晩秋の九州で紅葉を楽しもう!九州のオススメ紅葉スポット

九州では、夏の余韻が秋にかけても残りますが、晩秋を迎えた頃、いよいよ木々の葉が黄色や赤に色づき始めます。緑豊かなイメージが強い九州ですが、赤々と染まった木々や山々を眺めるのも格別です。

九州各県の代表的な紅葉スポットを集めてみました。深まりゆく秋に、ゆったりと散策しながら紅葉を楽しんでみませんか。

九州のオススメ紅葉スポット

画像引用元:写真AC

福岡県 竈門神社

太宰府の鬼門除けとして、創建より1350年ほどの歴史を有する竈門神社は、縁結びや厄除けの神様として信仰されています。

神社の参道には、数々の木が植えられていますが、紅葉の季節になると、それらの木々が色づき、境内が美しく染まります。見頃は11月中旬から11月下旬です。参拝しながら、風情ある景色を楽しみましょう。

住所:福岡県太宰府市内山883

アクセス:西鉄太宰府駅より、コミュニティバス「まほろば号」に乗車し、内山バス停で下車、徒歩すぐ

佐賀県 御船山楽園

武雄温泉で有名な武雄市には、15万坪の敷地に数々の花が咲き誇る「御船山楽園」があります。江戸時代後期の開園で、約170年もの歴史を有しており、敷地は御船山も含む大庭園となっています。

春は桜やツツジなどが咲き誇りますが、秋になると、園内の木々は赤々と色づきます。夜になり、園内がライトアップされると、紅葉で色づいた木々の美しさがさらに引き立ちます。見頃は11月上旬から12月上旬です。

住所:佐賀県武雄市武雄町武雄4100

アクセス:JR武雄温泉駅より車で約5分、長崎自動車道 武雄北方インターより車で約10分

長崎県 轟峡

諫早市街地から車で約40分、山あいに位置する「轟峡」には、轟渓流があります。渓流は、多良岳が源流で、轟渓流は日本名水百選に選ばれています。

轟峡の周囲は、豊かな緑に囲まれていますが、秋になると、豊かな緑は赤々と色づき始めます。轟峡の周囲には遊歩道が整備されており、渓流の清らかな流れと、紅葉で色づいた木々の葉のコントラストは格別です。見頃は11月中旬から11月下旬です。

住所:長崎県諫早市高来町善住寺大山

アクセス:JR諫早駅より車で約40分

熊本県 五家荘平家の里

平家の落人伝説で知られる熊本県の五家荘は、秘境ムードが満点で、周囲は深い山に囲まれています。五家荘は、自然が豊かであることから、紅葉の風景は格別です。

五家荘にある平家の里は、平家伝説の資料館となっていますが、平家の里周辺の木々が赤く色づくと、建物との色合いが調和して、秋の訪れを感じ取ることができます。見頃は10月下旬から11月中旬です。

住所:熊本県八代市泉町樅木160-1

アクセス:JR松橋駅より車で約1時間50分、九州自動車道 松橋インターより車で約1時間40分

大分県 深耶馬渓

中津市には、山国川の上流に位置し、川沿いに奇岩が連なる耶馬溪がありますが、耶馬溪のさらに上流域には、深耶馬溪があります。

深耶馬溪には、鳶ノ巣山や夫婦岩など、岩がちな山がそびえていますが、岩がちな山の下部は多くの木々に囲まれており、秋になると、それらの木々は、赤々と染まります。

雄大な自然のもとで、ゆったりとした気分で紅葉を楽しみましょう。見頃は10月下旬から11月中旬です。

住所:大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬

アクセス:JR豊後森駅、大分自動車道 玖珠インターより、いずれも車で約20分

宮崎県 高千穂峡

高千穂峡は、切り立った断崖が峡谷となっており、断崖の高さは、最も高いところで100mを超えます。

高千穂峡では、峡谷を流れる五ヶ瀬川をボートで漕ぐことができますが、紅葉の季節にボートに乗ってみると、川面から峡谷の木々が赤々と染まっているのを眺めることができます。

また、遊歩道を散策しながら、峡谷と紅葉の風景を眺めるもの楽しいです。見頃は11月中旬から11月下旬です。

住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井

アクセス:熊本駅より特急バスで約3時間、九州自動車道 松橋インターより車で約1時間30分

鹿児島県 曽木の滝

伊佐市には、幅が約210m、高さが約12mの滝、「曽木の滝」があります。幅がとても広い滝であることから、「東洋のナイアガラ」とも呼ばれており、滝からの流れはまさに圧巻の一言です。

滝の周辺は自然公園となっていますが、秋になると、公園の木々は赤く色づきます。滝の力強い流れと、紅葉を眺めながら、秋を満喫してみましょう。見頃は11月中旬から11月下旬です。

住所:鹿児島県伊佐市大口宮人628-41

アクセス:JR新水俣駅より車で約45分、九州自動車道 栗野インターより車で約30分、

九州で紅葉が見頃となるのは、早いところで10月下旬ですが、12月にも紅葉が楽しめる場所があります。九州では、本州で見頃が終わった後も、紅葉をゆっくりと楽しむことができます。晩秋に九州を訪ねるなら、紅葉の名所を訪ねてみましょう。

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP