「ジブリの立体建造物展」熊本市現代美術館開催

部分を見れば、全体が見える「建造物」展

2016年10月8日(土)~2017年1月9日(月)に熊本市現代美術館において「ジブリの立体建造物展」が開催される。

ジブリの立体建造物展

1985年に創立されたスタジオジブリが、これまで発表してきたアニメーション作品に登場した「建造物」の魅力に迫る展覧会である。

同展では、「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」までの作品を対象に、建造物の背景画や美術ボード、美術設定などの制作資料を公開する。

主な出品作品として、「千と千尋の神隠し」の「油屋」、「となりのトトロ」の「草壁家」、「崖の上のポニョ」の「宗介の家」がある。

現実世界を注意深く観察し、検証した上で登場人物の生活や時代背景を含めて、画面上に映し出された、建造物。空想でありながら、理想を描き、建物と人との魅力的な関係を表現している。

関連イベント

10月8日(土)11:00~12:00に同館アートロフトにて、スタジオジブリ取締役によるレクチャー「スタジオジブリの特徴とその作品について」が開催される。電話による予約制で、先着90名まで。

10月8日(土)17:00~18:30に同館ホームギャラリーにて本展企画者によるレクチャーとして、同展企画意図や出展作品について語られる。

いずれも展覧会チケットで聴講可能。

外部リンク

熊本市現代美術館 公式サイト

http://www.camk.or.jp/event/exhibition/ghibli/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP