×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

工房バナナネシアで「ハチウクシー染織七人展」開催

七人の作家による今年初の展示会

2月2日(木)~5日(日)、今帰仁村の染織工房バナナネシアで「ハチウクシー染織七人展」が開催される。ハチウクシー(初起し)は仕事始めのことで、旧暦1月2日のことを指す。同展は、七人の作家による芭蕉布や紅型、経浮絣織、琉球藍の今年初の展示会だ。

ハチウクシー染織七人展

同展の作家七人はすべて沖縄に魅せられ移り住んだ県外出身者。芭蕉布を展示するのは福島泰宏さんと柘植皓史さん。紅型は福島律子さんと宮城友紀さん。経浮絣織は澤村佳世さんと近藤ゆきさん。琉球藍染織は中村佳子さんが展示する。

「ハチウクシー染織七人展」開催概要

開催日時は2月2日(木)~5日(日)、10:00~17:00。場所は染織工房バナナネシア(沖縄県国頭郡今帰仁村謝名697-3)。電話番号は0980-56-3020。入場は無料。

染織工房バナナネシアとは

染織工房バナナネシアでは芭蕉布、芭蕉紙、紅型の制作を手がけ、芭蕉布は全工程を沖縄の伝統的技法で制作している。素材となる糸芭蕉を種から栽培し3年以上かけて育て、繊維の採取や糸紡ぎ、染めから織りまで芭蕉布のすべての生産工程をここで行っている。

(画像は染織工房バナナネシアホームページより)

外部リンク

ハチウクシー染織七人展

https://www.facebook.com/events/347977872224601/

染織工房バナナネシア

http://banananesia.official.jp/index.html

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP