですが、波照間で見る星はNo.1だと思います!「近い」「手が届きそう」と良く言われますがまさにそんなカンジです!さらに何と言っても「ニシ浜ビーチ」。私が知っているビーチの中でもベストオブ・ビーチだと思います!水平線がワカラナイくらい、空も海もエメラルド色。砂浜は白く、絵葉書なカンジが感動的です!

    まるで第二の実家のような民宿も多くオススメです!

しろ次郎の旅。
~島内1周~

  • 安栄観光|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    はー…やっと到着!!
    石垣港離島ターミナルから約1時間。私が訪れたのはちょうど沖縄地方が梅雨明け宣言をした6月末。この時期は南風(沖縄方言で「ぱいかじ」)が強く船もよく欠航になるらしいです。天気は最ッ高なのですが…本当に船揺れました(泣)

  • レンタバイク|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    あ、暑い…今回は原付バイクで島巡りすることに…
    元々レンタサイクルで島内1周する予定でしたがあまりの暑さに出鼻をくじかれ、チョットズルしてバイクに変更。第一島人です(笑)とても気さくに色々と島の事を教えてくれました!なんと、今日はたまたま島の運動会らしい!後でいく事に決めました♪

  • 島内一周|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    集落に向けてスタート!
    石垣島よりも遥かに暑くカンジます。暑いという表現があっているかわかりませんが明らかに太陽が近い気がしました。暑さ対策・日焼け対策をして集落の方向へGOGO!

  • 波照間のヤギ|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    ヒ、ヒ、ヒージャー♥♥♥
    スタートしてすぐに道を横断するヒージャー(ヤギ)が!!! な、なんて自由な島なのだ!そして周りを見渡せば畑の中にヒージャーが多数プラプラしていました。…今の所、島人よりヒージャーの方が多いです(笑)

  • コート盛|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    絶景のコート盛
    ヒージャーに目を取られているとポツンと石灰岩を積んだ建造物?が。何だろうとバイクを停めて見てみると竹富指定文化財の【コート盛】でした。昔ここから船の往来を監視していたみたいです。船が見えるかは別として、島は一望できました!思わぬ観光スポットに得した気分★

  • 波照間小・中学校で運動会見学。|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    波照間小・中学校で運動会見学。
    レンタバイクのオジイが教えてくれた学校へ。すると島のオジイ・オバアが集結していました。だから島内に人がほとんどいなかったのネ…(笑)私が行った時ちょうど全校生徒によるエイサー披露でした。古き良き日本の原風景が全て残っているカンジで…感動し涙が出てきました。曲は「海の声」という…最新の曲でしたが(笑)

  • 波照間のマンホール|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    マンホールまでカワイイ!
    以前、マンホールは地域の特徴が出て面白いとある人から聞いていたので散策しながら探していました。「見つけたっ」と思い近寄ってみると…さすが星空の島。星空観測タワーに満天の星空が描かれたマンホールでした。ご当地マンホールマニアになろうかと思うくらいカワイイと思いました♪

  • 日本最南端の碑|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    今回の旅の最大の目的【日本最南端】へ。
    本来はバスも往来するほどキレイな道があるにも関わらず旧道を通って行ってしまいました。車1台すれ違えない細い道に草が生い茂り、「本当にあるのかなぁ…」と不安になりながら。するとパッと視界が開けて駐車場が見えてきました。すると写真で見た事のある石碑が。第一印象は思ったよりも広いカンジでした。もっと狭いところだと勝手に想像していたからです。まずは石碑の前で記念写真を♬

  • 日本最南端の碑|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    日の丸があるからこその実感。。!!!
    大きな石碑の奥に小さめの石碑と日の丸が。ココこそが日本最南端なんだな!と、張り切って国旗の横でパシャリ。大きな石碑よりも国旗の方が個人的には最南端なんだなぁと実感しました。

  • 日本最南端の泡盛製造所|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    幻?の、日本最南端の泡盛製造所
    さらに行き進めていると日本最南端の泡盛製造所が。ここは家族経営という事もありますし、全部手作りという事もあってまず市場に出回る数自体が少なく幻のお酒と言われるらしいです。せっかくなので…と思ってお店に入ろうとしたら丁度休憩中なのか人がいらっしゃらなかったので諦めて帰りました。リベンジですね!

  • ニシ浜ビーチ|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    島の誰もがオススメするビーチへ。
    色々な場所で「波照間のオススメは?」と島人に聞いているとほぼ全員「ニシ浜ビーチ」と。もうほぼ島内も回り切ったのでビーチに向けてGO!しかし、「北」と書いて「ニシ」と読むなんて…八重山の方言は難しいネ。

  • ニシ浜ビーチ|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    なんだココはーーー!!!キレイ過ぎるぞ!
    ニシ浜ビーチへは高台から下って行くカンジなので真っ青な空⇒海の変わり目がワカラナイくらいどちらも信じられないくらいのエメラルド色で今まで沖縄で様々なビーチを見ましたが比べようがないくらいの衝撃を受けました。天国があるとしたらきっとココだと思いました(笑)

  • ペンション最南端|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    しかし暑さは限界。チョット休憩♥
    ニシ浜ビーチのすぐ横にある【ペンション最南端】の敷地内にある小さな出店?海の家?のような場所でブレイク。コーヒーに県産黒糖ソフトクリームが乗ったフロートをチョイス。さらに黒糖シロップかけ放題!疲れてカラカラの身体を潤すこの天然の甘味!!まさに至福でした!

  • 波照間旅客ターミナル|波照間島ツアー・旅行はしろくまツアー

    波照間旅客ターミナルでお土産探し♪
    船の時間まで少し余裕があったのでターミナル内のお土産屋さんへ。本当に小さいスペースにたくさんの波照間だけのお土産を置いていてワクワクしました。特にステッカーや手ぬぐい。「どう使おう。。。」と悩みますが大好きなヒージャーとホシをあしらったアイテムが多くついついお財布を開いてしまいました(笑)

『 波照間島のお役立ち情報 』
Information

  • 安栄観光
    安栄観光
    波照間島には安栄観光で!
    石垣島離島ターミナル⇔波照間島は安栄観光が運航しています。定期便では安栄観光さんだけです。波照間島までは所用時間60~70分。沖に出るので船は結構揺れます。船酔いが苦手な方は事前に酔い止めを飲んでおきましょう!(最悪の場合のエチケット袋、用意はありました!)
    ※所用時間 60~70分
    大人料金:片道3,090円/往復5,870円
    小人(※6歳~11歳)料金:1,540円/往復2,930円
  • レンタサイクル
    レンタサイクル
    波照間島は自転車かバイク移動がオススメ
    港近くには民宿やレンタサイクル屋さんが点在しています。波照間島はこじんまりとしているけれど、さすがに徒歩では巡れません。かといってレンタカーを借りるほど広くもないです。(複数人いればいいかもしれませんが。)個人的には島の空気やにおい、雰囲気を楽しむにはレンタサイクルかレンタバイクがオススメです!予約していなくても借りれますが週末は混雑するかも。事前に確認することをオススメします!

『 波照間島に行くおすすめツアー 』
TOUR

八重山周遊フリーパス付き!選べる八重山ホテルプラン

八重山島巡りが滞在中フリー

八重山諸島のなかでも、すこしだけ遠くにあるのが「波照間島」。最南端にある島としても有名で、石垣からは船で行きます。石垣から波照間間の航路を運航している船会社は1社のみ。運航数も少なく、波照間島に宿泊するプランはとっても貴重! 最南端の波照間島は「星空に一番近い島」と呼ばれるくらい星空がうつくしく、星空観察タワーの立ち寄りはマストです!

ツアーに含まれている安栄観光のアイランドホッピングパスは貴重な波照間航路も含め、滞在中、安栄観光運航時刻表に掲載の全便が乗り放題!また、八重山諸島のリゾートホテルや民宿からご予算に合わせて宿泊先を選択可能のため、波照間島でゆったりながーく過ごすのも、波照間をはじめ八重山諸島をひとつひとつ巡って、特徴のある島々を満喫するのも、どちらもおすすめです!

【八重山周遊フリーパス付き!選べる八重山ホテルプラン】のツアーを探す

PAGETOP