大分市美術館 特別展「ミュシャ展」開催

代表作「ジスモンダ」展示

大分市美術館で10月8日(土)~12月4日(日)に特別展「ミュシャ展」が大分合同新聞創刊130周年記念事業として開催される。

大分市美術館 特別展「ミュシャ展」開催

アルフォンス・ミュシャはオーストリア帝国に属していたチェコに生まれた。ミュシャはフランス語表記であり、チェコ語ではムハという。アール・ヌーヴォー様式の代表格として広く知られている。

幼少期より絵を描き、エゴン伯爵の援助を受けパリに美術留学したが、援助を打ち切られ、挿絵などを描いて生計を立てた。

その後、大女優サラ・ベルナールが主演する正月公演のポスター「ジスモンダ」が大ヒットとなり、デザイン界のスターとしてパリ万国博覧会でも注目を集めるなど活躍した。

故郷チェコに帰った後、スラヴ民族・文化に関わる作品に取り組み、チェコスロバキアの国家行事のポスター、紙幣、切手などのデザインを制作した。

同展では、代表作「ジスモンダ」をはじめ、ポスター、装飾パネル、本の挿絵、雑誌の表紙、ポストカード、切手、紙幣に至るまでミュシャの制作活動の全容を紹介する展示を行う。

開催概要

会期は10月8日(土)~12月4日(日)。このうち休館日は10月11日(火)、17日(月)、24日(月)、31日(月)、11月14日(月)、21日(月)、28日(月)である。開館時間は午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)となっている。

観覧料は一般 1,200円(1,000円)/高校生・大学生 900円(700円)/中学生以下無料。()は10月7日まで販売の前売りおよび20名以上の団体料金。

関連イベント

高校生によるミュシャポスターデザイン展、講演会、ワークショップなどが予定されている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

大分市の広報

http://www.city.oita.oita.jp/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP