カミワザ的繊細美「切り絵アート展」開催

日本を代表する切り絵作家11人の110点展示

3月11日(土)~4月16日(日)、浦添市美術館にて琉球新報社主催の「切り絵アート展」が開催される。展示される作品は、日本を代表する作家たちの110点で、沖縄初展示だ。

作品を寄せる作家は、蒼山日菜・井出文蔵・酒井敦美・関口コオ・辰己雅章・筑紫ゆうな・倪瑞良・林敬三・百鬼丸・福井利佐・柳沢京子の11人。また、Paper Jewelryデザイナー古堅ちひろの作品も特別展示される。

切り絵アート展

開催概要

開催日時は、3月11日(土)~4月16日(日)、午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)。金曜日は午後7時まで開館(最終入館は午後6時30分)。休館日は毎週月曜日。但し、3月20日(月)は開館する。

会場は浦添市美術館。観覧料は前売りが、一般800円、中・高校生600円、小学生400円。当日は、各100円増し。問い合わせ先は、琉球新報社営業局、電話番号098-865-5200(平日午前10時~午後5時)。

蒼山日菜さんの切り絵実演

同展に関連し、4月1日(土)、浦添市てだこホール市民交流室にて、レース切り絵画家の蒼山日菜さんによる切り絵の実演が行われる。

開催時間は午前10時30分。定員は200名で参加費は無料だが、事前申し込みが必要。申込先は、琉球新報社営業局、電話番号098-865-5200(平日午前10時~午後5時)。

(画像は浦添市美術館ホームページより)

外部リンク

切り絵アート展

http://ryukyushimpo.jp/

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP