佐賀行くならいつがいい? 佐賀の季節の魅力とは?

海や山の自然あふれる佐賀では、一年を通して楽しめる

九州の佐賀県は、季節ごとに楽しめる行事や見所が満載の土地です。旬に楽しみたいグルメや、季節ごとのイベントなど、佐賀をもっと楽しむための情報をご紹介します。

佐賀県の気候について

佐賀県は県中央部にある天山を境に、2つの地域に分けられます。北部は海の影響を受け日本海型気候、南部は内陸型の気候となっています。一年を通して気温は穏やかで、真夏日は多いものの、熱帯夜は少ない傾向にあります。ただ佐賀では12月から2月にかけては積雪があり、平均気温は東京並みの寒さとなります。山の影響から雨が多く、九州の中でも長崎県と同じく降水量が全国的にも高くなっています。

春と秋だけに限定公開!九年庵

春の新緑の季節と秋の紅葉の時期だけに一般公開される九年庵。佐賀の実業家、伊丹弥太郎の別邸と庭園で、国の名勝に指定されています。趣のある屋敷と庭園の美しさは絶景です。

住所:佐賀県神埼市神埼町的1692

本部で配布する事前整理券が必要(当日配布)。美化協力金として300円をお支払いください。

アクセス:JR神埼駅より臨時バスを利用

神埼市観光協会

佐賀行くならいつがいい? 佐賀の季節の魅力とは?

1月から5月までの限定!鳥栖ベリーフォレスト

5品種のイチゴが食べ比べできるベリーフォレストでは、毎年期間限定でイチゴ狩りができます。ジャム作りにも挑戦できますので、家族でぜひ行ってみたいですね。

住所:佐賀県鳥栖市轟木町650-1

開園時間:1月3日から5月上旬、10時から17時(受付は16時まで)

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

アクセス:JR鳥栖駅から車で約5分

鳥栖ベリーフォレスト

夏はやっぱり花火がみたい!筑後川昇開橋と唐津城

海に面した佐賀県では、花火大会もたくさん開催されますが、おすすめなのは、筑後川昇開橋と唐津城です。どちらも海に面しているので、しっかり花火を見ることができます。また夕暮れ時も絶景なので、お見逃しなく。

筑後川昇開橋

住所:佐賀県佐賀市諸富町大字為重石塚

問い合わせ:公益財団法人筑後川昇開橋観光財団0944-87-9919

アクセス:JR佐賀駅下車、佐賀市営バス「早津江行き」昇開橋バス停下車

筑後川昇開橋

唐津城

住所:佐賀県唐津市東城内8-1

営業時間:天守閣/9時~17時(入館は16時40分まで)

定休日: 12月29日~12月31日

入場料:一般410円

アクセス:唐津駅北口から徒歩約21分

唐津市

秋は唐津くんちを見ずには帰れない!

佐賀を代表する唐津くんち。唐津市の唐津神社の秋季例大祭で、11月2、3、4日に開催されます。華麗な曳山行列やくんち料理なども必見です。JR唐津駅からシャトルバスを出ますので、駅で曳山のルートを確認してからの見物がおすすめ。それぞれ日によって進行ルートが変わります。事前のチェックを怠りなく。

唐津観光協会

冬は武雄の灯ろう祭と温泉でぬくもろう!

佐賀の冬は温泉がおすすめ。武雄温泉では2月のバレンタインデーに合わせ、世界一飛龍窯灯ろう祭りが行われます。6000本の灯ろうが織りなす風景を楽しみながら、温泉でリラックスしませんか。冬が旬のタラ料理もおすすめです。長崎本線佐世保線で、JR武雄温泉駅下車、武雄温泉街までは徒歩10分です。

武雄市観光協会

観光スポットが目白押し

今回紹介しきれなかったイベントも多くありますが、観光スポットは本当に盛りだくさんの佐賀。観光の際にはぜひ、イベントなどに合わせて旅行プランを考えてみてはいかがでしょうか。また季節によって旬が変わる魚も多く、その時期にしか味わえないものもあります。宿泊の際には、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

(画像は写真ACより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP