「名護さくら祭り」で一足早いお花見を楽しもう

第55回名護さくら祭り

1月28日(土)、29日(日)の2日間にわたり、「日本の春はここからはじまる」をキャッチフレーズに開催される第55回名護さくら祭り。

名護城跡一帯に整備された名護中央公園は、寒緋桜の名所として知られ、約2kmの遊歩道を散歩しながら、お花見を楽しめる。頂上の展望台からは、東シナ海と桜の風景も見ることが出来る。

「名護さくら祭り」

様々なイベントも共催

開催期間中は、名護漁港内で「花の里ガーデンフェスタ2017」が共催され、花や植木が多数販売される。

28日(土)は、11時から名護城入り口でオープニングセレモニーが、お祭り広場特設ステージで「二見情話大会」が開かれる。29日(日)には、名護中央公園で「なんぐすく桜見健康ウォーク」や、名護十字路で仮装行列も開催されるなど、お花見以外のイベントも企画されている。

名護十字路では、ストリートダンスや路上ライブなどで名護さくら祭りを盛り上げる催し「トランジットモール」も開かれる。

問い合わせは、名護市観光協会(TEL:0980-53-7755)まで。

(画像は名護市観光協会ホームページより)

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP