南部の桜の名所『やえせ桜まつり』を2月5日に開催!

八重瀬公園の桜まつり、ライトアップ

遠くケラマ諸島まで見渡せる八重瀬公園には約500本の緋寒桜(ヒカンザクラ)が植えられている。薄紅色の花が咲き誇る頃〔今年は2月5日(日)10時~20時〕『やえせ桜祭り』が開催される。

やえせ桜まつり

ライトアップ期間は1月20日(金)から2月5日(日)まで。入場無料で駐車場は300台分有り、開場までシャトルバスが運行される。

さくら祭り

沖縄の桜は本州の品種とは異なる緋寒桜(ヒカンザクラ)が1月から2月にかけて咲き誇る。色は淡いピンク色では無く、梅や桃の花のように濃いピンク色でやや下向きに花を咲かせるのが特徴だ。

約170個の提灯が桜をライトアップし美しい。公園内は高台にあり頂上からは広がる町並みや首里、ケラマ諸島、東シナ海などが見渡せる。

祭り当日は地元産の農産物や加工品の物産展、町内の伝統芸能を披露し町内外からも多くの観光客が訪れるという。

八重瀬町

沖縄本島南部に位置する町で八重瀬岳、具志頭海岸、新人化石骨で国際的にも貴重な「港川人」、「富盛の石彫大獅子」等が有る。また、1月の約2週間をプロサッカーチームの浦和レッズがキャンプを行っている町でもある。

さくら祭りの問い合わせはやえせ桜まつり実行委員会(098-998-2344)。

(画像はやえせ観光サイトより)

外部リンク

やえせ観光サイト

http://www.town.yaese.lg.jp/yaese_sight/

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP